• トップ
  • > 大麻
  • > 大麻事件の弁護士費用の相場は?費用をおさえるポイントも解説

大麻事件の弁護士費用の相場は?費用をおさえるポイントも解説

このページは弁護士 楠 洋一郎が執筆しています。

 

 

大麻事件の弁護士費用のしくみ

大麻事件を私選弁護人に依頼した場合、弁護士費用は着手金と報酬金の2本立てになることが多いです。

 

着手金は弁護活動をスタートする際に必要となる費用です。これに対して、報酬金は釈放や執行猶予など弁護活動によって一定の成果をあげた場合に発生する費用です。

 

弁護士に依頼すれば、その後の相談は全て無料になるのが通常です。

 

初回相談についても多くの事務所で無料相談を実施しているため、いくつかの事務所に相談し弁護士費用を比較した上でどの事務所に依頼するかを選ぶとよいでしょう。

 

大麻事件の弁護士費用はここに注意!

追加費用に注意する

法律事務所によっては、着手金が低額におさえられていても接見ごとに日当が加算されたり、接見禁止の解除など個々の活動ごとに報酬金が発生することもあります。

 

追加費用をおさえるために頼みたいことも頼めないようでは、私選弁護人をつける意味がなくなってしまいます。

 

予算に限りがある場合は、できるだけ追加費用が発生しない料金プランの事務所に依頼するとよいでしょう。

 

保釈のことを考えておく

大麻事件では保釈請求をするケースが多いため、①保釈請求の際に改めて着手金が必要か、②保釈が成功した場合の報酬金がいくらになるのかは必ず確認しておいた方がよいでしょう。

 

保釈金については200万円前後になることが多いですが、保釈金を貸してくれる機関もあるため、必ずしも手元に用意しておく必要はありません。

 

ただ、保釈金の融資を申し込む方が仕事をしていない場合、融資を受けることが難しいです。そのようなケースでは、国選弁護人をつけてもらって弁護士費用を節約し、浮いたお金を保釈金に充てることも検討した方がよいでしょう。

 

大麻事件の弁護士費用の相場は?

大麻事件の弁護士費用の相場はトータルで110万円~220万円程度になります(税込み)。

 

大麻で逮捕された芸能人の報道を見ていてわかるように、大麻で逮捕されると2,3日で釈放されることはまずありません。そのため、弁護士が接見を重ねる必要があることから、弁護士費用の予算としては、費用が安めの法律事務所でも100万円程度は見ておいた方がよいでしょう。

 

もっとも、起訴されずに不起訴で終われば100万円より安くなることもあります。逆に起訴されて無罪を争う場合は、弁護士の負担も重くなるため、上記の相場よりも高めになることが多いです。

 

いずれにせよ大麻事件では被害者がいないため、弁護士費用に加えて、示談金として多額の費用を支払うことはありません。

 

大麻事件の弁護士費用-分割払いは可能?

大麻事件の弁護士費用を分割で支払うことは可能でしょうか?

 

傾向としては一括払いのみの事務所が多いようです。逮捕されない軽微な犯罪であれば、分割払いが可能な事務所も少なくありませんが、大麻事件の場合は、被疑者が逮捕・勾留されることが多く、弁護士がすぐに接見に行く必要があるため、分割払いになじみにくいといえるでしょう。

 

分割払いをご希望の場合は、カード決済可能な事務所を探すとよいでしょう。カード払い可能であれば分割払いに応じてもらえる可能性が高いです。

 

ただ、長期の分割払いになると法律事務所がカード会社に支払う手数料が高くなるため、難しいかもしれません。

 

大麻事件で弁護士費用をおさえるポイント

誰しも家族が刑事事件で逮捕されたことは秘密にしておきたいものです。そのため、家族が刑事事件で逮捕された場合に、知り合いから弁護士を紹介してもらうことは少ないです。

 

このような事情を反映して、刑事事件に注力している法律事務所は、主としてインターネットによってマーケティングを行っています。

 

大手の法律事務所になるほど、事務所を維持・拡大するために、ネット広告やSEO対策に予算をかける必要があるため、弁護士費用にもこれらの広告費用が上乗せされて、高めになる傾向があります。

 

大手の事務所だからといって、常時2、3名の弁護士が担当してくれるわけではありません。弁護士費用をおさえるためには、規模にこだわらずに事務所選びをした方がよいでしょう。

 

【大麻】ウェルネスの弁護士費用

ウェルネスの大麻事件の弁護士費用は、起訴された場合で総額99万円になることがほとんどです(税込み)。保釈や執行猶予の報酬金も上記の費用に含まれています。

 

また、接見ごとに日当が加算されるわけではありません。ご依頼の時点で費用の上限が決まっているので、安心してご利用いただけます。

刑事事件の弁護士費用が安い法律事務所

 

執行猶予中の方であっても費用が増えるわけではありません。家族が大麻事件で逮捕された方はウェルネス(03-5577-3613)へお気軽にお電話ください。

 

【関連ページ】

大麻

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】