強制わいせつ致傷・強姦致傷のご質問

Q1-1:強姦致傷の刑罰を教えてください。

懲役5年~20年です。

 

 

Q1-2:執行猶予を付けられるのは懲役何年までですか?

懲役3年までです。

 

 

Q1-3:そうすると、強姦致傷の刑罰は最短でも懲役5年なので、強姦致傷で起訴されると確実に実刑になるということでしょうか?

酌量減刑が適用されると刑の下限が懲役2年6カ月になり、3年をきりますので、執行猶予のチャンスはあります。

 

 

Q1-4:酌量減軽とは何ですか?

犯罪行為の態様や被害結果、本人の反省、示談、更生に向けた取組みなど諸般の事情を考慮して、可能な限り低い刑を科してもなお重すぎると考えられるときに、特別に刑を減軽することです。酌量減軽されると懲役の上限と下限が半分になります。

 

 

Q1-5:強姦致傷で酌量減軽をしてもらうためにはどうすればよいのでしょうか?

本人が事実を認め深く反省していることが大前提です。その上で、被害者と示談をすることが極めて重要です。さらに、被害者のけがが軽いとか、再発防止に向けて治療等の具体的な取組みをしていれば酌量減軽が認められる可能性が高くなります。

 

  

Q2:強制わいせつ致傷・強姦致傷のけがは外傷に限られるのでしょうか?

外傷に限られるわけではありません。例えば、事件後にPTSDやパニック障害を発症した場合、それらの症状と強制わいせつや強姦との間に因果関係があれば、強制わいせつ致傷・強姦致傷罪が成立します。もっとも、単なる精神的ストレスのみでは致傷罪は成立しません。

 

 

Q3:体に触れない限り強制わいせつにならないのでしょうか?

必ずしもそういうわけではありません。例えば、相手を脅して裸にさせる行為は強制わいせつになり得ます。

 

 

【関連ページ】

強制わいせつ致傷・強姦致傷のページ

強制わいせつ致傷・強姦致傷

強制わいせつ致傷・強姦致傷のご質問(本ページ)

強制わいせつのページ

強制わいせつ

強制わいせつの解決事例

強制わいせつのご質問 

強姦のページ

強姦

強姦の解決事例

強姦のご質問

準強制わいせつ・準強姦のページ

準強制わいせつ・準強姦

準強制わいせつ・準強姦の解決事例

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】