児童買春と逮捕の流れ

*以下は架空の事例です。実在の人物とは何ら関係ありません。

 

児童買春と逮捕-舞台設定

児童買春の容疑者…白石太郎

容疑者の自宅…名古屋市

児童買春の取扱警察署…神奈川警察署

相手少女…山田和美(本名)

相手少女のニックネーム…ゆず

 

 

児童買春と逮捕-前後の流れ

① 月曜日の午前7時、自宅のチャイムが鳴る 

*警察が容疑者を逮捕する場合、平日の早朝に自宅に来ることが多いです

 

② 「こんな朝早くにいったい誰なんだ!」と眠い目をこすりながらインターフォンを手に取る

 

③ 「神奈川警察署の者です。ドアを開けてもらえますか?」

 

④ びっくりして玄関に出ると私服警察官が4名立っている 

 *逮捕する場合、警察官は3名以上で来ることが多いです

 

⑤ 「白石太郎さんで間違いないですね。」→「はい。」→「山田和美さんという女の子に会ったことがありますか?」→「ちょっとわかりません…」

*警察は相手少女の本名を言ってくることがありますが、本名でやりとりしていない場合は、この時点では誰のことを言っているのかわからないということになります。

 

⑥ 「それでは『ゆず』という名前は知っていますか?」→「はい」

*実際にやりとりしていた名前を言われ、心当たりがあったのでその旨返事をする。

 

⑦ 「令状が出ていますのでこれから家の中に入らせてもらいます」→3名の警察官が自宅に上がりこんでくる

 

⑧ 「あなたの部屋はどこですか」→「こちらです。」→警察官が部屋に入ってくる(妻がその状況を見て呆然としている)

 

⑨ 「そこのパソコンの電源を入れてください」→電源を入れる→「メールを見せてください」→メールの受信ボックスを見せる

 

⑩ 「ゆずさんとやりとりしたメールを見せてください」→そのメールを見せる→警察官がメールの内容を確認している 

*家宅捜索といっても自宅の隅から隅までくまなく調べるわけではありません。警察も慣れていますのでピンポイントで必要なものをおさえていきます。

 

⑪ 「ゆずさんと横浜市内のホテルに行ったことはありますか?」→「はい」(記憶があったのでそのように回答)

 

⑫ 「これからあなたを児童買春の容疑で神奈川警察署に連行します。」

 

⑬ 「職場に一本電話連絡をさせてもらってよいでしょうか」→「わかりました。手短かに済ませてください」→その場で職場に連絡→「かぜで2、3日休みます」と伝える 

*逮捕される直前に、職場に電話連絡させてもらうよう警察官に頼めば許可してもらえることがあります。無断欠勤を防ぐため可能であれば職場に電話しておくべきです。早朝で職場につながらない場合は、後で電話するようご家族に頼んでください。

 

⑭ 携帯電話とパソコンを押収される。

*警察官がその場で押収したものをリストに記載し(押収品目録交付書)、本人かご家族に交付します。

 

⑮ 警察官と一緒に自宅を出る。

*ご家族もショックが大きいと思いますが、気持ちを切り換えて、すぐに弁護士をつけるよう動いた方がよいでしょう。

 

⑯ 玄関前に白いワンボックスカーがとまっており、一番後ろに乗車するよう促される。

*逮捕する場合、パトカーではなく、ワンボックスカーで来ることが多いです。

 

⑰ 車の中で児童買春の逮捕状を読み上げられる。

 

⑱ 「本日午前7時45分あなたを児童ポルノ法違反(児童買春)容疑で逮捕します。」→手錠をかけられる

 

⑲ 高速道路をひた走り午後1時に神奈川警察署に到着→昼食を出されるが喉を通らない

 

⑳ 午後1時30分から児童買春の取調べ開始 

*取調べの対応方針としては、「認める」、「否認する」、「黙秘する」のいずれかになります。

 

*弁護士と相談してから取調べに臨むのがベストですが、逮捕直後の取調べが始まる前に弁護士が警察署に駆けつけることは物理的に難しいと思われます。可能であれば、対応方針について逮捕前から弁護士に相談しておくとよいでしょう。

 

*既に依頼している弁護士がいる場合、取調官に依頼して、①自分が児童買春で逮捕されたこと、②接見に来てもらいたいことを、その弁護士に伝えてもらうことが可能です。

 

*ウェルネスではこのような場合に備えて、逮捕前の初回接見プランを実施しています。

 

㉑ 午後5時30分に取調べ終了

 

㉒ 所持品を留置係官に預け、借り物の灰色スエット上下を着用し、仮監獄の雑居房に収容される。

 

以後の流れはこちらを参照してください

逮捕後の流れ

 

 

【児童買春のページ】

児童買春

児童買春の解決事例

児童買春を否認して不起訴処分を獲得する 

児童買春のご質問

児童買春のご質問2

児童買春に強い弁護士

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】