• トップ
  • > 起訴前の流れ(逮捕・勾留あり)

起訴前の流れ(逮捕・勾留あり)

このページはウェルネス法律事務所の弁護士 楠 洋一郎が執筆しています。

 

 

逮捕・勾留-3週間で運命が決まる!

逮捕・勾留されたら約3週間以内に、起訴されるか釈放されるかが決まります。

 

なぜ約3週間なのか?

 

逮捕や勾留は一種の人権侵害です。そのため、捜査権力の乱用を防ぐため、法律で厳格にタイムリミットを定めているのです。

 

逮捕のタイムリミットは3日、勾留のタイムリミットは20日です。合計で23約3週間となります。この間に起訴されるか釈放されるかが決まります。いったん起訴されると刑事裁判が始まります。

 

これから、逮捕・勾留の流れをみていきましょう。

 

 

逮捕の流れ

①逮捕と警察

警察は、被疑者を逮捕したら48時間以内に、その被疑者を釈放するか、身柄を検察官に送らなければいけません。

 

48時間以内に釈放 or 検察官に送致

 

②逮捕と検察

検察官は、警察から被疑者の身柄を受け取った場合、24時間以内に、被疑者を釈放するか、裁判官に勾留を請求しなければいけません。

 

24時間以内に釈放 or 勾留請求

 

③逮捕と裁判官

検察官が勾留を請求した場合、裁判官が被疑者と面接をして、証拠隠滅や逃亡のおそれがあるかどうかを検討します。もし、そのようなおそれがあると判断すれば、裁判官は検察官の勾留請求を許可し、被疑者は勾留されることになります。

 

このように、被疑者の身体拘束は<逮捕→勾留>という2段階制になっています。

 

 

勾留の流れ

①最初の勾留

勾留の期間は原則10日です。10日以内に、検察官は、被疑者を釈放するか、起訴しなければいけません。

 

10日以内に釈放 or 起訴刑事裁判の流れ

 

②延長勾留

やむをえない理由があれば、裁判官は、検察官の請求を受けて、勾留期間を最長10日間延長することができます。勾留が延長された場合、検察官は、延長された期間内に被疑者を釈放するか起訴しなければいけません。

 

延長期間内に釈放 or 起訴刑事裁判の流れ

 

 

逮捕・勾留の流れ(イメージ)

東京23区内の警察に逮捕された場合の流れは以下の通りです。

6月1日午前8時

被疑者を逮捕

6月2日午後1時

検察官の取調べを受ける

6月2日午後3時

検察官が勾留請求

6月3日午後1時

裁判官による勾留質問

6月3日午後3時

裁判官による勾留許可決定

↓↓

警察署で取り調べ

6月10日午後1時

検察官の中間調べ

6月11日午前11時

検察官の勾留延長請求

6月11日午後1時

裁判官による勾留延長決定

6月21日

勾留満期→この日までに起訴 or 釈放

 

 

逮捕・勾留まとめ

逮捕されてから起訴されるまでの期間は最長で約3週間です。内訳は、逮捕の3日+勾留の10日+延長勾留の10日です。

 

この3週間で、検察官は、被疑者を釈放するか起訴するかを決めなくてはいけません。この間に、弁護士がすべきことは以下の2つです。

 

早期の釈放を実現する

不起訴処分を獲得する

 

 

【関連ページ】

逮捕後に弁護士に連絡する方法と弁護士費用について

東京の刑事事件に弁護士がスピード対応

【徹底比較】国選弁護人・当番弁護士・私選弁護士の長所と短所

 

刑事事件早わかりページ】

 

刑事事件の流れやポイント

弁護活動

逮捕前

弁護士が教える逮捕されるか知る方法

逮捕阻止の弁護活動

起訴前

逮捕直後の流れ

起訴前の流れ(逮捕・勾留あり)(本ページ)

起訴前の流れ(逮捕・勾留なし)

早期釈放を実現する

不起訴処分を獲得する

否認事件の刑事弁護

起訴後

自白事件の刑事裁判

否認事件の刑事裁判

起訴後の刑事弁護

保釈をとる

 

【取調べを乗り切るために】

取調べ全般

弁護士が教える取調べ対応の極意

取調べのご質問

否認事件の取調べ

黙秘について

取調べで黙秘したらどうなるか

黙秘と親へのプレッシャー

被疑者ノートは逮捕・勾留された被疑者の必須ツール

検察官の取調べ

検察官の取調べ(在宅事件)

 

【ご家族が逮捕された方へ】

面会のしかたがわかります

留置場での面会ガイド

差し入れのしかたがわかります

留置場での差し入れガイド

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】