公判の流れ

このページは弁護士 楠 洋一郎が執筆しています。

 

 

公判の3つのステップ

公判は次の3つのステップに分けることができます。

 

ステップ1 冒頭手続

ステップ2 証拠調べ

ステップ3 意見陳述

 

冒頭手続は裁判のイントロダクション、証拠調べは裁判のメイン、意見陳述は検察側・弁護側の主張の総まとめになります。それでは各ステップごとに見ていきましょう。

 

ステップ1:冒頭手続

(1)冒頭手続とは

公判審理に際して、まず「何について裁判をするのか」を明らかにする必要があります。これがわからないと被告人としても防御のしようがありません。

 

刑事裁判は、検察官が事件を裁判所に起訴することによってスタートします。そのため、検察官が起訴状の内容を読み上げることによって、「何について裁判をするのか」を明らかにします。

 

裁判を適切に進めるためには、被告人の態度についても明らかにする必要があります。すなわち、被告人が起訴状に記載された内容を争わずに有罪であることを認めるのか、無罪を主張するのか、後者であれば、どのような理由により無罪を主張するのかを明らかにする必要があります。

 

そのための手続が冒頭手続です。

 

(2)冒頭手続の流れ

① 人定質問

裁判官が被告人に対し、氏名、本籍、住所、職業、年齢を尋ね、人違いでないことを確認します。

② 起訴状の朗読

検察官が起訴状を読み上げます。これによって審理の対象が明らかになります。           

↓                                                  

③ 黙秘権の告知

裁判官が被告人に対して黙秘権の告知をします。

④ 罪状認否

被告人と弁護士が、起訴状に記載された内容を認めるのか否認するのか、否認するのであればその理由を明らかにします。

 

ステップ2:証拠調べ

(1)証拠調べとは

裁判は証拠によって事実を認定します。そのための手続が証拠調べです。刑事裁判では、被告人が有罪であることを検察官が証明しなければいけません。被告人が自分は無罪であることを証明する必要はないのです。検察官が有罪の証明に失敗すれば、被告人は無罪となります。

 

このようなルールを反映して、裁判官は、まず検察官が請求した証拠を取り調べます。その後に、弁護士が請求した証拠を取り調べます。

 

証拠は①書証、②人証、③証拠物の3つに分けることができます。

①書証…供述調書などの書類です。

②人証…被害者や目撃者、情状証人などの証人です。

③証拠物…覚せい剤の粉末や凶器などの物です。

 

書証は、伝聞法則というルールによって、原則として相手方の同意がなければ証拠調べをすることはできません。人証や証拠物は相手方の同意がなくても証拠調べをすることができます。

 

(2)証拠調べの流れ

【検察側の立証】

① 冒頭陳述

犯行に至る経緯や犯行状況、被害結果など、検察官がこれから証拠によって証明しようとする事実を明らかにします。

② 証拠調べ請求

検察官が裁判官に対し証拠の取調べを請求します。

↓      

③ 証拠調べ請求に対する意見

裁判官は、弁護士に対して、検察官が請求した証拠についての意見を尋ねます。証拠意見の種類としては、「同意する」、「不同意」、「必要性なし」、「しかるべく」等があります。

④ 証拠決定

裁判官が、弁護士の意見を参考に、検察官が請求した証拠を取り調べるか否かを決定します。

⑤ 証拠調べ

取調べ決定がなされた証拠を取り調べます。証拠調べの方法は次の通りです。

①書証…検察官や弁護士が全文を朗読する。または要旨を説明する。

②人証…検察官、弁護士、裁判官が証人を尋問する。

③証拠物…裁判官に物を示す。

 

通常、書証や証拠物を取り調べた後、証人尋問を行います。

 

【弁護側の立証】

① 証拠調べ請求

弁護士が裁判官に対し、示談書などの証拠の取調べを請求します。

② 証拠調べ請求に対する意見

弁護士の証拠調べ請求に対して検察官が意見を述べます。

③ 証拠決定

裁判官が、検察官の意見を参考に、弁護士が請求した証拠を取り調べるか否かを決定します。

④ 証拠調べ

裁判官が、取調べ決定をした証拠を取り調べます。自白事件の場合は、示談書を取り調べたり、情状証人の尋問を行います。

⑤ 被告人質問

弁護士が被告人に対して、犯行に至る経緯や犯行状況、被害者に対する気持ち(自白事件のケース)、被告人の言い分(否認事件のケース)を尋ねます。その後に検察官が反対質問を行います。裁判官も気になった点があれば補充質問を行います。

刑事裁判と証拠調べ

 

ステップ3:意見陳述

(1)意見陳述とは

検察側、弁護側それぞれの立場から、裁判官に対して訴訟活動の結果を明らかにし、最終的な主張を行います。

 

(2)意見陳述の流れ

① 検察官の論告・求刑

証拠調べに基づき、検察官が起訴状に記載された内容や量刑の基礎となる事実などについて意見を述べ、具体的にどのような刑を求めるのかを明らかにします。

② 弁護士の最終弁論

証拠調べに基づき、弁護士が、検察官が有罪を立証できていない理由を述べたり(否認事件のケース)、量刑にあたって被告人に有利となり得る事実を指摘し(自白事件のケース)、無罪判決またはできるだけ軽い判決を求めます。

③ 被告人の最終陳述

審理の最後に、被告人に発言する機会が与えられます 。

 

自白事件の公判

自白事件では、初公判で上記のステップ1からステップ3の全てをやり切ってしまうケースが多いです。

 

時間としては、ステップ1の冒頭手続が5,6分、ステップ2の証拠調べが30分~40分、ステップ3の意見陳述が5分~10分前後になることが多いです。この場合、審理は初公判のみで終了し、残すは判決の言い渡しのみとなります。

 

判決言渡しは、初公判の1,2週間後にされることが多いです。

【実録】自白事件の初公判 

 

否認事件の公判

否認事件では、初公判でステップ1からステップ3まで終了することはありませ初公判では、ステップ2の検察側の証拠調べの途中で終了することが多いです。第2回公判以降、何度かステップ2の検察官の証拠調べを行った後、弁護側の証拠調べをすることになります。

 

弁護側の証拠調べをした後に、そのままステップ3の意見陳述に入ることもあれば、弁護側の立証に反論するために、再び検察側が証拠調べを請求することもあります。

 

このようにステップ2の証拠調べ期日が何度か続くのが否認事件の特徴です。期日と期日の間は1か月~1か月半前後です。証拠調べが半年以上続くことも普通にあります。

 

【刑事事件早わかりページ】

 

刑事事件の流れやポイント

弁護活動

逮捕前

弁護士が教える逮捕されるか知る方法

逮捕阻止の弁護活動

起訴前

逮捕直後の流れ

起訴前の流れ(逮捕・勾留あり)

起訴前の流れ(逮捕・勾留なし)

早期釈放を実現する

不起訴処分を獲得する

否認事件の刑事弁護

起訴後

刑事裁判の流れ

公判の流れ

起訴後の刑事弁護

保釈をとる

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】