否認・黙秘とポリグラフ検査

このページはウェルネス法律事務所の弁護士 楠 洋一郎が執筆しています。

 

 

ポリグラフ検査とは

ポリグラフ検査とは、被疑者の血圧・脈拍・皮膚電気反射などを計測しながら、被疑者に様々な質問をし、その回答に伴う生理的反応を分析することによって、回答の真偽を判断する検査です。いわゆる「うそ発見器」と呼ばれるものです。

 

 

ポリグラフ検査と証拠能力

ポリグラフ検査の結果は、裁判の証拠になるのでしょうか?

 

ポリグラフ検査は、被疑者の生理的な反応を分析することが必要であり、被疑者の精神状態や検査実施者の技術や経験によっても結果が変わりうることから、証拠能力については慎重に判断する必要があります。

 

最高裁判所の判例では、ポリグラフ検査の結果を記載した書面について、次の3つの要件を満たした場合は裁判の証拠にできると判断しています。

 

①ポリグラフ検査をする者に技術と経験があること

②検査器具の性能に問題がないこと

③検査結果を忠実に記載したものであること

 

 

ポリグラフ検査を求める理由

被疑者が否認や黙秘をしている場合、警察がポリグラフ検査を受けるように求めることが少なくありません。

 

警察がポリグラフ検査を求めてくるのは、客観的な証拠がなく、犯罪立証のための決め手がない場合がほとんどです。もし、防犯カメラ映像等の客観的な証拠があれば、あえてポリグラフ検査のような信頼性に疑問がある検査を実施する必要がないからです。

 

 

ポリグラフ検査に応じる必要はない

警察からポリグラフ検査を受けるように求められた場合、それに従う義務はありません。

 

もともとポリグラフ検査は信頼性について疑問がある上、警察署で被疑者としての立場で検査を受けること自体、本人に極度の緊張を強いるものであり、そのような状況で得られたデータに信頼性が認められるか大いに疑問です。

 

したがって、ポリグラフ検査を求められた場合、原則として断るべきです。

 

検査を断ったからといって、令状が発付され、台に縛り付けられて強制的に検査を受けさせられる可能性は非常に低いです。ポリグラフ検査は、「本人の生理的な反応を観察する」という性質上、強制処分になじまないからです。

 

 

【取調べを乗り切るために】

取調べ全般

弁護士が教える取調べ対応の極意

取調べのご質問

否認事件の取調べ

否認事件の刑事弁護

黙秘について

取調べで黙秘したらどうなるか

黙秘と親へのプレッシャー

否認・黙秘とポリグラフ検査(本ページ)

被疑者ノートは逮捕・勾留された被疑者の必須ツール

検察官の取調べ

検察官の取調べ(在宅事件)  

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】