詐欺のご質問

Q1-1:息子がオレオレ詐欺で逮捕されました。警察の話では、息子はオレオレ詐欺の受け子として、被害者から500万円を騙し取ったとのことです。ただ、息子は「名前も知らない人間から書類を受け取りに行くよう言われただけで、まさかオレオレ詐欺とは思わなかった。」と言っているようです。裁判で、この点を主張した場合、無罪になることはありますか?

詐欺をしているという認識(故意)がなければ無罪となります。しかし、本件のようなオレオレ詐欺で、故意がないとして無罪になることはまずありません。

 

 

Q1-2:どうしてですか?

受け子としてオレオレ詐欺に関わり、逮捕された事案では、一般的に以下の事情が認められます。

 

・被害者が高齢者であること

・逮捕された本人が被害者に対して偽名を名乗っていること

・逮捕された本人が事件当日、氏名不詳者と何回も携帯電話でやりとりをしていること

・逮捕された本人と氏名不詳者との間で報酬の約束があること

・その報酬が通常の仕事で得られる報酬よりも格段に高いこと

・逮捕された本人が、被害者からお金をためらうことなく受け取っていること

 

裁判官は、これらの事実に基づき、本人が単なる書類の受け取りではなくオレオレ詐欺であることをわかっていた、すなわち詐欺の故意があったと判断します。

 

 

Q1-3:裁判で「オレオレ詐欺であることを認識していなかった」と主張することは得策ではないということですか?

前述したように、裁判においては、ほとんどの場合、「オレオレ詐欺であることを認識していなかった」という主張は通りません。そのような主張を続けた場合、「反省していない」として、より刑が重くなる可能性が高まります。また、オレオレ詐欺のような組織的な詐欺事件で否認している場合、保釈はまず認められません。ご家族との接見や手紙のやりとりについても継続的に禁止される可能性が高いです。したがって、ご質問のような主張を続けるのは必ずしも得策とはいえません。

 

もっとも、これは一般論です。個別の事情によっては否認すべき場合もあるでしょう。詳しくは弁護士に相談してみてください。

 

 

Q1-4:もし、否認をつづけて有罪となった場合、息子は実刑判決となるのでしょうか?ちなみに息子に前科はありません。

被害額が500万円と多額ですので、初犯であっても実刑になる可能性が高いです。

 

 

Q1-5:息子が執行猶予となる見込みはないのでしょうか?

見込みがないわけではありません。ただ、被害金額が多額ですので、執行猶予を獲得するためには、示談あるいは被害弁償をすることは必須でしょう。

 

 

Q1-6:示談をするにあたっての注意点は何かありますか?

オレオレ詐欺の被害者は詐欺グループからの報復を恐れていますので、その点について十分に配慮する必要があります。例えば、示談書の中に、「今後、加害者は被害者と一切接触しない。」等の文言を加えることが考えられます。また、弁護士が知り得た被害者の個人情報を加害者に開示しないようにする等して、被害者に安心してもらうことが必要です。

 

 

Q2:息子がオレオレ詐欺未遂で逮捕・起訴されました。オレオレ詐欺の受け子として、高齢者からお金を騙し取ろうとしたところ、あらかじめ張り込んでいた警察に逮捕されたとのことです。息子は容疑を認めています。息子の国選弁護士から、「オレオレ詐欺の場合、初犯でも実刑になる」と言われました。執行猶予はあきらめるしかないのでしょうか?

必ずしもそうとは限りません。特に未遂事案の場合、執行猶予の可能性は十分にあります。

 

 

Q3:オレオレ詐欺で保釈は認められないと聞いたのですが、本当ですか?

いいえ、そんなことはありません。確かに、詐欺グループの首謀者やリーダー格の人間であれば保釈は認められにくいですが、末端の受け子や見張り役の場合、保釈が認められる可能性は十分にあります。

 

 

【関連ページ】

詐欺罪の基礎知識

詐欺罪の弁護方針

詐欺の解決事例

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】

▲ページTOP