児童買春に強い弁護士

痴漢や盗撮の場合、初犯の方であれば、示談をすれば極めて高い可能性で不起訴となります。これに対し、児童買春の場合は、示談をしても(略式)起訴されるケースが少なくありません。不起訴処分を獲得するためには、単に示談書を提出するだけではなく、検察官に対し、不起訴とすべき理由をていねいに主張する必要があります。

 

ウェルネスは、これまで数多くの児童買春事件を取り扱い、数多くの不起訴処分を獲得してきました。そのため、単なる一般論ではなく、ウェルネスで過去に不起訴処分を獲得した多くの事件を援用しながら、不起訴とすべき旨の説得的な主張を展開することができます。

 

数多くの実績がなければこのような弁護活動をすることは難しいでしょう。児童買春でお悩みの方はぜひウェルネスにご相談ください。

  

【関連ページ】

児童買春

児童買春の解決事例

児童買春を否認して不起訴処分を獲得する

児童買春のご質問

児童買春のご質問2

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】

▲ページTOP