逮捕の相談は弁護士へ

 

逮捕前

逮捕される?-逮捕につながる3つのパターンを弁護士が解説

弁護士が教える逮捕されるか知る方法

 

 

逮捕前の弁護活動

逮捕されない方法は?-逮捕阻止のために弁護士ができる4つの活動について

逮捕阻止の弁護活動

 

初動が肝心。万一の場合に備えて弁護士が準備をしておきます。

逮捕前の接見プラン

 

 

逮捕後の流れ

逮捕直後について

早期釈放なら逮捕後3日以内が鉄則。その理由を弁護士がわかりやすく解説しています。

36個のQ&Aで手にとるようにわかる逮捕後3日間の流れ

 

逮捕後の約3週間について

なぜ3週間なの?-逮捕・勾留した時点では、その人が本当に罪を犯したのかどうかわかりません。えん罪の可能性だってあります。そこで、法律は、検察官に対して、「逮捕したら刑事裁判にするのかしないのかさっさと決めろ!」とはっぱをかけています。そのデッドラインが逮捕の約3週間後にくるわけです。そこまでの流れについて弁護士が解説しています。

起訴前の流れ

 

 

逮捕後の弁護活動

逮捕・勾留されても弁護士のがんばり次第で、早期釈放も十分可能です。刑事裁判にならないこともあります。ここでは、弁護士のがんばり方について解説しています。

起訴前の刑事弁護

 

接見イコール弁護活動の出発点。接見について知っておくべきポイントを弁護士が解説。

弁護士の接見

 

私はやっていない-否認事件の闘い方について弁護士が解説

否認事件の刑事弁護

 

 

刑事事件別の逮捕・勾留

あなたが逮捕・勾留される確率は?-検察庁では刑事事件に関するビッグデータを収集し、毎年、いろんな切り口からまとめた統計を公表しています。ここでは、そのうち逮捕・勾留に関するものを犯罪別にピックアップして紹介しています。

 

性犯罪

公然わいせつと逮捕

強制わいせつと逮捕

強姦と逮捕

児童買春と逮捕

痴漢と逮捕

盗撮と逮捕

 

暴力犯罪

暴行と逮捕

傷害と逮捕

脅迫と逮捕

 

財産犯罪

窃盗と逮捕

置引きと逮捕

詐欺と逮捕

振り込め詐欺と逮捕

恐喝と逮捕

横領と逮捕

器物損壊と逮捕

 

薬物犯罪

覚せい剤取締法違反と逮捕

大麻取締法違反と逮捕

 

 *痴漢と盗撮(迷惑防止条例違反)は統計データが公表されていないため、弁護士が逮捕の可能性について説明しています。

 

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】