• トップ
  • > 振り込め詐欺・オレオレ詐欺に強い弁護士

振り込め詐欺・オレオレ詐欺に強い弁護士

☑ 息子が振り込め詐欺で逮捕された

☑ オレオレ詐欺で勾留中だが保釈で出たい

☑ 振り込め詐欺の弁護士費用の相場が知りたい

 

このような方々のために、刑事事件に強い東京の弁護士が特殊詐欺の弁護活動や弁護士費用について解説しました。

 

 

振り込め詐欺とは

振り込め詐欺とは、銀行職員などのふりをして被害者に電話をかけてだまし、詐欺グループが用意した口座にお金を振り込ませるタイプの詐欺です。

 

オレオレ詐欺とは

オレオレ詐欺とは、親族のふりをして被害者に電話し、「すぐにお金が必要になったので助けてほしい。」等と言ってだまし、被害者の自宅に現金やキャッシュカードを取りに行くタイプの詐欺です。

 

特殊詐欺のかけ子・受け子・出し子

振り込め詐欺やオレオレ詐欺のような特殊詐欺は、詐欺グループによって組織的に行われています。詐欺の実働部隊は、主としてかけ子・出し子・受け子の3つに分けられます。

 

 

【かけ子とは】

かけ子とは被害者にだましの電話をかける者です。特殊詐欺の中心的な存在といってもよいでしょう。

 

【受け子とは】

受け子とはオレオレ詐欺のケースで、かけ子に騙された被害者の自宅に行って、被害者から現金やキャッシュカードを受けとる者です。

オレオレ詐欺と受け子-最近の傾向

オレオレ詐欺の受け子が執行猶予を獲得 するための10のポイント

 

【出し子とは】

出し子とは、振り込め詐欺のケースで、かけ子にだまされた被害者がお金を振り込んだ口座から現金を引き出す者です。

 

オレオレ詐欺のケースで、被害者からキャッシュカードを受けとってATMで現金を引き出す場合は、一人で受け子とかけ子の両方の役割を担っていることになります。

 

かけ子と受け子(出し子)は、別々のグループに属しお互い面識がありません。各グループ間の連絡・調整は指示役が行っています。

 

その他に活動拠点を準備する「ハコ屋」、かけ子や受け子をリクルートする「リクルーター」、名簿を用意する「名簿屋」、電話機などを手配する「道具屋」がいます。

特殊詐欺のリクルーター

 

一般的には、詐欺の中心的な役割を果たしているかけ子より、末端の受け子・出し子の方が判決までの期間が短く、判決も軽めになることが多いです。

 

振り込め詐欺・オレオレ詐欺と逮捕

振り込め詐欺やオレオレ詐欺では、いきなり警察に逮捕されることになります。何回か警察に呼び出され、任意の取調べを受けた後に逮捕されるというケースはまずありません。

 

かけ子の場合は「箱」とよばれる活動拠点に警察がふみ込み、その場にいる者をまとめて逮捕します。受け子の場合は、被害者から現金を受けとるタイミングで現行犯逮捕されるか、後日、警察が自宅に来て令状逮捕します。

オレオレ詐欺の受け子が逮捕された後の流れ

 

出し子の場合は口座から現金を引き出そうとした直後にかけつけた警察官に緊急逮捕されるか、受け子と同様に自宅で後日逮捕されるケースが多いです。

 

振り込め詐欺・オレオレ詐欺と報道

振り込め詐欺で逮捕された場合、顔写真つきで実名報道されることが少なくありません。警察が活動拠点に突入して複数のメンバーを一挙に逮捕した場合は、「〇〇ら5名」等とリーダー格の氏名のみ報道されることが多いです。

 

ご家族がテレビ報道で息子が逮捕されたことを知るケースも少なくありません。

振り込め詐欺と報道

刑事事件で顔が報道されないようにするべきたったひとつのこと

 

振り込め詐欺・オレオレ詐欺と接見禁止

振り込め詐欺やオレオレ詐欺のような特殊詐欺で逮捕・勾留されると、裁判官によって接見禁止処分が出されます。接見禁止になると弁護士以外は接見できません。家族であっても例外ではありません。

 

ただ、弁護士が家族に限って接見できるように裁判所に申し立てることによって、接見できるようになることもあります(「接見禁止の一部解除」といいます)。

接見禁止と解除の方法

接見禁止一部解除で家族や恋人に会う方法

 

振り込め詐欺・オレオレ詐欺と再逮捕

かけ子の場合、多数の被害者に対してだましの電話をかけているのが通常です。このようなケースでは、警察は、被害届を受理した被害者1名ごとに1つの事件としてカウントし、事件ごとに逮捕することが多いです。

 

そのため、多数の被害者がいれば、逮捕も複数回される可能性が高くなります。これに対応して、起訴についても、複数回起訴される可能性が高いです(2回目以降の起訴を「追起訴」)といいます。

 

保釈請求は、弁護士が検察官に対し、これ以上再逮捕がないということを確認した後に行うことになります。逮捕から起訴されるまでの期間は約3週間です。再逮捕が続くとこのサイクルが繰り返され、身柄拘束の期間が非常に長くなりますので、弁護士やご家族がひんぱんに接見し本人をサポートします。

 

オレオレ詐欺の受け子が詐欺未遂で現行犯逮捕されたケースでは、逮捕も起訴も一回きりで終わることが多いです。

 

出し子で複数回にわたってATMからお金を引き出していた場合は、かけ子と同様に、再逮捕・追起訴される可能性が高いです。

再逮捕とは?再逮捕されやすい4つの犯罪と2つのタイミング

追起訴とは?追起訴されやすい4つの犯罪や裁判の流れについて

 

振り込め詐欺・オレオレ詐欺と保釈

受け子・出し子や末端のかけ子で以下の条件を満たしている場合は初公判前に保釈される余地が十分にあります。

①起訴前から容疑を認め複数の自白調書が作成されている

②起訴された事件の被害者と示談が成立している

 

捜査段階で黙秘をしている場合は、裁判において被告人質問が実施された後に保釈が認められるケースが多いです。時期の違いはありますが、最終的にはほとんどのケースで保釈が認められます。ウェルネスの弁護士が手がけた特殊詐欺事件では、本人が逮捕前に偽名でホテルを転々としていたケースを除き、全て保釈が認められています。

保釈に強い弁護士

オレオレ詐欺と保釈

 

振り込め詐欺・オレオレ詐欺と弁護士の選び方

振り込め詐欺やオレオレ詐欺で逮捕された後は、捜査本部が設置された警察署かその近くの警察署に留置されます。捜査本部は、最初に被害届を受理した警察署になることが多いです。被疑者の自宅や活動拠点近くの警察署に留置されるわけではありません。

 

国選弁護人を選任する場合、留置先と同じ都道府県の弁護士が選任されます。私選弁護士を選任する場合はこのような縛りはありませんが、留置先の警察署からあまり遠すぎないところに事務所がある弁護士を選ぶべきです。

 

例えば、大阪在住の方が東京の警察署に逮捕された場合は、東京の弁護士を選んだ方がよいです。大阪の弁護士を選任すると、ひんぱんに東京の警察署に接見に行くことが難しいですし、弁護士費用も高くなってしまいます。

逮捕後に弁護士に連絡する方法と弁護士費用について

 

振り込め詐欺・オレオレ詐欺と詐欺グループの弁護士

振り込め詐欺やオレオレ詐欺で逮捕された後、詐欺グループが手配した弁護士が弁護を担当することがあります。この場合、弁護士費用を負担するのは詐欺グループであり、本人や家族が負担するわけではありません。

 

もっとも、今後詐欺グループと完全に縁を切るためには、グループが雇った弁護士に弁護を委ねてしまって本当に良いのかを考えることが必要です。

振り込め詐欺と詐欺グループの弁護士

 

振り込め詐欺・オレオレ詐欺の弁護方針

 1.弁護士と協議した上で黙秘権を行使する

振り込め詐欺やオレオレ詐欺のような特殊詐欺は、年々、手口が巧妙化し、暴力団の資金源になるなど深刻な社会問題になっています。

 

「特殊詐欺をしても割に合わない」ということを知らしめるため、検察官は、振り込め詐欺やオレオレ詐欺の加害者に対して非常に厳しい態度で臨んでいます。

 

そのため、特殊詐欺で逮捕されると、原則として起訴されることになります。他の犯罪と異なり、被害者と示談したからといって不起訴になることはありません。

 

例外的に不起訴になるケースとしては、オレオレ詐欺や振り込め詐欺の十分な証拠がないときです。この場合は、検察官が起訴しても有罪判決を得ることが難しいため嫌疑不十分で不起訴になります。

不起訴とは?起訴猶予など処分の種類や無罪との関係について

 

ここでいう「証拠」には被疑者自身の供述調書も含まれます。したがって、黙秘権を行使することにより、不利な供述調書をとらせないようにすることが重要です。

黙秘について

否認事件の刑事弁護

 

2.被害者と示談する

振り込め詐欺やオレオレ詐欺の刑事裁判では、量刑を決める上で示談の有無や被害弁償の金額が重要なポイントになります。

 

かけ子の場合は、起訴された事件の被害者が多数にのぼり、全ての被害者と示談することが経済的に難しいときがあります。そのような場合は、他の共犯者と共同で示談をすることもあります。

 

受け子で詐欺未遂で起訴された場合、詐欺に気づいていた被害者には損害が発生しておらず、示談する必要はないとも考えられますが、たとえ金銭的な被害が発生していなくても、怖い思いをさせたり、警察で事情聴取を受けたりする等の余計な手間をかけさせているため、示談をした方がよいです。

 

出し子の場合、ATM内のお金に対する銀行の占有を侵害したとして窃盗罪が成立しますが、実質的な被害者は詐欺の被害者ですので、銀行ではなく詐欺の被害者と示談することになります。

振り込め詐欺・オレオレ詐欺の示談書-書式あり

 

その他の弁護活動

① 生活環境を整える

詐欺グループに入る方は、仕事がなかったり借金がある等の理由で、金銭的に困っていることが少なくありません。執行猶予を狙える場合は保釈中から仕事を始めてもらい、経済的に自立してもらいます。

 

借金問題を抱えている場合は、弁護士に依頼して自己破産をすることもあります。

 

ウェルネスの弁護士は自己破産にも精通していますので、刑事弁護と自己破産を並行して行うことも可能です。自己破産の申立てをすることにより、裁判所の免責審尋に出席する必要があることから保釈の可能性も上がります。また、破産開始決定書や免責許可決定書を環境改善の証拠として裁判所に提出します。

自己破産の相談サイト(ウェルネスの自己破産に関するウェブサイトです)

 

② 詐欺グループと決別する

詐欺グループから決別するために、携帯電話の番号を変更してもらいます。番号変更の書類を証拠として裁判所に提出します。

 

③ 家族に協力してもらう

裁判には家族に情状証人として出廷してもらい、裁判官の前で本人をどのように監督するのかを話してもらいます。

 ⇒情状証人とは?尋問の流れや本番で役に立つ4つのポイントを紹介

 

振り込め詐欺・オレオレ詐欺と弁護士費用

振込詐欺・オレオレ詐欺の弁護士費用の相場は、再逮捕や追起訴がなく容疑を認めているケースで120万円~200万円超です(税別)。特殊詐欺の事件では、原則として逮捕・勾留・起訴され、フルスペックの弁護活動が必要になることから弁護士費用も万引きなどの単純な事案に比べて高くなります。

 

ウェルネスの特殊詐欺の弁護士費用は、上記のケースで99万円です(税別)。

刑事事件の弁護士費用が安い法律事務所

 

このページは弁護士 楠 洋一郎が執筆しました。

 

【振り込め詐欺・オレオレ詐欺のページ】 

振り込め詐欺・オレオレ詐欺のページ

振り込め詐欺・オレオレ詐欺に強い弁護士

オレオレ詐欺と受け子-最近の傾向

遠隔地のオレオレ詐欺

特殊詐欺のリクルータ

オレオレ詐欺と保釈

オレオレ詐欺と弁護士の証拠意見

オレオレ詐欺の受け子が執行猶予を獲得するための10のポイン

振り込め詐欺と報

振り込め詐欺の控訴弁護

振り込め詐欺と少年事件

振り込め詐欺・オレオレ詐欺の解決事例

振り込め詐欺・オレオレ詐欺の解決事例2

振り込め詐欺のご質問

振り込め詐欺のご質問2

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】