• トップ
  • > 逮捕されたら刑事事件に強い弁護士を選ぼう

逮捕されたら刑事事件に強い弁護士を選ぼう

このページはウェルネス法律事務所の弁護士 楠 洋一郎が執筆しています。

 

 

 

逮捕されたら自分で弁護士を選べる?

(1)国選弁護人

国選弁護人を選任するのは、逮捕された方ではなく裁判所です。そのため、逮捕された本人がどの国選弁護人に依頼するかを選ぶことはできません。

 

また、裁判所が選んだ国選弁護人と相性があわなかったり、国選弁護人があまり動いてくれなかったとしても、それだけで他の弁護士に交代してもらうことはできません。

 

(2)当番弁護士

どの当番弁護士を派遣するかは、弁護士会がその日に待機している弁護士のリストをみて決めています。本人や家族から、「刑事事件に強い弁護士をお願いします」等とリクエストすることはできません。

 

当番弁護士の仕事は1回接見してアドバイスをするだけです。引き続きその弁護士に活動してもらうためには、私選弁護士として契約するか(資産が50万円以上の場合)、国選弁護人になってもらう必要があります(資産が50万円未満の場合)。

 

(3)私選弁護士

私選弁護士は、本人であれ、家族であれ、依頼する弁護士を自分で選ぶことができます。

 

ただ、本人が逮捕されている場合は、本人が留置場で面会した当番弁護士に依頼して私選弁護士になってもらうか、ご家族が私選弁護士を選んで依頼することになります。

 

いったん私選弁護士を選んだ後も、弁護士と相性があわなかったり、結果に満足できなければ、解任して他の弁護士に代えることもできます。

 

(4)まとめ

国選弁護人と当番弁護士については、本人や家族がどの弁護士に依頼するかを選ぶことはできません。

 

これに対して、私選弁護士であれば、逮捕前であれば本人が、逮捕後であればご家族がどの弁護士にするかを選ぶことができます

 

 

刑事事件に強い弁護士の選び方

私選弁護士の場合は、本人や家族が弁護士を選ぶことができます。

 

それではどのような弁護士に依頼すればよいのでしょうか?

 

刑事事件は本人や家族の大切な人生がかかっています。弁護士を選ぶ際は、刑事事件に強い弁護士を選ぶと安心です。

 

刑事事件に強いかどうかの目安として、次の4つのポイントを挙げることができます。

 

①刑事事件の経験が豊富である

限られた時間のなかで、適切な弁護活動をスピード感をもって行うためには、刑事事件の豊富な経験が必要です。

 

弁護士であれば、誰でも刑事事件の経験が豊富というわけではありません。弁護士の多くは、離婚や相続、交通事故などの民事事件や会社法務をメインにしています。

 

そのような弁護士に、本人や家族の人生がかかった刑事事件を依頼するのは、不安が残ります。カゼをひいたときに、外科医の診察を受ける人はいないでしょう。弁護士選びについても同じことがいえます。

 

ふだんから刑事事件をメインに取り扱っている弁護士に依頼した方がよいでしょう。

 

【ここをチェック】

弁護士事務所のホームページを見れば、刑事事件にどの程度力を注いでいるかがわかります。解決事例や依頼者のメッセージをのせている弁護士事務所もありますので、参考にするとよいでしょう。

 

ただ、ホームページの情報だけでは限界があります。最終的には、弁護士に直接疑問点を尋ねて、納得のできる回答が得られるかどうかを参考にしてください。

 

②土日も営業している

弁護士事務所の多くは、一般の会社と同じく、平日のみの営業です。土日は弁護士に連絡してもつながらないことが多いです。

 

しかし、刑事事件の手続は土日も関係なく進んでいきます。示談交渉についても、「平日は仕事で忙しく土日しか会えない。」という被害者もいます。

 

そのため、土日も動いてくれる弁護士の方が、限られた時間の中でより充実した弁護活動を期待できるといえるでしょう。

⇒土日に逮捕 弁護士に無料相談

 

【ここをチェック】

弁護士に「土日も営業していますか?」、「土日も電話やメールで連絡はとれますか?」と問い合わせてみてください。

 

③すぐに接見に行ってくれる

逮捕・勾留された事件の刑事弁護は、結局のところ「動いてなんぼ」です。

 

どんなに過去の実績が素晴らしくても、有名なロースクールで教えていても、目の前の被疑者のために動いてくれなければ、刑事事件に強いとはいえません。

 

早期釈放を目指すのであれば、弁護士が本人と少しでも早く接見することが必要です。そのため、依頼後すぐに接見に行ってくれる弁護士を選ぶべきです。

 

【ここをチェック】

弁護士に「依頼すれば何時頃に接見に行ってくれますか?」と確認するとよいでしょう。夜遅くに依頼した場合を除いて、当日中に接見してくれる弁護士が望ましいです。

東京の刑事事件に弁護士がスピード対応

 

④まめに報告してくれる

逮捕された本人やご家族は、状況がわからないなかで、不安な気持ちでいっぱいです。

 

弁護士としては、適切な弁護活動をするだけではなく、弁護活動の内容を本人や家族に報告することも必要です

 

弁護士がこまめに報告することによって、本人やご家族も現在の状況を把握でき、不安な気持ちを軽減することができます。

 

【ここをチェック】

弁護士に、「どのようなタイミングで報告してくれますか」とお尋ねするとよいでしょう。

 

 

【関連ページ】

逮捕後に弁護士に連絡する方法と弁護士費用について

【徹底比較】国選弁護人・当番弁護士・私選弁護士のメリットとデメリット

東京の刑事事件に弁護士がスピード対応

土日に逮捕 弁護士に無料相談

弁護士費用(逮捕・勾留されている自白事件)

弁護士費用(逮捕・勾留されている否認事件)

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】