刑事事件と会社対応

このページはウェルネス法律事務所の弁護士 楠 洋一郎が執筆しています。

 

 

職場復帰を可能とするために

逮捕・勾留されている人にとって、最も切実な問題は、このまま職場に復帰できないのではないかということでしょう。逮捕されても速やかに釈放されれば、それだけ職場復帰の可能性が高まります。

早期釈放を実現する

 

早期の釈放を実現する-これが職場復帰への一番の近道です。現在の状況を勤務先に報告するか否かについては、捜査の進捗状況、身体拘束の期間、勤務先の状況などに照らして慎重に検討することになるでしょう。弁護士は守秘義務を負っているので、ご本人の意向を最大限尊重した対応が可能です。

 

現在の状況を勤務先に報告する場合、ウェルネス法律事務所では通常の刑事弁護活動と並行して、復職へ向けた勤務先との交渉も行っております 。

 

労働者保護の観点から使用者は労働者を簡単には解雇できません(解雇が客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、無効となります)。勤務先に直接的に損害を与えている場合(例:業務上横領罪)、復職は困難なことが多いですが、業務と関連性がない犯罪の場合(例:飲食店でお酒に酔って居合わせた客を殴ったケース)、重大事案でなければ、復職の見込みは十分にあります。

 

仮に、解雇されたとしても、事情によっては労働審判、民事訴訟等で解雇の有効性を争うこともできますし、解雇の有効性を争うなかで金銭的解決の道を探ることもできます(労働審判、訴訟を利用する場合は別途料金が発生します)。

 

ウェルネスの代表弁護士は、法テラスに在籍中、労働事件も数多く取り扱ってきました。刑事弁護という観点だけではなく、会社との交渉案件、労働案件という観点からも、ご本人を総合的にバックアップしていきます。

 

 

【刑事事件早わかりページ】

 

刑事事件の流れやポイント

弁護活動

逮捕前

弁護士が教える逮捕されるか知る方法

逮捕阻止の弁護活動

起訴前

逮捕直後の流れ

起訴前の流れ(逮捕・勾留あり)

起訴前の流れ(逮捕・勾留なし)

早期釈放を実現する

不起訴処分を獲得する

否認事件の刑事弁護

起訴後

自白事件の刑事裁判

否認事件の刑事裁判

起訴後の刑事弁護

保釈をとる

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】