• トップ
  • > 大麻
  • > 大麻事件は国選?それとも私選?弁護士の選び方を解説

大麻事件は国選?それとも私選?弁護士の選び方を解説

このページは弁護士 楠 洋一郎が執筆しています。

 

 

【大麻】国選弁護人にするメリット

大麻事件で逮捕・勾留されれば、資産が50万円未満の方であれば、裁判所に国選弁護人をつけてもらうことができます。

 

国選弁護人の費用はほとんどのケースで無料になるというメリットがあります。

 

50万円以上の資産があっても、接見した当番弁護士に弁護を受けてもらえなかった場合は、国選弁護人をつけてもらうことができます。ただ、後に費用を請求されることもありますので注意が必要です。

国選弁護人でも費用がかかる!?訴訟費用が生じるケースを解説

 

【大麻】国選弁護人にするデメリット

弁護士を選べない

大麻事件で国選弁護人にするデメリットは、担当してくれる弁護士を選べないということです。国選弁護人のなかには、刑事事件に精通し熱心に動いてくれる弁護士もいる反面、そうではない弁護士もいます。

 

動いてくれない弁護士にあたったとしても、それだけの理由で別の弁護士に変えてもらうことは難しいです。

 

 初動が遅くなる

国選弁護人は逮捕されればいつでも呼べると思っている方がいますが、国選に来てもらえるのは最速でも勾留された後になります。逮捕直後にすぐに駆けつけてくれるわけではありません。

 

逮捕直後に不利な調書をとられてしまうとその後の裁判にも重大な影響を与えます。また、逮捕直後に職場に連絡を入れておけば、スムーズに職場復帰できる可能性が高まります。

 

国選弁護人の場合はどうしても初動が遅くなるため、これらの活動を迅速に行えないことがネックになります。

 

【大麻】国選弁護人についての誤解

大麻事件で最も多いのが営利目的のない大麻の単純所持です。大麻の単純所持で逮捕・起訴されても、初犯であれば執行猶予がつく可能性が高いです。

 

この点については担当する弁護士が国選でも私選でも違いはありません。弁護士の力量によって実刑になるか執行猶予になるかが変わってくるわけではないのです。

 

そのため、金銭的な負担をできるだけおさえて執行猶予を獲得したいという方は、国選弁護人をつけることをおすすめします。

 

もっとも、薬物犯罪の前科がある場合や初犯でも大量の大麻を扱っていたケースでは、弁護士の力量によって実刑になるか執行猶予になるか変わってくることはあります。

 

【大麻】私選弁護人にするメリット

初犯の方が大麻の単純所持で起訴された場合、国選でも執行猶予になる可能性が高いです。それでは私選弁護人に依頼するメリットはあるのでしょうか?

 

私選弁護人に依頼した場合は、次のような活動を期待することできます。

 

1.迅速な保釈請求

大麻事件では、執行猶予中であったり累犯に該当しない限りは、起訴直後に保釈が許可されることが多いです。

 

私選弁護人であれば、起訴前から保釈の準備を進め、起訴された当日や翌日に保釈請求をすることが多いです。

 

国選弁護人にそのような活動を期待できないというわけではありません。ただ、国選弁護人はお金や身寄りのない方を弁護することが多く、保釈請求になれていない弁護士もいますので、私選に比べると迅速性が落ちる傾向にあります。

 

保釈請求の速さこそが私選の腕の見せ所ですので、「最初から保釈は全く期待していない。」という場合は、国選弁護人をつけることをおすすめします。

 

2.専門家と連携した弁護

刑事事件に注力している法律事務所では、弁護士が薬物依存の専門家と連携して弁護活動を行っているところがあります。

 

専門家のなかには、留置場まで足を運び、接見室でアクリル板越しにカウンセリングをしてくれる方もいますし、刑事裁判で証人として出廷してくれる方もいます。

 

大麻事件で逮捕されてから刑事裁判を受けるまでの間は、本人の反省や後悔の気持ちが強く、更生に向けた活動が最も実を結ぶタイミングといえるでしょう。

 

「どうせ執行猶予になるから何もしなくていい。」と考えるのではなく、専門家の助けを借りて、早い段階から更生のための活動に取り組み、それをふまえた弁護活動をしてもらいたいという場合は、私選弁護人に依頼することをお勧めします。

 

3.こまめな接見と連絡

被疑者の国選弁護人は接見の回数に応じて国から報酬が支払われるシステムになっています。

 

ただ、接見の回数が一定数を超えると、接見1回あたりの報酬額が下がります。また、起訴後については何度接見しても報酬には反映されません。

 

そのため、国選弁護人のなかには途中から接見のペースがガクンと落ちる方もいるようです。また、家族等への連絡は国選の業務ではないと考えている弁護士もいますので、本人の置かれた状況をこまめに家族等に伝えてくれない弁護士もいます。

 

私選弁護人であれば、こまめな接見や家族等への連絡も当然の活動とみなしている弁護士が大半です。

 

一般の方の面会は1日1回しか許されていません。誰かひとりでも面会すれば、その日に別の方が面会することはできません。

 

経営者などいろいろな方と連絡をとる必要がある場合は、こまめに接見に来て連絡してくれる私選弁護人の方がよいでしょう。

 

【大麻】私選弁護人にするデメリット

私選弁護人には上で述べたようなメリットがありますが、弁護士費用がかかるというデメリットがあります。

 

私選弁護人の弁護士費用については、以前は弁護士会が費用の大枠を決めていましたが、現在では完全に自由化されており、法律事務所によって様々です。

 

確立した相場があるわけではなく、法律事務所によって2,3倍違ってくることもあります。そのため、まずは複数の事務所に相談して費用の詳細を教えてもらうとよいでしょう。

 

以下のページで大麻事件の弁護士費用の相場や費用をおさえるポイントを解説していますので、参考にしていただければ幸いです。

大麻事件の弁護士費用の相場は?費用をおさえるポイントも解説

 

【大麻】私選弁護人の選び方

大麻事件で逮捕された家族のために、私選弁護人をつける場合、どのような弁護士がよいのでしょうか?

 

私選弁護人の最大のメリットは弁護士を選べるということです。この長所を活かして、できるだけ大麻事件に強い弁護士を選びたいものです。

 

弁護士の大半は民事事件をメインにしておりますが、最近では東京や大阪などの都市部を中心として刑事事件をメインに扱っている事務所も増えてきました。

 

そのような事務所の弁護士であれば、大麻事件の経験や実績のある弁護士に出会える可能性が高くなります。

 

刑事事件を注力している法律事務所はインターネットで集客していることが多いため、インターネットを検索してこれはと思う事務所があれば、お早目に法律相談を受けるとよいでしょう。

 

【関連ページ】

大麻

逮捕後どの弁護士を呼ぶ?連絡方法・弁護士費用・選び方も解説

国選弁護人と私選弁護人の違いを弁護士が解説

 

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】