痴漢のご質問2

Q1-1:電車内で女性の服や鞄に精液をかけると何罪になりますか?

器物損壊罪になります。男性器を露出していれば公然わいせつ罪も成立します。女性に接触していれば、痴漢として迷惑防止条例違反あるいは強制わいせつ罪も成立します。

 

 

Q1-2:先週、満員電車の中で自慰をし、前に立っていた女性の服に精液をかけました。その場では気づかれませんでしたが、後日、警察に捕まることはないでしょうか?なお、私には痴漢の前歴があります。

前歴があれば、捜査の過程でDNAを採取されたはずです。今回の事件について、女性が被害に気づいてすぐに警察に申告していれば、衣服に付着した精液についてDNA鑑定が実施されている可能性が高いです。

 

そうなると、以前に採取されたあなたのDNA情報と合致する可能性が極めて高く、容疑者として特定されることになります。ウェルネスでもこのような経緯で特定された同様の事件を複数受任しています。

 

 

Q1-3:警察が容疑者を特定するまでどれくらいかかるのでしょうか?

ケースバイケースですが、被害者が事件発生直後に申告したとして概ね2ヶ月前後です。

 

 

Q1-4:特定後どのような流れになるのでしょうか?

刑事が自宅に来て家宅捜索をする可能性が高いです。逮捕されるかは、ご本人が犯行を認めているか否か、生活状況(定職の有無、同居家族の有無等)、前科・前歴の状況等によります。詳細は弁護士にお尋ねください。

 

 

Q1-5:逮捕の可能性を減らすためにどのようなことができますか?

自首をすることが考えられます。

 

 

Q1-6:どのタイミングで自首すればよいでしょうか?

警察が容疑者を特定した後に出頭しても、法律上、自首とは認められません。衣服に付着した精液がDNA鑑定に回されれば、容疑者として特定されるのは時間の問題ですので、もし自首をするのであればできるだけ早く自首した方がよいでしょう。自首した方がよい事案かどうかは弁護士にご相談ください。

 

 

Q1-7:示談はした方がよいのでしょうか?

はい。器物損壊罪は告訴がなければ起訴できない犯罪です(「親告罪」といいます)。そのため、示談をして告訴を取り下げてもらえれば、前科の有無や件数にかかわらず、必ず不起訴になります。

 

痴漢のご質問

 

【痴漢事件のページ】

痴漢

痴漢の解決事例

痴漢の弁護士費用

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】

▲ページTOP