痴漢と盗撮の違い:逮捕の可能性

痴漢と盗撮はどちらも都道府県の迷惑防止条例に規定されています。刑罰に関しては各都道府県で若干の違いがあるものの、実務においては、初犯者の場合、何も弁護活動をしなければ、痴漢であれ盗撮であれ、略式請求され罰金として30万円前後の支払いを命じられます。(痴漢が強制わいせつに該当する場合を除く)。

 

また、初犯の方で示談が成立すれば、不起訴処分の可能性が極めて高くなることも同様です。したがって、弁護活動という点から見れば、痴漢と盗撮で大きな違いはないといえます。

 

もっとも、痴漢と盗撮で大きな違いがひとつあります。それは、痴漢の方が盗撮に比べて逮捕されるケースが多いということです。このコラムの著者(弁護士楠洋一郎)は、これまで約200件の迷惑防止条例違反を担当してきましたが、盗撮より痴漢の方が逮捕されているケースが多いです。

 

前述したように最終的な処分の内容についてはそれほど違いがありません。それではこの違いはどうして生じるのでしょうか?

 

ひとつ考えられるのは行為態様の違いです。盗撮は被害者に直接接触しない方法で行われます。これに対して、痴漢は被害者の身体に直接接触します。

 

通報を受け現場に臨場する警察官(多くは男性)は、生活安全課や地域課に属しており、痴漢も盗撮も日常的に取り扱っています。男性の警察官から見れば、女性の身体を直接侵害しているという点で、盗撮に比べ、痴漢の方がより悪質で逮捕が相当との判断につながっているのかもしれません(実際には検挙者による現行犯逮捕という形で処理されます)。

 

もちろん、一概に痴漢の方が盗撮よりも悪質とはいえません。盗撮は被害者の画像がスマートホン等に保存され、繰り返し再生できたり情報漏洩の危険があるという点で、被害者に与える不安は非常に大きくかつ持続的です。

 

ただ、被害者の初期反応としては、痴漢を受けた被害者の方がよりショックが大きく、非常に動揺されていることが多いです。そのような被害者の反応も、現場に臨場した警察官の判断に少なからぬ影響を与えているのではないかと思われます。

 

刑事事件弁護士のコラム

 

【痴漢の関連ページ】

痴漢

痴漢の解決事例

痴漢のご質問

痴漢のご質問2

 

【盗撮の関連ページ】

盗撮

盗撮の解決事例

盗撮のご質問

痴漢・盗撮の弁護士費用

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】