刑の消滅とは?前科があっても資格をとって活躍できる!

このページは弁護士 楠 洋一郎が執筆しています。

 

 

刑の消滅とは?

刑の消滅とは、一定の要件を満たすことを条件として、刑の言い渡しの効力が失われる制度です。刑が消滅することによって、刑の言い渡しがなかったときと同じ状態になります。そのため、前科による資格の制限がなくなります。

 

例えば、医師法では、「罰金以上の前科があれば医師免許を与えないことがある。」と定められています。しかし、罰金以上の前科があっても、刑が消滅していればこのような制限はなくなります。そのため、(他の要件を満たしている限り)医師免許を取得できるようになります。

 

なお、前科によって失った資格が刑の消滅により当然に復活するわけではありません。

 

刑の消滅の要件

(1)執行猶予のついた懲役・禁固刑

刑の全部の執行猶予を取り消されることなく、猶予期間を経過したときに、刑が消滅します。例えば、猶予期間が8月3日までの場合、翌日の8月4日に刑が消滅します。

 

(2)執行猶予のつかない懲役・禁固刑(実刑)

刑の執行が終了したときから、罰金以上の刑が確定することなく10年を経過したときに刑が消滅します。

 

【刑の執行が終了したとき】

満期出所

出所日の翌日

仮釈放

仮釈放期間の満了日(=もし満期出所だった場合の出所日)の翌日

 

(3)罰金刑

刑の執行が終了したときから、罰金以上の刑が確定することなく5年を経過したときに刑が消滅します。「刑の執行が終了したとき」とは罰金を納めた日のことです。

 

*記載したもの以外にも刑が消滅する事由はありますが、レアケースのため説明は省略させていただきます。

 

刑の消滅と前科                              

刑が消滅しても、過去に有罪判決を受けたという事実そのものがなくなるわけではありません。そのため、刑が消滅しても前科は残ります。将来、別の犯罪を起こして刑事裁判になったときに、消滅した刑に対応する前科を量刑の資料とすることも許されます。

 

刑の消滅後の流れ

刑の消滅の効果は「前科による資格の制限がなくなる」ということです。そこで、資格制限がどのような流れで解除されるのかを具体的にみていきます。

 

①前科照会

資格の欠格要件に該当していないかを確認するため、監督官庁が対象者の本籍地の町役場に前科の照会をします。検察庁に照会するわけではありません。

 

②刑の消滅照会

町役場で保管されている犯罪人名簿を参照して、刑が消滅しているかどうかを確認します。犯罪人名簿だけで確認できなければ、検察庁に照会します。

 

実刑判決及び罰金刑のケースでは、たとえ刑の消滅期間が経過していても、その期間内に罰金以上の刑が確定していれば、刑は消滅しません。そして、罰金刑のうち道路交通法違反と車庫法違反については、町役場の犯罪人名簿には記録されていないため、検察庁に確認する必要があります。

 

③監督官庁への報告

町役場が調査結果を照会元の監督官庁に報告します。刑が消滅していればその旨報告します。これにより、対象者の資格制限が解除されます。

 

【関連ページ】

前科とは?前歴との違いや5つのデメリット、結婚・就職に影響は?

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】