痴漢の解決事例

犯罪名

迷惑防止条例違反(痴漢)

事件の概要

ご本人(30代男性・自営業)が電車内で痴漢をしたとして逮捕された事件。

弁護活動

逮捕翌日、検察官によって勾留請求がなされました。弁護士がその日のうちに、勾留を認めないよう求める意見書を作成し、関連資料と共に裁判所に提出しました。その結果、検察官による勾留請求が却下され、ご本人は釈放されました。

その後、被害者側の弁護士と示談交渉を行い、速やかに示談を成立させ、不起訴処分を獲得することができました。

弁護士のコメント

奥様は当初、別の法律事務所にご主人との接見を依頼しましたが、接見後に200万円もの弁護士費用を提示されたことがきっかけで、ウェルネス法律事務所にお問い合わせをいただきました(ちなみに、当事務所でかかった弁護士費用は総額48万円です)。なお、奥様による直筆メッセージ(ご家族の声)の下から3行目はほめすぎです(笑)

弁護士費用

50万円(税別・実費込み)

ご家族の声

こちらをクリック

 

犯罪名

迷惑防止条例違反(痴漢)

事件の概要

ご本人(40代男性・会社員)が電車内で痴漢をしたとして、張り込んでいた鉄道警察官に逮捕された事件。

弁護活動

釈放後に受任しました。ご本人は同一の被害女性に対し繰り返し痴漢行為に及んでいたこともあり、当初、被害女性は大変ご不安な様子でした。しかし、弁護士がご本人の反省振りをお伝えし、不安に思われていた点をひとつひとつ解消していった結果、示談をまとめることができました。示談成立後、弁護士が意見書を担当検察官に提出し、速やかに不起訴処分を獲得しました。

弁護士のコメント

示談交渉においては、弁護士が被害者の思いを真摯に聴き取り、信頼関係を築いた上で、不安を解消するための具体的な対策を共に考えていくことが重要です。

弁護士費用

40万円(税別・実費込み)

ご本人の声

こちらをクリック

ご家族の声

こちらをクリック

 

犯罪名

迷惑防止条例違反(痴漢)

事件の概要

ご本人(30代男性)が電車内で痴漢をした事件

弁護活動

ご本人は、痴漢の前科が2件あり、起訴されて懲役刑を請求されてもおかしくない事案でした。ご本人の不安が大きかったので、弁護士がご本人を精神的に励ましつつ、カウンセリングを継続的に受けてもらったり、性犯罪に関する書籍を読んでもらう等更生に向けた活動に取り組んでもらいました。

被害者は未成年だったため、弁護士が親御様と示談交渉を行いました。親御様にご本人の更生に向けた取り組み等を説明し、ご納得いただくことができた結果、示談成立となりました。

その後、示談書やカウンセリングについての報告書等を担当検察官に提出し、不起訴処分を獲得しました。

弁護士のコメント

弁護士が被害者側の気持ちに配慮して丁寧な対応を心掛けた結果、被害者の親御様から、弁護士の対応全般についてお礼のメールを頂きました。加害者の更生に向けた取り組みについても、その場凌ぎではないと評価していただきました。

弁護士費用

40万円(税別・実費込み)

ご本人の声

こちらをクリック

 

犯罪名

迷惑防止条例違反(痴漢)

事件の概要

ご本人(20代男性・派遣社員)が電車内で痴漢を行い検挙された事件

弁護活動

被害者が未成年(高校生)であったため、親御様と示談交渉を行いました。弁護士が親御様に、示談の意味や目的を誠実に説明した結果、スムーズに示談に応じていただくことができました。ご本人には、専門のクリニックに通ってもらい、医師とのやりとり等を記した報告書を作成してもらいました。弁護士が担当検事に対し、示談書と共にご本人が作成した報告書を提出し、再発防止策がとられていることを説得的に主張した結果、不起訴で終了となりました。

 弁護士のコメント

ご本人には痴漢の前科があり、先行きに大変不安な気持ちを抱かれていましたが、スピード解決となり拍子抜けされていました。勤務先からも一切処分を受けることはありませんでした。

弁護士費用

40万円(税別・実費込み)

ご本人の声

こちらをクリック

 

犯罪名

迷惑防止条例違反(痴漢)

事件の概要

ご本人(30代男性・会社員)がメイドカフェで従業員(未成年)の体を触り逮捕された事件。

弁護活動

釈放後に受任しました。被害者が未成年の場合、ご両親と示談をすることになりますが、ご両親はメイドカフェの店長に示談交渉を一任していました。そのため、弁護士が、連日店に赴き店長と示談交渉を行い、受任から1週間で示談締結となりました。

その後、弁護士が検察官に対して、示談書や不起訴とすべき旨の意見書等を提出し、不起訴処分を獲得しました。

弁護士のコメント

被害者側が第三者に対し示談交渉を委任している場合は、その第三者が適切な委任を受けたか否かを確認することが必要です。今回の事件においても、検察官に対し委任関係について確認をとった上で示談を締結しました。

弁護士費用

40万円(税別・実費込み)

ご本人の声

こちらをクリック

 

犯罪名

迷惑防止条例違反(痴漢)

事件の概要

ご本人(40代男性・会社員)が電車内で痴漢をしたとして逮捕された事件

弁護活動

逮捕翌日の未明に受任しました。ご本人はその日に検察官の取り調べを受ける予定でした。そのため、警察署で弁護士がご本人と朝方まで接見し、取調べへの対応方法をアドバイスしました。また、その日のうちに、弁護士が検察官に対して勾留請求しないよう求める意見書を提出しました。これらの活動の結果、ご本人は弁護士が受任した当日に釈放されました。その後、弁護士が被害者と交渉を重ね示談が成立。検察官に示談書等を提出し、不起訴処分となりました。

弁護士のコメント

被害者は当初、示談を拒んでいましたが、ご本人やご家族の謝罪文をお読みいただいたり、弁護士が粘り強く交渉することにより、最終的に示談成立となりました。

弁護士費用

50万円(税別・実費込み)

ご本人の声

こちらをクリック

 

犯罪名

迷惑防止条例違反(痴漢)

事件の概要

ご本人(20代男性・学生)が電車内で痴漢をして逮捕された事件

弁護活動

釈放後、速やかに示談交渉に着手しました。被害者は未成年(高校生)だったため、示談交渉は終始、被害者の親御様と行いました。当初、親御様は非常にお怒りでしたが、弁護士がご本人の反省ぶりや再発防止策をていねいに説明し、親御様に納得していただけたことにより示談成立となりました。その結果、不起訴処分を獲得することができました。

弁護士のコメント

事件当時、ご本人は大学卒業を間近に控えていました。ご本人としては内定先に就職できるのか非常に不安な気持ちでしたが、事件がスピーディに解決したため、内定先に知られることもなく、新たな一歩を踏み出すことができるようになりました。

弁護士費用

40万円(税別・実費込み)

ご本人の声

こちらをクリック

 

犯罪名

迷惑防止条例違反(痴漢)

事件の概要

ご本人(50代男性・会社役員)が酒に酔い、帰宅途中に路上で被害者に抱き付く等して逮捕された事件

弁護活動

釈放後、弁護士が被害者の方と示談交渉を始めました。当事者同士が近隣に住んでいたことから、被害者は、「また会ってしまうのではないか?」と大きな不安を抱かれていました。

ご本人は賃貸マンションにお住まいで、引っ越しすることにあまり抵抗がありませんでしたので、弁護士の方から、引っ越しを含めた提案をすることにより、被害者の不安を払拭し、早期に示談をまとめることができました。

弁護士のコメント

路上で女性に抱きついた場合、迷惑防止条例違反になる場合と強制わいせつ罪になる場合があります。執拗に抱きしめたり、キスをしたり、胸を鷲づかみにした場合は強制わいせつ罪が成立する可能性が高まります。

弁護士費用

40万円(税別・実費込み)

ご本人の声

こちらをクリック

  

 

【関連ページ】

痴漢

痴漢のご質問

痴漢のご質問2

痴漢の弁護士費用

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】

▲ページTOP