• トップ
  • > 痴漢・盗撮・暴行の弁護士費用

痴漢・盗撮・暴行の弁護士費用

総額万円からの刑事弁護プランのご紹介です(本ページに記載した弁護士費用は全て税別の料金です)。

 

(1)逮捕されて釈放された方 or 検察官から連絡がきた方

料金プラン

弁護士費用…万円~40万円

着手金

万円

ご契約の際お支払いいただきます。

示談交渉の着手金

15万円

被害者の連絡先を教えてもらった場合のみ発生します。

不起訴の報酬金

20万円

不起訴になった場合の成功報酬です。

 

 

ご契約後の流れ(示談が成立した場合)

①ご契約時に着手金万円(税別)をお支払いただきます。

②弁護士が検察官にご本人が示談を希望していることをお伝えします。

③検察官が被害者にお電話し、氏名と電話番号を弁護士に教えてよいか確認します

④被害者が教えてよいということであれば、検察官が被害者の氏名と電話番号を弁護士に教えます。

⑤この段階で示談交渉の着手金15万円(税別)をお支払いいただきます。

⑥弁護士が被害者と示談交渉を始めます→示談成立

⑦初犯の方であれば示談が成立すれば極めて高い可能性で不起訴になります→報酬金20万円が発生します。

 

 本料金プランのポイント

被害者から連絡先を教えてもらった場合、ウェルネスの弁護士はほぼ全てのケースで示談を成立させています。この場合、弁護士費用は着手金5万円+示談交渉の着手金15万+報酬金20万=40万円(税別)となります。

 

ほとんどのケースで被害者の連絡先を教えていただけますが、まれに「早く忘れたい」、「処罰してもらいたい」等の理由で連絡先を教えてもらえないこともあります。その場合、示談交渉の着手金(15万)をお支払いいただく必要はありません。

 

この場合、示談なしで不起訴を目指します。具体的には、検察官に反省文を提出したり、贖罪寄付をしたり、カウンセリングを受ける等の再犯防止策を講じます。その結果、不起訴になれば、弁護士費用は着手金5万円+不起訴の報酬金20万円=25万円(税別)となります。

 

不起訴にならなければ、弁護士費用は着手金5万円のみとなります。それ以上、一切お支払いいただく必要はありません。

 

良心的な弁護士費用を実現できる理由

 

 

(2)逮捕されておらず検察官から連絡もきていない方

料金プラン

弁護士費用…20万円~40万円

着手金

20万円

ご契約の際お支払いいただきます。

不起訴の報酬金

20万円

不起訴になった場合の成功報酬です。

 

 

ご契約後の流れ(示談が成立した場合)

①ご契約時に着手金20万円(税別)をお支払いいただきます。

②弁護士が警察官にご本人が示談を希望していることをお伝えします。

③警察官が被害者にお電話し、氏名と電話番号を弁護士に教えてよいか確認します

④被害者が教えてよいということであれば、警察官が被害者の氏名と電話番号を弁護士に教えます。

⑥弁護士が被害者と示談交渉を始めます→示談成立

⑦初犯の方であれば示談が成立すれば極めて高い可能性で不起訴になります→報酬金20万円が発生します。

 

*警察段階では被害者への取次ぎを行っていないこともありますが、書類送検されれば、検察官は必ず取り次いでくれます。

 

本料金プランのポイント

不起訴になれば総額40万円、不起訴にならなければ総額20万円となります。

 

良心的な弁護士費用を実現できる理由

 

(1)と(2)のプランのご利用条件

① 初犯の方

②ご依頼の時点で逮捕・勾留されていないこと

③容疑を認めていること

④痴漢の場合は迷惑防止条例違反で立件されていること(強制わいせつで立件されている場合は対象外となります)

⑤被害者が特定されていること(上記(1)のプランのみ)

 

 

関連ページ

良心的な価格を実現できる理由

 

本料金プラン以外のケースは以下のページをご覧ください

弁護士費用(逮捕・勾留されていない事件)

弁護士費用(逮捕・勾留されている自白事件)

弁護士費用(逮捕・勾留されている否認事件)

 

痴漢についてはこちらのページをご覧ください。

痴漢

痴漢のご質問

痴漢のご質問2

痴漢の解決事例

 

盗撮についてはこちらのページをご覧ください。

盗撮

盗撮のご質問 

盗撮の解決事例

 

暴行についてはこちらのページをご覧ください。

暴行

暴行のご質問

暴行の解決事例

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】