痴漢の弁護活動-覚えていないケース

【最終更新日…2018年8月21日】

このページはウェルネス法律事務所の弁護士 楠 洋一郎が執筆しています。

 

 

痴漢したかどうか覚えていない場合どうなるのか?

☑ 痴漢で逮捕されたが泥酔しており触った記憶がない

☑ 覚えていないが痴漢していたのであれば被害者に謝りたい

☑ 記憶にないが痴漢冤罪で前科がつくことは何としてもさけたい

 

深夜に起きた痴漢事件では、ほとんどの方がお酒に酔った状態で捕まっています。なかには泥酔しており、状況を全く覚えていない方もいます。痴漢したかどうか全く記憶にない場合、どうすればよいのでしょうか?

 

痴漢であれ他の犯罪であれ、被疑者が「自分は無罪である」ということを証明する必要はありません。刑事事件の裁判では、立証責任は検察官にあります。そのため、検察官が被告人が有罪であることを証明できなければ無罪となります。これを「疑わしきは被告人の利益に」の原則といいます。

 

したがって、痴漢したかどうか覚えておらず、自分が無罪であることを積極的に立証できなかったとしても、それだけで有罪になるわけではありません。

  

痴漢したことを覚えていないというだけで無罪になるのか?

このように、本人が無罪を証明する責任はありませんが、無罪を獲得するためには、検察官の主張に対して、効果的に反論することが必要となります。そのためには、電車の中での自分と被害者(と称する人物)との位置関係や、接触状況、前後の言動などをある程度は覚えている必要があるでしょう。

 

これらの状況について全く覚えていなければ、検察官の主張に対して効果的に反論することが難しくなります。単に覚えていないと主張するだけでは、無罪を獲得することは難しいでしょう。 

 

結局どうすればよいのか?

結論としては、容疑を認めて示談で解決するのが無難といえるでしょう。

 

もっとも、捕まった直後に被害者(と称する人物)や第三者に、「示談金を払えば警察に通報しない」等と言われた場合は、示談金狙いの自作自演の可能性もありますので慎重に対応するべきです。

 

また、女性の方も酒に酔っており、痴漢されたという発言に信用性が認められないケースもあります。最終的には、捕まった直後の女性とのやりとりや警察の対応状況を総合的に分析して方針を決めることになります。

 

刑事事件の経験豊富な弁護士に相談するとよいでしょう。

 

【痴漢事件のページ】

痴漢で逮捕された時に弁護士ができることや選び方、費用について

弁護士選びのポイントや費用の相場がわかります。

痴漢

痴漢の罪名や刑罰、手続の流れ、不起訴になる方法がわかります。

痴漢の弁護活動-覚えていないケース(本ページ)

痴漢したかどうか覚えていないときにどうすべきか解説しています。

痴漢の弁護活動-否認していたが途中から認めるケース

初めは痴漢していないと言っていたが、後に認めることにしたケースについて解説しています。

痴漢で自首したときの流れと逮捕の可能性

自首後の状況について被害申告があるケースとないケースに分けて説明しています。

【決定版】弁護士が教える痴漢冤罪を切り抜けるための極意

痴漢冤罪のケースでするべきこと、してはいけないことがわかります。

痴漢の解決事例

ウェルネスで取り扱った痴漢事件の一部を紹介しています。

痴漢のご質問

弁護士による痴漢事件のQ&A

痴漢のご質問2

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】