外国人の刑事事件

私の夫(成人)が刑事事件で逮捕・起訴されました。夫は外国人で、日本人配偶者の資格で日本に滞在しています。夫に有罪判決が下された場合、強制退去となってしまうのでしょうか?

(1)刑法犯のうち粗暴犯(暴行、傷害など)、財産犯(窃盗、詐欺など)、各種偽造罪、住居侵入罪、盗品関与罪、賭博罪の場合

① 1年を超える実刑に処せられた場合

刑務所で服役した後、在留特別許可が認められない限り、強制退去となります。外国人の場合、日本人に比べて、仮釈放が認められやすく、実際の服役期間は判決で言い渡された刑期の約50%です。

 

② 1年以下の実刑に処せられた場合

他に退去強制事由がなければ強制退去にはなりません。

 

③ 執行猶予判決・罰金刑の場合

他に退去強制事由がなければ強制退去にはなりません。

 

(2)性犯罪(強姦、強制わいせつ、児童ポルノ法違反など)の場合

上記(1)と同じです。なお、売春に直接関与した場合は、刑事裁判を経ることなく、強制退去手続きに移行します(入管法24条4号ヌ)。

 

 

(3)薬物犯罪の場合

① 実刑判決を受けた場合

上記(1)①と同じです。

 

② 執行猶予判決を受けた場合

A:判決言い渡しの時点で、在留資格がなく不法残留になっている場合

判決言い渡しの直後に、裁判所の法廷から、入国管理局の職員によって入管に連行され、在留特別許可が認められない限り、強制退去となります。

 

B:判決言い渡しの時点で、在留資格がある場合

いったん釈放された後、原則として入管に収容され、在留特別許可が認められない限り、強制退去となります。

 

【関連ページ】

Wellness International

 

【刑事事件早わかりページ】

 

起訴前

起訴後

裁判員裁判

手続きの流れ

逮捕後の流れ

起訴前の流れ

起訴後の流れ

裁判員裁判の流れ

弁護活動

起訴前の刑事弁護

否認事件の刑事弁護

保釈

刑事裁判の弁護活動

裁判員裁判の刑事弁護

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】

▲ページTOP