• トップ
  • > 刑事事件の裁判で被告人や家族が目立たないようにする方法

刑事事件の裁判で被告人や家族が目立たないようにする方法

このページは弁護士 楠 洋一郎が執筆しています。

 

 

傍聴人が多い刑事裁判

芸能人や政治家など有名人の裁判については、犯罪の種類にかかわらず、多数の傍聴人がつめかけます。一般の方の裁判についても、大々的に報道された事件については、傍聴席がいっぱいになることが多いです。

 

では被告人が一般の方でマスコミに大々的に報道されていないケースでは、どのような刑事事件の裁判に傍聴人が多く集まるのでしょうか?

 

裁判所は、当日の裁判予定を一般に公開しています。東京地方裁判所では、1階のロビーに設置されたモニターをみれば、裁判の開始時刻や法廷番号、犯罪名、被告人の氏名を確認することができます。裁判を傍聴しようとする人は、犯罪名を基準にして、傍聴するかどうかを決めます。

 

一般論として、傍聴人が多く集まりやすいのは性犯罪の裁判です。逆に窃盗や覚せい剤の裁判は傍聴人に人気がありません。筆者の印象としては、最も傍聴人が集まりやすいのは、強制わいせつ罪の裁判です。犯罪名からして、性犯罪ということが一目瞭然で、好奇心を刺激しやすいためだと思われます。

 

準強制わいせつや強制わいせつ致傷なども同様に考えることができます。強制性交等罪の裁判も、「性交」という言葉から性犯罪であることがわかるので、多くの傍聴人が集まります。

 

痴漢や盗撮は、罪名は迷惑防止条例違反になりますが、筆者の印象としては、強制わいせつ罪や強制性交等罪よりは、傍聴人が少ないことが多いです。

 

「迷惑防止条例違反」という名称を見ただけで、すぐに性犯罪を連想できるわけではなく、<何の犯罪かわからない→見るのはやめておこう>と考える方が少なからずいると思われます。

 

*上記の内容は筆者が約10年間にわたり、東京地裁で多数の刑事裁判を経験した際の印象に基づき述べています。正確な統計データが存在するわけではありません。

 

*東京地裁以外でも大阪地裁など大規模な裁判所では、ほぼ同様の傾向だと思われます。ただ、それ以外の中小規模の裁判所では、犯罪の種類を問わず傍聴人がほとんどいないこともあると思われます。

 

傍聴人の多い裁判で被告人や家族が目立たないようにするための3つの方法

在宅起訴された被告人や保釈された被告人、その家族が、公判当日になるべく目立たないようにする方法として、次の3つが挙げられます

 

(1)法廷近くの待合室で待たない

裁判が始まる前に、被告人やご家族が弁護士と待ち合わせをする必要があります。「待ち合わせ」ということだけを考えると、審理が行われる法廷のすぐ近くの待合室で落ちあうのが便利です。

 

ただ、傍聴人が多い刑事裁判では、法廷近くの待合室で待っていると、人目にさらされ落ち着かないことがあるかもしれません。審理が行われる法廷とある程度離れた待合室で弁護士と合流すると、人目にさらされずにすみます。

 

東京地裁では、中央の大きな通路を挟んで左右対称の間取りになっていますので、通路を挟んで反対側の待合室で弁護士と落ちあうとよいでしょう。

 

(2)審理が始まる直前に法廷に入る

被告人は、法廷に入ると検察官と向かい合う形で法廷の脇におかれた長椅子に着席します。傍聴人から見ると、斜め前の位置に被告人が座っていることになります。いったん着席すると、裁判官が入廷する前は、ひたすらその位置でじっとしていなければいけません。

 

いったん裁判が始まれば、傍聴人の視線は裁判官をはじめ、公判活動をしている検察官や弁護士にも向けられますが、裁判が始まる前は、被告人に視線が集中します。

 

そのため、傍聴人にじろじろ見られたくなければ、決められた開廷時刻ぎりぎりまで待合室で待機し、審理が始まる直前に弁護士と一緒に法廷に入るとよいでしょう。

 

(3)審理の終了後はエスカレーターを使用しない

審理が終了した後は、被告人やご家族が、裁判所のエレベーターを使って1階に降りると、エレベーターを待っている間やエレベーターの中で、ひととおり裁判を見学した傍聴人からじろじろ見られることがあります。

 

そのような事態を避けるため、あらかじめ弁護士が非常階段の位置を確認しておき、審理が終了した後は、エレベーターを使用せず、非常階段から1階に下りるとよいでしょう。

  

 

ウェルネスの弁護士は、傍聴人が多くなると予想される刑事裁判では、これら3つの取組みを行っています。

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】