大麻の共同所持とは?共同所持にあたるケースとあたらないケース

このページは弁護士 楠 洋一郎が作成しました。

 

 

 

 

大麻の共同所持とは?

大麻の共同所持とは、自ら大麻を所持していないのに、法律的には所持していたと評価される状態のことです。

 

 

刑事裁判で大麻を共同所持していたと認定されると、単なる共犯者ではなく、大麻を直接所持していた者と同様に、自己の犯罪を犯した「正犯」として処罰されます。

 

 

大麻の共同所持で逮捕されるケース

大麻の共同所持でよくあるのは次のようなケースです

 

 

・大麻所持で逮捕された人と同じ車に乗っていた友人や恋人が共同所持で逮捕される

・大麻所持で逮捕された人と同居していた家族や恋人が共同所持で逮捕される

 

 

大麻は覚せい剤等と異なり使用については処罰されません。そのため、もし尿検査で大麻の使用が明らかになったとしても、使用罪で逮捕・起訴することはできません。

 

 

そのため、警察も何とか罪に問おうとして、同乗者や同居人を大麻の共同所持で見込み逮捕するケースが少なくありません。

 

 

大麻の共同所持と共謀共同正犯

大麻の所持は大麻取締法によって禁止されていますが、大麻取締法には大麻の共同所持について定めた条文はありません。

 

 

大麻の共同所持は、最高裁の判例で認められている「共謀共同正犯」(きょうぼうきょうどうせいはん)という考え方にもとづき処罰されます。

 

 

共謀共同正犯とは、自ら犯罪を実行していないものの、実行役と謀議をして、実行役の行為を通じて自らが意図した犯罪を実現した者のことです。

 

 

例えば、犯罪グループのトップが部下に殺人を指示して実行させた場合、部下が殺人罪に問われるのは当然ですが、自ら実行していないトップも共謀共同正犯として重く処罰されます。

 

 

共謀共同正犯の要件は、「二人以上の者が、特定の犯罪を行うため、共同意思の下に一体となって互いに他人の行為を利用し、各自の意思を実行に移すことを内容とする謀議をなし、よって犯罪を実行すること」です(練馬事件最高裁判決)。

 

 

大麻の所持についても、共謀共同正犯の要件を満たす場合は、共同所持として処罰されることになります。

 

 

大麻の共同所持にあたるケースとあたらないケース

大麻の共同所持が成立するためには、大麻を直接所持していない同乗者や同居人が共謀共同正犯の要件を満たす必要があります。

 

 

それでは、具体的にどのような事情があれば、共謀共同正犯の要件を満たすのでしょうか?

ケースごとに見ていきましょう。

 

 

【ケース1】

同乗者や同居人が車内や家の中に大麻があることを知らなかった。

 

 

この場合は、大麻の存在自体を知らない以上、謀議があったとはいえないので、同乗者や同居人に大麻の共同所持は成立しません。

 

 

【ケース2】

①同乗者や同居人が車内や家の中に大麻があることを知っていたが、怖かったので黙っていた。

②同乗者や同居人は一度も大麻を使用したことがない。

 

 

黙っていただけでは、謀議があったとはいえないので、同乗者や同居人に大麻の共同所持は成立しません。

 

 

【ケース3】

①同居人が自分が借りている家の中にパートナーが大麻を持ち込んでいることを知っていた

②同居人はパートナーから「大麻を吸いたいと思ったときはいつでも大麻を取り出して吸っていい。」と言われており、日常的に大麻を使用していた。

③他の人が家に来たときに大麻がばれないように同居人が隠していた。

 

 

このケースでは同居人も大麻の保管に積極的に協力していたといえます。そのため、大麻所持についての謀議が認められ、大麻の共同所持が成立する可能性が高いです。

 

 

なお、謀議は明示的になされる必要はなく暗黙の意思連絡でもよいとされています。

 

 

【ケース4】

①同乗者が車内に大麻があることを知っていた

②一緒に大麻を吸う予定だったが職務質問された時点ではまだ吸っていなかった

③同乗者が大麻の購入資金を出した

 

 

大麻の購入資金を出していたケースでは、大麻の所持について重要な寄与をしており、大麻所持についての謀議があったと見なせます。そのため、大麻の共同所持が成立する可能性が高いです。

 

 

【まとめ】

大麻を直接所持していた者からもらっていただけであれば、一方的にメリットを受けていただけであり、相互に利用しあっていたわけではないので、大麻の共同所持が成立する可能性は低いです。

 

 

これに対して、大麻を直接所持していなくても、大麻の所持に重要な寄与をしていた場合は、謀議があったとされ共同所持が認められやすくなります。

 

 

大麻の共同所持で逮捕されたら

1.不利な調書をとらせない

大麻の共同所持で逮捕されたら、取調官に不利な調書をとらせないようにすることが大切です。

 

 

いったん不利な調書をとられてしまうと、その後の裁判で「本当は調書とは違うんです。」と言っても、裁判官に信用してもらえず、調書どおりの判決になってしまうことが多いです。

 

 

被疑者には黙秘権が認められているので、たとえ不利な事情があったとしても、黙秘権を適切に行使することにより、不起訴を獲得できることが少なくありません。

黙秘とは?黙秘の意味や使い方、デメリットについて解説

否認事件の刑事弁護

 

 

取調べは逮捕直後から集中的に実施されます。一刻も早く弁護士を選任し、弁護士のサポートを受けて取調べに臨んだ方がよいでしょう。

逮捕後どの弁護士を呼ぶ?弁護士費用・連絡方法・選び方を解説

 

 

2.共犯者の供述を弾劾する

大麻の共同所持で逮捕された場合、直接所持していた者も逮捕されているはずです。

 

 

直接所持していた者は、自分の責任をできるだけ軽くしようとして、共同所持で逮捕された者を引っ張り込もうとする傾向があります。

 

 

「〇〇から大麻をもらった」

「〇〇から大麻を保管するように指示された」

 

 

一方的にこのようなことを言われた場合は、弁護士が、大麻を直接所持していた者の供述に信用性が認められないことを検察官や裁判官に指摘します。

 

 

ウェルネスの弁護士は大麻の共同所持で不起訴(嫌疑不十分)を獲得した実績があります。家族が大麻の共同所持で逮捕されたらウェルネス(03-5577-3613)までお気軽にご連絡ください。