タクシー運転手への暴行等

このページではタクシー運転手へ暴行等の粗暴行為をしたケースについて弁護士が解説しています。

 

 

タクシー運転手への暴行

タクシー運転手に対して殴る、蹴る等の暴力を振るったときは、暴行罪が成立します。刑罰は2年以下の懲役または30万円以下の罰金です。

 

暴行は、身体に直接接触するものに限られません。例えば、タクシーの後部座席やヘッドレストを蹴るなどして、間接的に運転手の身体に衝撃を与えた場合も暴行になります。

 

【関連ページ】

暴行 

 

 

タクシー運転手への暴行と傷害

暴行した結果、タクシー運転手がけがをしたときは、傷害罪が成立します。刑罰は15年以下の懲役または100万円以下の罰金です。

 

タクシー運転手に暴行した場合、加害者が思っている以上にけがが重いことがあります。タクシー運転手は、車内では基本的に前方を見ていますので、後方の座席から不意に殴られると防御の姿勢をとることができず、むち打ち症が発生することがあります。

 

車外での暴行であっても、タクシー運転手は高齢の方が多く、軽く押しただけで転倒してしまい大けがをすることもあります。

 

【関連ページ】

傷害

 

 

タクシー運転手への暴行と強盗

タクシー内の現金を奪いとるために、運転手を暴行・脅迫し、実際に現金を奪ったときは、強盗罪が成立します。刑罰は懲役5年~20年です。 

 

運転手が負傷したときは、強盗致傷罪になります。刑罰は無期懲役または懲役6年~20年です。強盗致傷罪で起訴されると裁判員裁判で審理されることになります。

 

当初はタクシー料金を免れるつもりはなかったが、態度が悪い等の理由により、運転手に暴行した後に、そのままタクシー料金を支払わずに立ち去った場合は、強盗罪は成立せず、暴行または傷害にとどります。

 

強盗罪が成立するためには、代金の支払を免れるために暴行や脅迫をする必要があるからです。

 

 

タクシーへの器物損壊

タクシー運転手への暴行等とは別に、タクシーの座席やドアを蹴るなどして破損させると器物損壊罪が成立します。刑罰は①3年以下の懲役、②30万円以下の罰金、③科料のいずれかです。

 

【関連ページ】

器物損壊 

 

 

タクシー運転手への暴行等と逮捕

タクシー運転手へ暴行等をした場合、加害者は泥酔していることが多く、現行犯逮捕されることが多いです。

 

逮捕されても、暴行、傷害、器物損壊であれば、容疑を認めて反省の態度を示せば、身元が不安定であるとか執行猶予中などの例外的な事情がない限り、勾留されることなく1~3日で釈放されることが多いです。

 

ただ、「酔っていて覚えていない」という主張を続けた場合は、否認事件として扱われ、勾留される可能性も十分にあります。いったん勾留されれば原則10日間、警察署に留置されます。早期に弁護士が接見し、認めるべき部分は素直に認めるようアドバイスすることが大切です。

 

タクシー運転手への強盗(致傷)については、勾留される可能性が非常に高いですが、勾留期間内に示談が成立すれば、起訴されず釈放される余地があります。

 

【関連ページ】

逮捕直後の流れ

 

 

タクシー運転手への暴行等と後日検挙

タクシー運転手に暴行等をした場合、暴行後に逃げても後日検挙される可能性が高いです。検挙に至るルートとしては次の3つが考えらえます。

 

①自分の携帯電話からタクシー会社に電話をしてタクシーを呼んだとき

警察がタクシー会社の配車状況を調べれば、加害者の携帯電話番号がわかります。その後、携帯電話会社に照会すれば身元が判明します。

 

②飲食店等の従業員にタクシーを呼んでもらったとき

①と同様にタクシー会社の配車状況を調べれば、電話をした店を特定することができます。その後、店の従業員に対する聴き取りによって加害者を絞り込んでいきます。

 

③流しのタクシーを利用したとき

この場合、加害者の電話番号は痕跡としては残りませんが、車載カメラによって車内の状況が全て録画されていること、タクシーに乗車する時点で通常行き先(=自宅最寄りの場所)を告げていることから、防犯カメラの解析等によって足がつくことが考えられます。

 

タクシー運転手に対する暴行や軽微な傷害のケースでは、後日検挙されたときの方が逮捕される可能性が下がります。

 

現場で検挙されたときは、泥酔状態にあり話を聴ける状況になく、また、自傷他害の危険もあるので現行犯逮捕されやすいですが、後日検挙の際は、通常、そのような状況にないと考えられるからです。

 

ただ、強盗(致傷)のケースでは、後日検挙された場合も逮捕される可能性が非常に高いです。

 

 

タクシー運転手等への暴行等と報道

(1)暴行、傷害、器物損壊

逮捕されなければ、有名人、政治家など例外的なケースでない限り、実名報道されることはありません。一般の方は匿名で報道されることもないでしょう。逮捕された場合でも、事件としては重大とまではいえず、ありふれた類型のものであることから報道される可能性は低いです。

 

ただ、次の職業の方は実名報道されやすいです。

 

公務員、有名企業の従業員、マスコミ関係の方、医師・弁護士等の専門職、教員

 

(2)強盗(致傷)

職業を問わず、逮捕され実名報道される可能性が高いです。

 

 

タクシー運転手への暴行等と刑事処分

(1)暴行、傷害、器物損壊

初犯の方であれば被害者と示談が成立すれば、不起訴になる可能性が非常に高いです。また、器物損壊は告訴がなければ起訴できない犯罪ですので、示談をして告訴を取り消してもらえれば、前科の有無や数にかかわらず、確実に不起訴になります。

 

(2)強盗(致傷)

初犯であり、手口が悪質でなければ、示談成立により不起訴になる余地はあります。もし起訴されても執行猶予を獲得する余地は十分にあります。

 

 

タクシー運転手への暴行等と示談

(1)むち打ち症のケース

一般的にむち打ち症は症状が固定するまで半年~1年程度かかります。

 

*症状固定…治療しても症状がこれ以上改善しない状態

 

交通事故のケースでは症状が固定した後に示談交渉に入りますが、刑事事件の場合、検察官は、症状が固定するまで処分を待ってくれるわけではありません。症状固定を待つことなく早期に示談交渉に入る必要があります。

 

(2)器物損壊と示談

器物損壊の示談の相手は、タクシーの所有者となります。タクシーの所有者はタクシー会社ですが、個人タクシーの場合は、運転手が所有者になります。

 

タクシー運転手に暴行すると同時にタクシーを破損させたときは、個人タクシーであれば、示談の相手は運転手のみですが、そうでなければ、運転手(暴行)と会社(器物損壊)の双方と示談をすることが必要です。

 

(3)反論が必要なケースもある

常務経験の長いタクシー運転手の方は、類似の事件や事故を経験していることが多く、交渉慣れしている方が少なくありません。

 

真摯に謝罪し、被害者のお話に耳を傾けることは必要ですが、不当に高額な請求をされた場合は、きちんと反論することも必要です。

 

 

泥酔していて覚えていない→無罪になる?

泥酔していて事件について覚えていなかったとしても、事件当時は、タクシー運転手に行き先を告げたり、「態度が悪い」等と言ったり、意味のある言動をしていることが多いです。これらは責任能力があったことを裏づける事情になります。車載カメラにもこれらの言動が録画されているのが通常です。

 

そのため、泥酔して覚えていないという理由で無罪になることはないでしょう。

 

 

タクシー運転手への暴行等と弁護士選びのポイント

タクシー運転手への暴行等は、タクシー強盗のケースを除いて、泥酔しているときに引き起こされることがほとんどです。お酒絡みという特質上、事件は、週末や連休前の日に集中しています。

 

早期釈放のためには、弁護士にも土日や休日中に動いてもらうことが必要になりますので、それが可能な弁護士に依頼するとよいでしょう。

 

【関連ページ】

土日に逮捕 弁護士に無料相談

刑事事件と年末年始

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】