風俗トラブルのご質問

Q1:今日デリヘルを呼んで自宅(東京都内)でサービスを受けた際、女性に盗撮をしていたことがばれてしまいました。こわもての従業員が自宅に上がり込んできて、「200万円払わないと警察に被害届を出すぞ。明日取りに来るので用意しておけ。」と言われました。免許証と名刺のコピーをとられ、200万円を支払いますという念書まで書かされました。怖くてたまりません。警察に言われると逮捕されてしまうのでしょうか?

あなたがした盗撮は軽犯罪法違反拘留または科料)になります。駅やデパートなど公共の場所で盗撮したわけではないので、迷惑防止条例違反には該当しません。迷惑防止条例違反の場合、逮捕されることは普通にありますが、軽犯罪法違反のような軽微な犯罪については、法律で、住居不定か正当な理由がないのに出頭要請に応じない場合を除いて逮捕できないとされています(刑事訴訟法199条1項但書)。

 

あなたの場合、住居不定ではありませんので、警察からの出頭要請を理由なく断らない限り、逮捕されることはありません。ただ、今回のケースでは、警察から出頭要請がくる可能性は低いです。仮に要請があったとしても一度事情を聴かれて終わりでしょう。

 

 

Q2:それはどうしてですか?

風俗トラブルについては、強姦致傷等の重大犯罪を除いて、警察も積極的に関与したがらないためです。

 

 

Q3:私は今後どのようにすればよいのでしょうか?今日はたまたま家族が帰省していて自宅に誰もいませんでしたが、明日は自宅に帰ってきます。デリヘルの従業員と鉢合わせしないか心配です。

まず弁護士が相手方に連絡を入れます。その時点以降、弁護士が交渉の窓口になりますので、店の従業員があなたの自宅に直接来ることはありません。その後、弁護士を通じて相手方と示談をすることになります。

 

 

Q4:軽犯罪法違反以外に私に何か犯罪が成立することはありますか? ちなみに、私は盗撮した際、通常の性的サービス以外に、デリヘル嬢にお金を払って本番行為をしてしまいました。

女性が18歳以上であれば、本番行為をしていても犯罪は成立しません。

 

18歳未満の場合は、18歳未満であることの認識があれば、本番行為の有無にかかわらず、児童ポルノ法違反が成立します。ただ、風俗店を利用した場合、18歳未満であるとの認識は通常ないと思われます。

 

 

Q5:店側に何か犯罪は成立しないでしょうか?

①店の従業員があなたの自宅に押しかけ、警察に言うと脅しつつ200万円を要求した点について、恐喝未遂罪住居侵入罪が成立する可能性が高いです。状況によっては、警察への被害申告も検討すべきでしょう。

 

②あなたが女性にお金を払って本番行為をした点について、経営者や従業員に売春防止法違反が成立する余地があります。女性が18歳未満の場合、経営者や従業員に児童福祉法違反が成立する余地があります。これらの場合、デリヘル店は最大8か月の営業停止処分を下される可能性があります(風営法31条の5)。

 

 

【関連ページ】

盗撮の基礎知識

盗撮の弁護方針

盗撮の解決事例

盗撮のご質問

 

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】

▲ページTOP