強姦の解決事例

強姦の解決事例①

事件の概要

ご本人(30代男性・会社員)が女性を自宅で強姦したとして逮捕・勾留された事件。ご本人と女性は事件当日に初めて会いましたが、その前からスマートホンでやりとりをしていました。事件当日、ご本人は女性と待ち合わせ、二人で買い物をした後、自宅に行きました。ご本人は自宅で女性と性行為をしましたが、その際、女性が拒否する様子はありませんでした。

 

弁護活動

取調べにおいては、ご本人が捜査官に性行為をした時の状況などを説明すると共に、強引な取調べによって不利益な供述調書が作成されることを防ぐため、弁護士が連日ご本人と接見し、調書への署名・押印を拒否させました。

 

また、二人で買い物をしている際の防犯カメラ映像などご本人に有利な証拠を保全するよう弁護士が検察官に書面で申し入れをしました。このような活動の結果、ご本人は起訴されることなく釈放され、嫌疑不十分で不起訴となりました。 

 

弁護士のコメント

不起訴にもいろいろ種類がありますが、「嫌疑不十分」は仮に起訴されれば無罪になると検察官が判断した事案であり、無罪判決と同様に考えることができます(これに対して、「起訴猶予」は、犯罪は成立しているが諸般の事情を考慮して起訴しないと検察官が判断した事案です)。

 

嫌疑不十分である以上当然のことですが、ご本人は勤務先から一切懲戒処分を受けることなく、以前と同じ部署に復帰することができました。

 

弁護士費用

78万円(税別・実費込み)

 

 

強姦の解決事例②

事案の概要

自称被害者から強姦の被害届を提出され在宅で取調べを受けていた事件。ご本人(30代男性・会社員)は自称被害者から芸能活動を支援してくれと言われ、食事をおごったりしていました。

 

ある日、ご本人は、自称被害者からホテルに誘われ、そこで合意の上で性行為をしました。後日、自称被害者とマネージャーと称する人物から示談金名目で高額のお金を請求され、これを拒否したところ、警察に強姦の被害届を出されてしまいました。

 

弁護活動

自称被害者は、ホテルで性行為をした後も、ご本人にお礼のメッセージ等を複数回メールしていました。これは強姦されたという自称被害者の主張と矛盾します。そこで、弁護士が検察官に、ご本人が自称被害者から受信したメールの一覧に報告書をつけて提出しました。

 

こうした活動の結果、検察官にご本人の言い分が正しいということを理解してもらえ、不起訴となりました。当然のことですが、自称被害者に対して一切お金を支払っていません。

 

弁護士のコメント

ウェルネスでは、強姦をしていないにもかかわらず、自称被害者から金銭を請求されている事件についても積極的に受任しています。不当な請求を受けてお困りの方はお気軽にご連絡ください。

 

弁護士費用

40万円(税別・実費込み)

 

 

【強姦のページ】

強姦

強姦のご質問

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】