弁護士費用(逮捕・勾留されている否認事件)

①ご本人が逮捕・勾留されていて、②無罪を主張する場合の弁護士費用です。

 

逮捕直後などでご本人が無罪を主張しているかどうかわからない場合は、まず弁護士が初回接見を行い、ご本人の意思を確認することになります。

 

 

起訴前の弁護士費用

*税別の金額です。

着手金

48万円

報酬金

釈放されたとき

30万円

 

原則として、上記以外に別途追加料金を請求することはありません交通費等の実費、日当も全て着手金に含まれています(示談金はご依頼者の負担となります)。

 

②起訴されなかった場合、弁護活動は終了となります。以後、弁護士費用が新たに発生することはありません。

 

 

起訴後の弁護士費用

*税別の金額です。

着手金

48万円(起訴前からご依頼されている場合は36万円)

報酬金

判決日よりも前に釈放されたとき(保釈など)

30万円

判決の内容

無罪判決

60万円

罰金刑

40万円

執行猶予付きの判決

40万円

実刑判決(検察官の求刑を下回る場合)

40万円

 

原則として、上記以外に別途追加料金を請求することはありません交通費等の実費、日当も全て着手金に含まれています(示談金はご依頼者の負担となります)。

 

 

モデルケース:ちかん(迷惑防止条例違反)の弁護士費用

事件の経過

・ご本人がちかんの容疑で逮捕・勾留される

・検察官による勾留請求→請求が却下される→釈放される

・その後、起訴される

・裁判で無実判決を獲得

 

弁護活動の概要

勾留請求に際し、裁判官に対して勾留を不相当とする旨の意見書を提出+裁判官と面接→勾留請求が却下される→釈放される

・公判活動(被告人質問、被害者・目撃者の反対尋問など)及びその準備(尋問のリハーサル、各種証拠資料の作成など)

・接見の回数…2回

・裁判所に出廷した回数…6回

 

弁護士費用

活動の時期

費用の種類

金額

備考

起訴前

着手金

48万円

 

報酬金(勾留請求が却下される→釈放)

30万円

釈放されているので報酬金が発生します。

実費

0円

別途、実費を請求することはありません。

日当

0円

何回接見に行っても日当は発生しません。

起訴後

着手金

36万円

起訴前からご依頼されているので10万円減額されます。

報酬金(無罪判決)

60万円

無罪判決のため報酬金が発生します。

実費

0円

別途、実費を請求することはありません。

日当

0円

何回裁判所に出廷しても日当は発生しません。

合計額

174万円

*税別の金額です。

 

 

刑事事件の弁護士費用【一般】

(1)逮捕・勾留されていない刑事事件

弁護士費用(逮捕・勾留されていない事件)

 

(2)逮捕・勾留されている刑事事件

①罪を認めている場合⇒弁護士費用(逮捕・勾留されている自白事件)

②無罪を主張する場合⇒本ページ

 

(3)痴漢・盗撮・暴行事件

痴漢・盗撮・暴行の弁護士費用

 

 

【関連ページ】

刑事事件の弁護士費用

弁護士費用のご質問

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】