ウェルネス法律事務所のご質問

 Q1:土日や祝日でも営業していますか?

はい。年末年始を除き、土日祝日も営業しております。法律相談については事前のご予約が必要となります。

 

 

Q2:夜間の法律相談は何時まで可能ですか?

午後10時頃まで可能です。法律相談は完全予約制となっておりますので、事前にお電話の上ご来所ください。

 

 

Q3:法律相談の際、秘密は守ってもらえますか?

はい。弁護士は守秘義務を負っていますので(弁護士法23条)、相談内容はもちろん相談したことも外部に漏らすことはありません。

 

 

Q4:弁護士費用の見積書を作成してもらうことは可能ですか?

もちろん可能です。

 

 

Q5:ウェルネス法律事務所の対応エリアを教えてください。

① ご本人が逮捕・勾留されている場合

東京都全域、埼玉県南部、千葉県西部、神奈川県東部となります。エリア内かどうかは、ご本人の住所ではなく、ご本人が留置されている警察署の住所により判断します。例えば、ご本人の住所が大阪府、事件発生現場が東京都新宿区内、留置されている警察署が新宿警察署の場合は、対応エリア内となります。

 

 

② ご本人が逮捕・勾留されていない場合

ご本人が逮捕・勾留されておらず(逮捕された後に釈放された場合も含みます)、かつ、今後も逮捕・勾留される可能性が低いと考えられる事件については、上記対応エリア以外でも、できる限り対応させていただきます。

 

 

Q6-1:私は普段は大阪に住んでいますが、仕事で東京に出張中に盗撮事件を起こしてしまいました。逮捕はされませんでしたが、刑事さんによれば、近日中に警察から呼び出しがあるそうです。この場合、ウェルネス法律事務所に依頼することはできますか?

盗撮事件で現行犯逮捕されなかった場合、後日逮捕される可能性は非常に低いので、全国どの地域でもできる限り対応させていただきます。

 

 

Q6-2:その場合、一度ウェルネス法律事務所に行く必要はありますか?

事務所にお越しいただき、弁護士と直接面談されることをおすすめしますが、遠方にお住まいで事務所にお越しいただくのが難しい場合は、弁護士が電話により詳しい事情をお聞きします。受任後は、電話、メール、スカイプなどにより弁護士とやりとりします。

 

 

Q6-3:費用は東京の依頼者よりも高くなりますか?

地方出張する必要がなければ全く同じです。ご質問のケースでは東京で発生した事件ですので、地方に出張することはないでしょう。地方出張の必要がある場合は、日当(地域により1日あたり1万円~5万円)が発生します。

 

 

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】