黙秘と親へのプレッシャー

このページはウェルネス法律事務所の弁護士 楠 洋一郎が執筆しています。

 

 

黙秘と親へのプレッシャー:警察から電話がかかってくる

ご本人が刑事事件の容疑を否認している場合、取調べでは黙秘するのが基本です(否認事件の刑事弁護ただ逮捕・勾留されているご本人が黙秘を続けていると、警察からご本人の親に電話がかかってくることがよくあります。

 

取調べで黙秘することは捜査機関が最も嫌がることです。取調官は、まずは本人に対して繰り返し黙秘をやめるよう説得しますが取調べでで黙秘したらどうなるか)、それでも本人が黙秘を続けていると、今度は、本人の親を使って黙秘をやめさせようとします。そのために取調官は、親に電話をかけてくるのです。

 

もっとも、「あなたの息子が取調べで黙秘していて困っている。あなたの方から黙秘しないように言ってくれ。」等とストレートなことは言いません。取調官も、黙秘権が憲法で保障されている権利であり、そのような発言に問題があることを知っているからです。

 

実際には以下のように脅しを交えて、婉曲的に言ってくるケースが多いです。

「早く息子さんを留置場から出したいですよね?」        

「今度、息子さんに面会した際、私に覚えていることは全て話すように言ってもらえませんか。」

「このままではあと何件逮捕するかわからない。」

 

黙秘と親へのプレッシャー:電話への対応方法

電話を受けた親としては、ある日突然、取調官から電話がかかってきてこのようなことを言われても、発言の趣旨がよくわからず、非常に不安になってしまいます。その不安を抱えたままで、本人と面会し電話の内容を伝えると、本人も「このままでいいのか」と不安になってしまいます。そうなると、捜査機関の思う壺です。

 

弁護士と本人が黙秘をするという方針で臨んでいる以上、取調官からの一本の電話でその方針を撤回することは考えられません。まずはそのような電話があったことを弁護士に相談してください。

 

【取調べを乗り切るために】

取調べ全般

弁護士が教える取調べ対応の極意

検察官の取調べ(在宅事件) 

取調べのご質問

否認事件の取調べ

否認事件の刑事弁護

黙秘について

取調べで黙秘したらどうなるか

黙秘しているときに取調官と雑談してはいけない理由

黙秘と取調べ状況報告書

黙秘と親へのプレッシャー(本ページ)

否認・黙秘とポリグラフ検査

被疑者ノートは逮捕・勾留された被疑者の必須ツール

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】