準強制性交等のご質問

 Q1:準強制性交等罪の捜査としてどのようなことが行われるのでしょうか?

「居酒屋で一緒に飲んでいた女性に睡眠薬を飲ませ、意識もうろうとしたところをホテルに連れ込み強姦した」というケースを例に挙げると、以下のような捜査が行われます。

 

捜査の類型

捜査の内容

作成される証拠書類

DNA鑑定

被害者の口腔内細胞と被疑者の口腔内細胞を採取し、それぞれのDNA型を明らかにします。

被害者の膣内容物を採取し、その中に被疑者のDNAが含まれているかどうかを調べます。

鑑定書

尿の鑑定

被害者の尿の中に睡眠導入剤の成分が含まれているかどうかを調べます。

鑑定書

被害者の取調べ

当日被疑者と会うことになった経緯、会ってからのやりとり、ホテルに移動する間の状況、ホテル内での状況、意識を回復してからのやりとり、強姦されたことに気づいた経緯などについて聴取します。

被害者供述調書

防犯カメラの画像解析

ホテル内の防犯カメラを解析し、事件前後の被害者の状態(足取りがしっかりしているか等)、被疑者の行動を明らかにします。

防犯カメラ画像解析結果報告書

目撃者の取調べ

居酒屋の店員やホテルのフロント係から被害者の状態(顔の表情、ろれつが回っていたか、足取りはしっかりしていたか等)、被疑者と被害者とのやりとりを聴取します。

目撃者供述調書

被疑者の取調べ

事件全般について聴取します

被疑者供述調書

 

 

 

強制性交等のページ

強制性交等

強制性交等で執行猶予をとるための方法

強制性交等と尾行捜査

強姦・強制わいせつと不当請求-言いがかりへの対応のしかた

強姦・強制わいせつと民事事件-内容証明郵便への対応のしかた

強制性交等・強姦の解決事例

強制性交等のご質問

準強制性交等のページ

準強制性交等

準強制性交等で逮捕される可能性について弁護士が解説

準強制性交等・準強姦の解決事例

準強制性交等のご質問

強制性交等致傷のページ

強制性交等致傷

強制性交等致傷のご質問

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】