裁判員裁判の流れ

裁判員裁判と通常裁判の比較

裁判員裁判の進行イメージ

月曜日

裁判員が選任される。

火曜日

公判開始。冒頭手続証拠調べを行う。

水曜日(午前)

引き続き証拠調べを行う。

水曜日(午後)

引き続き証拠調べを行う。その後、検察官・弁護士・被告人が意見を述べる。

木曜日

裁判官と裁判員が評議をする。

金曜日(午後)

裁判官と裁判員が評議をする。

金曜日(午後)

評議に基づき判決を下す。

 

 

通常裁判の進行イメージ

4月1日

第1回公判(公判が始まる。冒頭手続と証拠調べを行う。)

5月1日

第2回公判(証拠調べを行う)

6月1日

第3回公判(証拠調べを行う)

7月1日

第4回公判(証拠調べを行う)

8月1日

第5回公判(証拠調べを行う)

9月1日

第6回公判(検察官・弁護士・被告人が意見を述べる)

10月1日

判決期日(判決を下す)

 

 

裁判員裁判と通常裁判との違い

上に挙げた例において、裁判員裁判では、月曜日から金曜日まで連続して裁判が進行しています。これに対して、通常裁判では1ヶ月に1回のペースで裁判が進行しています。期間についても、裁判員裁判が5日間であるのに対し、通常裁判では半年間かかっています。

両者の違いとまとめると以下のようになります。 

 

 

裁判員裁判

通常裁判

開廷のペース

毎日(土日祝日を除く)

約1か月に1度

審理の期間

1~2週間

1か月~1年

 

このように裁判員裁判と通常裁判では、開廷のペースと審理の期間が大きく異なります。

どうしてこのような違いが生じるのでしょうか?

ポイントは裁判員の存在です。一般市民である裁判員は、普段は自分の仕事と生活を持っています。このような人達が、プロの裁判官と同じように、何か月もの間ひとつの裁判に関わっている余裕はありません。そのため、裁判員に重い負担をかけないよう、短期間で集中的に審理が行われるのです。

 

裁判員裁判の準備

公判前整理手続

裁判員裁判は、通常裁判とは異なり、1~2週間という短期間で集中的に審理が行われます。これだけのハイペースで審理を行うためには、入念な事前準備が必要となります。この準備のための手続を公判前整理手続(こうはんぜんせいりてつづき)と呼びます。公判前整理手続は、裁判所において、裁判官、検察官、弁護士によって進められます。

 

公判前整理手続の段階では裁判員はまだ選任されていません。したがって、裁判員がこの手続に参加することはありません。 公判前整理手続は約1ヶ月に1回のペースで行われます。一般的には3回程度行われることが多いです。公判前整理手続のほか、裁判所で非公式の打合せが行われることもよくあります。

 

公判前整理手続の内容

公判前整理手続で行われることは、主として次の3点です。

 

① 争点を整理する

② 証拠を開示する

③ スケジュールを決める

 

①(争点整理)について

これから始まる裁判員裁判で、何が争点になるのかを整理します。まず検察官が、証拠によって証明しようとする事実を明らかにします。次に、弁護士(被告人)が、裁判でどのような主張をするのかを明らかにします。すなわち、起訴されている罪を認めるのか否か、否認するのであればその理由を明らかにします。

 例えば、殺人事件について、「殺人罪が成立しない」と主張する場合、次のような理由が考えられます。

 

「被告人は事件当時その場にいなかった。したがって無罪である。」

「殺したけれども正当防衛である。したがって無罪である。」

「死なせてしまったが殺意はなかった。したがって殺人罪は成立しない。傷害致死罪が成立するにとどまる。」

 

これらの理由のうち、裁判でどの理由を主張するのかを、あらかじめ明らかにしておきます。これによって、裁判をスピーディに進めることが可能になります。

 

②(証拠開示)について

検察官、弁護士がお互いの手持ち証拠を開示します。まず、検察官が弁護士に証拠を開示します。具体的にいうと、弁護士が検察庁で証拠書類をコピーしたり、検察官から証拠書類のコピーを送ってもらったりします。

 

弁護士・被告人がこれらの証拠を検討し、裁判でどのような主張をするのかを決めていきます。どのような主張をするのかが決まれば、それを証明するための証拠を弁護士が検察官に開示します。

 

裁判員裁判では、通常の裁判よりも広く検察側の手持ち証拠を開示させることが可能になりました。これにより、早い段階で争点を明確化し、充実した弁護活動を行うことが可能になります。 

 

③(スケジュールの策定)について

裁判員裁判では、毎日連続して審理が行われ、短期間で判決を下します。このようなハイペースの審理をスムーズに行うためには、事前に細かいスケジュールを決めておく必要があります。具体的には、裁判で取り調べる証拠や取調べの順序、取調べ時間を事前に決めておきます。取調べ時間は通常、分単位で細かく決められます。

 

裁判員裁判の審理等

(1)冒頭手続

① 検察官が起訴状を朗読します。

② 裁判長が被告人に氏名・本籍・職業などを確認します。

③ 裁判長が被告人に黙秘権を告知します。

④ 裁判長が被告人・弁護士に起訴状記載の事実について意見がないか確認します(罪状認否)。

 

(2)証拠調べ

検察官と弁護士が、各々、証拠によって証明しようとする事実を裁判官(裁判員)に説明します。その後、裁判官(裁判員)が検察官、弁護士が請求した証拠を取り調べます。具体的に言うと、検察官や弁護士が、裁判官(裁判員)の前で、供述調書などの書面を朗読したり、証人尋問を行います。

 

(3)論告・弁論

証拠調べが終了すると、その結果を踏まえて、検察官が意見を述べます(論告)。続いて弁護士が意見を述べ(最終弁論)、最後に被告人が意見を述べます(最終陳述)。

 

(4)評議

裁判官と裁判員が別室で評議を行います。評議を傍聴することはできません。評議においては、裁判官と裁判員の多数決によって、有罪か無罪かの判断をし、有罪であれば引き続き刑の重さを判断します。

 

(5)判決宣告

裁判官と裁判員による評議に基づいて法廷で判決が下されます。被告人または検察官は、判決に不服があれば2週間以内に控訴することができます。

 

 

【裁判員裁判のページ】

裁判員裁判の刑事弁護

裁判員裁判の弁護士

裁判員裁判のご質問

ウェルネスの対応

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】

▲ページTOP