逮捕・勾留のご質問

 Q1:逮捕と勾留は何が違うのですか?

身体の拘束という点では同じですが、逮捕は最長3日間、勾留は最長20日間(一部の犯罪は25日間)という点で異なります。

  

 

Q2:逮捕と勾留の関係を教えてください。

逮捕せずにいきなり勾留することはできません。常に逮捕→勾留という順番になります。これを「逮捕前置主義」といいます。

  

 

Q3:逮捕されると常に勾留されるのですか?

いいえ。勾留されるのは、検察官が裁判官に対して、被疑者を勾留するよう求め、裁判官がこれを認めた場合のみです。

 

  

Q4:どのようなときに検察官は勾留を求めるのですか?

検察官が、「この被疑者は逃げたり証拠を隠滅するおそれがある。」と考えた場合です。

 

  

Q5:現在、強制わいせつ罪で警察の取調べを受けています。逮捕はされていません。逮捕されるかどうか警察に聞くと教えてもらえますか?

通常教えてはくれません。警察が被疑者を逮捕しようとするのは、逃亡や証拠隠滅を防止するためです。「これから逮捕します」と教えてしまうと、逆に逃亡や証拠隠滅を促すことになってしまいます。

  

もっとも、逮捕の可能性が全くない場合は、「逮捕はしません」等と教えてくれることがあります。また、既に逮捕状を取得している等、逮捕が差し迫っているときは、弁護士との会話の中で、逮捕が近いことをそれとなくほのめかす刑事もいます。

  

 

Q6-1:家族と突然連絡がとれなくなった場合に逮捕されたかどうか確認する方法はありますか?

警察に捜索願を出してみてください。もしどこかの警察署に逮捕されているのであれば、捜索願は受理されず、どこの警察署に逮捕されているのかを教えてくれます。

  

 

Q6-2:その場合、どのような容疑で逮捕されたのかも教えてもらえるのでしょうか?

犯罪の名前は教えてくれるかもしれませんが、詳しい内容までは教えてくれません。

  

 

Q7-1:昨日、息子が痴漢で逮捕されました。新宿警察署に留置されています。今日、警察署に確認したところ、「明日、検察庁に連れて行きます。」と言われました。息子は今どのような状況でしょうか?

 明日、検察官が息子さんの勾留を請求するかどうかを決めます。

  

 

Q7-2:どういうことですか?

警察(司法警察員)は、被疑者を逮捕した後、すぐに釈放するか、48時間以内に、検察官に身柄を引き渡さなければなりません。引渡しを受けた検察官は、24時間以内に被疑者の勾留を請求するか釈放しなければなりません。

  

息子さんが検察庁に連れて行かれるのは、検察官が勾留を請求するか釈放するかを判断するためです。

 

 

Q7-3:この状況で息子を釈放させることができますか?

弁護士が検察官に対して、息子さんを釈放すべき旨の意見書やご両親の身元引受書を提出し、釈放を申し入れます。検察官に逃亡や証拠隠滅のおそれが低いと評価されれば、その日のうちに釈放されます。

  

 

Q8-1:2日前に夫が盗撮で逮捕されました。まだ釈放されていません。今日、夫がいる渋谷警察署に電話したところ、「明日、裁判所に連れて行く。」と言われました。夫は今どのような状況でしょうか?

本日、検察官がご主人の勾留を請求し、明日、裁判官が実際に勾留するか否かを判断することになります。

 

 

Q8-2:もう少し詳しく説明してもらえますか?

検察官が被疑者の勾留を請求すると、それについて判断するため、裁判官が被疑者に弁解の機会を与えます(「勾留質問」といいます)。息子さんが裁判所に連れて行かれるのはこの勾留質問を受けるためです。

 

 

Q8-3:この状況で夫を釈放させることはできますか?

弁護士が裁判官に対して、検察官の勾留請求を却下するよう求める意見書を提出し、息子さんの釈放を申し入れます。逃げたり証拠を隠滅するおそれが低いと裁判官に評価されれば、その日のうちに釈放されます。

  

 

Q9:弟が勾留されています。弟は持病があり薬が欠かせないのですが、逮捕・勾留中は薬も服用することができないのでしょうか?薬が必要な状況であれば服用することができます。

(解説)

あなたが直接薬を差し入れてお兄さんに服用してもらうことはできません。もっとも、薬が必要な状況であれば、本人が留置係官に事情を説明すれば、病院に連れて行ってもらい、医師に薬を出してもらうことは可能です。

 

もし、留置係官が対応してくれない場合は、弁護士が留置係官や担当検察官に事情を説明し、お兄さんが薬を飲めるように手配します。

 

 

Q10:現在、詐欺容疑で警察の取調べを受けています。逮捕はされていません。自宅マンションのインターホンに録画機能がついているのですが、先日私の不在中に、制服を着た警察官がインターホンを押している画像が残っていました。警察官は1人で周りに誰もいませんでした。私を逮捕しに来たのでしょうか?非常に不安です。

被疑者を逮捕するために、制服警察官が1人で被疑者の自宅を訪問するとは考え難いです。通常は、少なくとも3~4人の私服警察官がワンボックスカーに乗ってやってきます。捜索差押の場合も、制服警察官が1人で自宅を訪問するということはありません。今回のケースは、単なる見間違いか、地域の巡回活動等、事件とは関係がない可能性が非常に高いと思われます。

 

 

【関連ページ】

逮捕 弁護士を呼ぶ

東京の刑事事件に弁護士がスピード対応

 

【刑事事件早わかりページ】

 

刑事事件の流れやポイント

弁護活動

逮捕前

弁護士が教える逮捕されるか知る方法

逮捕阻止の弁護活動

起訴前

逮捕直後の流れ

起訴前の流れ(逮捕・勾留あり)

起訴前の流れ(逮捕・勾留なし)

早期釈放を実現する

不起訴処分を獲得する

否認事件の刑事弁護

起訴後

自白事件の刑事裁判

否認事件の刑事裁判

起訴後の刑事弁護

保釈をとる

 

【取調べを乗り切るために】

取調べ全般

弁護士が教える取調べ対応の極意

取調べのご質問

否認事件の取調べ

黙秘について

取調べで黙秘したらどうなるか

被疑者ノートは逮捕・勾留された被疑者の必須ツール

検察官の取調べ

検察官の取調べ(在宅事件)

 

【ご家族が逮捕された方へ】

面会のしかたがわかります

留置場での面会ガイド

差し入れのしかたがわかります

留置場での差し入れガイド

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】