• トップ
  • > 弁護士が教える逮捕されるか知る方法

弁護士が教える逮捕されるか知る方法

 

Q1:逮捕されるか否か警察に問い合わせれば教えてもらえますか?

逮捕の可能性が全くない場合、逮捕されるか否か警察に尋ねれば、「逮捕はしません」と教えてくれる場合がよくあります。

 

これに対して、逮捕の可能性がある場合、逮捕されるか否か質問しても絶対に教えてくれません。逮捕は逃亡や証拠隠滅を防ぐために行われます。本人に「これからあなたを逮捕します」等と教えれば、かえって逃亡や証拠隠滅を誘発することになってしまうからです。

 

 

Q2:弁護士が逮捕されるか否か警察に問い合わせた場合は教えてもらえますか?

弁護士が問い合わせた場合も本人が問い合わせた場合と変わりません。すなわち、逮捕の可能性がある場合、警察が弁護士に逮捕するかどうかを教えることはありません。ただ、刑事事件の経験豊富な弁護士であれば、警察とのやりとりを通じて、逮捕の可能性をある程度判断することはできます。

 

事案にもよりますが、ウェルネスの弁護士が、担当刑事から「こちらとしてはやるべきことをやります」、「法律に則って粛々と対応していきます」等と言われた場合は、逮捕の可能性が相当程度あること前提として弁護方針を組み立てます。

 

 

Q3:弁護士以外の人が逮捕されるか否か事前に知る方法はありますか?

以下の3つのうちどれかひとつに該当すれば逮捕される可能性は少なからずあるといえるでしょう。

 

① 刑事が自宅の前に張り付いている

例えば、警察署で任意の取調べをした後、警察車両で本人を自宅まで送迎し、本人が家の中に入った後も、引き続き警察車両が家の前で待機している場合が考えられます。

 

警察が既に逮捕状を請求している場合、または、逮捕状を請求を請求する方向で検討している場合は、逃亡を防ぐため、本人の自宅近くに刑事を待機させることがよくあります。

 

② 刑事に自宅待機を命じられた

警察署で任意の取調べを受け、帰り際に、刑事から「明日は仕事を休んで自宅で待機しておいてください。」等と言われる場合が考えられます。今後も逮捕せずに、在宅事件として捜査を進めるのであれば、警察としては、本人を呼び出した場合に出頭を確保できればよく、本人の居場所について干渉することはありません。ましてや、勤務先に行かないよう求めることはありません。

 

これに対して、警察が逮捕を考えていない場合は、「ふだん通りに生活してもらって構いませんが、警察から電話があった場合は出てください。」等と言われることが多いです。

 

③ 刑事からすぐに警察署に来るように言われ、日時の変更を依頼しても頑として応じてくれない

刑事から「今から警察に来てほしい」等と言われ、都合がつかないので、日時の変更を依頼しても「とにかく来てくれ」等と変更に応じてくれないケースです。警察が逮捕を考えていないときは、通常、日程変更にも柔軟に応じてくれます。

 

③の場合は、たまたま融通の利かない担当者という可能性もなくはありませんが、①、②の場合は数時間以内に逮捕される可能性が十分にあります。①と②の両方あてはまる場合は、逮捕される可能性が高いでしょう。

 

*上記の記事はウェルネスの弁護士が実際に経験したことに基づいて書いています。

 

 

Q4:逮捕が目前に迫っている段階で、弁護士事務所に行って相談することはできますか?

逮捕状が発付されていなければ可能です。逮捕が近いというだけで、人身の自由、移動の自由が制限されることはないからです。 もっとも、既に刑事が自宅前に張りついている場合は、「どこに行くのか?」等と聞かれ、事実上、外出を阻止されることがあります。その場合でも、弁護士が刑事に要請すれば、外出を阻止されることはありません(阻止する法律上の根拠がないからです)。

 

一方、既に逮捕状が発付されていれば、いつ逮捕されてもおかしくない状況ですので、弁護士事務所に相談に行くことは容易ではありません。事務所に到着する前に逮捕されたり、到着後に刑事が事務所に来て身柄の引渡しを要請することも考えられます(ウェルネスの代表弁護士は実際にそのような事例を経験しています)。

 

ただ、自分に逮捕状が発付されているかどうかを確実に知ることはできないので、Q3①~③のいずれかにあてはまる場合で、現時点で逮捕されていないのであれば早急に動くべきでしょう。

 

 

【関連ページ】

逮捕後に弁護士に連絡する方法と弁護士費用について

逮捕の相談は弁護士へ

 

【刑事事件の早わかりページ】

 

刑事事件の流れやポイント

弁護活動

逮捕前

弁護士が教える逮捕されるか知る方法

(本ページ)

逮捕阻止の弁護活動

起訴前

逮捕直後の流れ

起訴前の流れ(逮捕・勾留あり)

起訴前の流れ(逮捕・勾留なし)

早期釈放を実現する

不起訴処分を獲得する

否認事件の刑事弁護

起訴後

自白事件の刑事裁判

起訴後の刑事弁護

保釈をとる

 

【取調べを乗り切るために】

取調べ全般

弁護士が教える取調べ対応の極意

取調べのご質問

否認事件の取調べ

黙秘について

取調べで黙秘したらどうなるか

被疑者ノートは逮捕・勾留された被疑者の必須ツール

検察官の取調べ

検察官の取調べ(在宅事件)

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】