保釈のご質問2

Q1-1:現在保釈中です。来週、東京地裁で判決の言い渡しがありますが、もし実刑判決が出た場合どうなるのでしょうか?

実刑判決が言い渡されると保釈は失効します(刑訴法343条)。そのため、判決後すぐに身柄を拘束され、その日のうちに拘置所に収容されることになります。

 

 

Q1-2:どのような流れで拘置所に収容されるのでしょうか?

東京地方検察庁の運用では、保釈中の被告人が実刑判決を言い渡されると、裁判終了後直ちに、検察事務官により、法廷から東京地検A棟3階の令状課事務室内に設置された仮監獄に連行されます。その後、当日中に東京拘置所に移送されます。他の検察庁でも同様の運用になります。

 

 

Q1-3:検察事務官はどこに待機しているのですか?

傍聴席に座っています。裁判終了直後に被告人の側にきて連行していきます。

 

 

Q1-4:そうすると法廷に入った際、検察事務官がいれば、実刑判決の可能性が高いということですか?

そういうことになります。

 

 

Q1-5:法廷に入った際、傍聴席に誰も座っていなければ執行猶予判決の可能性が高いと考えてよいのでしょうか?

はい。

 

 

Q1-6:検察事務官かどうか外見から判断することはできますか?

特に制服や腕章があるわけではありませんので、外見ですぐに検察事務官とわかるわけではありません。ただ、東京地検の検察官・検察事務官は「PPO」(Public Prosecutors Office)と書かれた入館証を首から下げている場合が多いです。

 

 

Q1-7:検察事務官は事前に実刑判決が下されることをわかっているのですか?

過去の裁判例等に基づき、検察官が実刑判決になる可能性があると判断した場合、検察事務官が傍聴席で待機することになります。

 

 

Q2:第一審で実刑判決が出た場合、控訴してもう一度保釈請求することはできますか?

はい、できます。再保釈請求といいます。判決言い渡し直後に再保釈の請求を行い、その日のうちに保釈決定が出て、かつ保釈金を納めた場合は、拘置所に移送されることなく、当日中に仮監獄からそのまま釈放されます。

 

実刑判決の可能性がある事案で、再保釈の希望がある場合は、判決言い渡し後、直ちに再保釈を請求できるよう、弁護士が事前に準備をしておきます。

 

 

Q3:再保釈請求して保釈が認められる可能性はどの程度ありますか?

一般的には、第一審での保釈請求に比べるとハードルは上がります。裁判官は、保釈を認めるかどうかの判断にあたって、逃亡の可能性がどの程度あるのかを重視します。再保釈請求の場合、既に実刑判決が出ていることから、第一審で保釈請求した時に比べると、逃亡の可能性が高いと判断されがちです。とはいえ、保釈中に逃亡していないという実績もありますので、監督環境などに大きな変化がなければ、再保釈請求が認められる余地は十分にあります。

 

 

Q4:第一審で実刑判決が出た場合、保釈金はどうなりますか?

保釈金は全額返ってきます。再保釈が認められれば、当初の保釈金を再保釈の保釈金にあてることも可能です。再保釈の保釈金は、当初の保釈金より5割ほど増額される場合が多いので、差額のみ裁判所に納めることになります。

 

 

Q5-1:第1審で実刑判決を受け、現在、控訴して再保釈されています。東京高等裁判所で控訴棄却判決を受けた場合、いつから収監されることになりますか?

保釈の効力は控訴棄却判決の言い渡しと同時になくなりますので、上告して再々保釈請求をしない限り、判決確定前に収監されます。判決が確定するのは言渡しの15日後ですので、この期間内に収容されることになります。一審では、判決当日に収監されますが、控訴審の場合は、当日には収監されません。 

 

 

Q5-2:どのようにして収監されるのでしょうか?

東京高等検察庁の令状係から制限住所(裁判所に届けている保釈中の滞在場所)に出頭要請の通知が郵送されます。その通知に出頭日時と場所が記載されていますので、ご自身で出頭していただくことになります。出頭後、拘置所に移送されます。

 

 

Q6-1:上告して保釈することはできますか?

はい、できます。事件記録が最高裁判所に移される前は高等裁判所に、移された後は最高裁判所に保釈請求します。

 

 

Q6-2:保釈が通る見込みはどの程度ありますか?

一般論として上告して判決が覆る可能性はかなり低いということを考えると相当厳しいということになりそうですが、一審・控訴審と保釈が認められている場合は、監督状況に変化がない限り、上告審でも保釈が認められる可能性は十分にあります。

 

 

Q6-3:保釈金は一審判決後の保釈に比べ増えるのでしょうか?

はい。一審判決後の再保釈の場合、保釈金は1.5倍程度増えるのが通常ですが、控訴審判決後の保釈の場合、そこまでの増額とはならない場合が多いです。

 

 

Q7:第一審で実刑判決を受け控訴しました。現在再保釈されています。検察官は控訴していません。控訴を取り下げた場合いつから収監されるのでしょうか?。

控訴期間(判決言い渡しの翌日から2週間)が経過した後に取り下げた場合、即日、判決は確定します。控訴期間経過前に取り下げた場合、控訴期間が経過すると判決が確定します。

 

いずれにせよ判決確定後1週間前後で、検察庁の執行担当からご本人の自宅に出頭要請の通知が郵送されます。指定された日時に検察庁に出頭すると、その日のうちに拘置所に移送されます。

 

保釈のご質問 

 

 

【関連ページ】

保釈の基礎知識

 

刑事事件早わかりページ】

 

起訴前

起訴後

裁判員裁判

手続きの流れ

逮捕後の流れ

起訴前の流れ

起訴後の流れ

裁判員裁判の流れ

弁護活動

起訴前の刑事弁護

否認事件の刑事弁護

起訴後の刑事弁護

 裁判員裁判の刑事弁護

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】

▲ページTOP