累犯

 

累犯とは

累犯とは、前科がある方が再び罪を犯したケースのうち、次の3つの要件に該当する場合のことをいいます。

 

(要件)

①前科が懲役刑の実刑判決であること

②懲役刑の執行を終わった日から5年以内に新たに罪を犯したこと

③新たな罪の判決が有期の懲役刑になること

 

②の「懲役刑の執行を終わった日」とは懲役刑の刑期が満了した日をいいます。

 

*厳密にいうと他にも累犯にあたるケースがありますが、非常にマイナーな類型でほとんどの方には関係ないと思われますので、本ページでは省略しています。

 

 

累犯の刑罰

累犯になると、刑罰の上限が2倍になります。下限は変わりません。例えば、覚せい剤使用罪の刑の上限は懲役10年ですが、累犯になると上限が20年になります。

 

もっとも、上限が2倍になるからといって、実際に言い渡される刑罰が通常の場合に比べて2倍になるわけではありません。

 

 

累犯にあたらないケース

(1)懲役刑の前科がない方

罰金刑や禁錮刑の前科があっても累犯にはなりません。

 

 

(2)懲役刑の前科がある方

懲役刑の前科がある方でも次の3つのケースでは累犯にはなりません。

 

①執行猶予中の犯罪

執行猶予によって刑が執行されずにすむわけですから、執行を終わったことにはならず、累犯にはなりません。

 

②執行猶予期間が経過した後の犯罪

執行猶予期間が経過することにより刑の言渡しが最初からなかったことになるので、累犯にはあたりません。

 

③仮釈放中の犯罪

仮釈放されたからといって、懲役刑の執行が終わったわけではありません。残りの期間が経過することによって執行が終わったことになります。そのため、仮釈放中の犯罪は累犯にはなりません。

 

 

累犯と執行猶予

累犯についても執行猶予についても、以下のように、刑法で執行を終わった日から5年の期間が定められています。

 

累犯

懲役刑の執行を終わった日から5年以内に新たに罪を犯したこと

執行猶予

禁錮以上の刑の執行を終わった日から5年以内に禁錮以上の刑に処せられたことがない者

 

 

執行猶予の要件の「刑に処せられた」というのは「裁判で判決を受けた」という意味です。そのため、以下のケースのように、累犯にはなるが、法律上、執行猶予が可能なケースもあります。

 

2012年7月31日

満期出所

 =刑の執行終了

2017年7月1日

新たな罪を犯す

刑の執行終了から5年以内

2017年9月29日

判決言渡し

刑の執行終了から5年経過

 

 

【関連ページ】

前科の集中講義

執行猶予

 

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】