スピード違反の解決事例

スピード違反の解決事例

事案の概要

ご本人(30代男性・会社員)が首都高速(最高速度60キロ区間)において、140キロ超のスピードを出し検挙された事件。

 

 

弁護活動

ご本人は証券外務員の資格をお持ちで、会社員として、その資格がないとできない専門的な仕事をしていました。証券外務員が禁錮以上の判決を受けたときは、たとえ執行猶予が付いた場合でも、登録を取り消されることがあります。もしそのようなことになれば、会社を解雇されてもやむを得ない状況でした。

 

ご本人は、当初、罰金で済むと軽く考えていましたが、裁判所から起訴状が自宅に届いた後、ことの重大性に愕然として、ウェルネスにご依頼されました。

 

受任後、まずご本人に反省文を書いてもらいました。ご家族には今後の監督プランを書面にまとめてもらいました。

 

また、ご本人は、交通遺児育英会に100万円の贖罪寄付を行いました。

 

さらに、忙しい仕事の合間をぬって、ご家族と一緒に、東北地方に震災復興のボランティアに行ったり、外国人を対象とした日本語学習のボランティアに従事し、活動内容を報告書にまとめました。

 

裁判では、ご本人の口から、スピード違反当日の状況やご本人がどれだけ現在の仕事に思い入れをもっているか、懲役刑となれば会社を解雇される可能性が高いこと等を裁判官に語ってもらいました。

 

このような活動の結果、罰金10万円の判決となり登録取消しを回避することができました。

 

 

弁護士のコメント

ご本人の活動だけではなく、ご家族の必死な姿勢が裁判官に評価され、懲役刑を回避することができました。

 

ご本人の直筆メッセージ

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】