東京拘置所への移送

 

東京拘置所への移送はいつ?

起訴されてから約3週間後に東京拘置所に移送されます。起訴前に拘置所に移送されることはありません。また、起訴直後に移送されることもありません。

 

余罪で再逮捕追起訴の可能性があれば、その可能性がなくなるまでは、東京拘置所に移送されることはありません。多数の余罪がある場合は、判決までずっと警察署に留置されるケースもあります。

 

なお、控訴した被告人が東京拘置所に移送されるのは、控訴してから約1か月後となります。

 

 

東京拘置所への移送当日の流れ

東京拘置所に移送される際は、警察署から拘置所に直行するわけではありません。通常は、留置先の警察署からまず東京地方検察庁に連行されます。

 

集中護送のバスが各警察署で被告人を乗せていき、午前10時30分頃に東京地検に到着します。バスの中には、逮捕後初めて検察庁に連行される被疑者や中間調べで連行される被疑者もいます。バスを降りると、大型エレベーターで東京地検A棟の地下2階に移動します。拘置所に移送される被告人は、専用の部屋で待機します。

 

その後、すぐにまたバスに乗せられ、午前11時頃に東京拘置所に向けて出発します。昼食は東京地検で待機中に出されます。そのため、午前10時台に昼食を食べることになります。

 

移送当日は午後遅くからしか、東京拘置所で面会できませんのでご注意ください。

 

 

東京拘置所への移送-家族はどうやって知る?

被告人は前日に「明日、東京拘置所に移送します」と言われることが多いです。それより前に「○月○日に移送します」と通知があるわけではありません。弁護士や家族にも連絡はありません。

 

ただ、移送の日が近づいてくると、留置係官が被告人に対して、「荷物をまとめておくように」等と指示をするので、なんとなく移送が近いということはわかります。「そろそろ移送だよ」と教えてくれる親切な係官もいます。

 

ご本人が東京拘置所に移送された当日に、東京地検の職員から担当弁護士に「本日移送しました」と連絡が入ります。そのため、被告人のご家族は、弁護士からの連絡により移送の事実を知ることが多いです。

 

なお、控訴した被告人が東京拘置所に移送された場合は、東京高等検察庁の職員から移送の連絡が入ります。

 

 

東京拘置所への移送と保釈

東京拘置所に移送された時点で、再逮捕追起訴の可能性はほとんどなくなるので、保釈請求をしてもよいタイミングです。

 

保釈請求する際、被告人には逃亡や証拠隠滅をしない旨の誓約書に署名・指印してもらいます。弁護士が事前に誓約書を留置施設に差し入れて、ご本人に署名・指印してもらいます。

 

警察署の留置場では、接見の際に弁護士が誓約書を差し入れ、ご本人に署名・指印してもらい、直ちに宅下げを受けることができますが、東京拘置所では差し入れと宅下げにそれぞれ1日、2日かかってしまいます。

 

移送後速やかに保釈請求するためには、移送前の時点で、誓約書に署名・指印をしてもらうことが必要です。

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】