脅迫の解決事例

脅迫(暴力行為等処罰法違反)の解決事例

事案の概要

ご本人(30代男性・派遣社員)が路上を歩いていたところ、自転車に乗った被害者に追突されそうになったことからトラブルになりました。ご本人は、持っていたカミソリを被害者に向けて、刺すことを連想する発言をしてしまいました。ご本人はそのまま立ち去りましたが、数日後に現場近くを通りがかったところ、警察官にとり囲まれ、近くの警察署に連行され、暴力行為等処罰法違反で取調べを受けました。

 

弁護活動

ご本人が凶器を示して脅迫したことに争いはなかったので、弁護士を通じて、被害者にお詫びをし、示談する方針で対応することになりました。

 

被害者は非常にお忙しい方でしたので、弁護士が電話やメールで示談交渉をしました。示談の話がまとまった後に、弁護士が被害者と面談し、示談金をお支払いするとともに、示談書へサインしていただきました。

 

示談成立後、ご本人は速やかに不起訴処分となりました。

 

弁護士のコメント

被害者に凶器を示して脅迫すると、通常の脅迫罪(最高刑は懲役年)よりも重い暴力行為等処罰法違反(最高刑は懲役年)が成立します。どちらの犯罪であれ、初犯の方であれば、示談が成立することにより、不起訴になる可能性が高いです。

 

ご本人の直筆メッセージ

 

 

【関連ページ】

脅迫

脅迫のご質問

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】