痴漢で後日逮捕されるケースと後日逮捕の流れを弁護士が解説

このページは弁護士 楠 洋一郎が執筆しています。

 

 

痴漢で後日逮捕されるケース

痴漢は現行犯で逮捕されることが多い犯罪ですが、後日逮捕されることもあります。痴漢で後日逮捕されるのはどのようなケースでしょうか?

 

被害者が痴漢の犯人をとり逃がした場合、その時点であきらめてしまい、警察に被害を申告しないことがあります。被害申告がなければ、警察が自発的に捜査することはありませんので、後日逮捕されることもありません。

 

被害者があきらめずに警察に被害申告をした場合であっても、常に警察が積極的に捜査を始めるわけではありません。

 

現行犯でつかまえた場合と異なり、これから捜査をして痴漢の被疑者を特定する必要があるため、警察の負担が大きくなるからです。

 

そのような場合であっても、被害者が粘り強く警察に働きかけることによって、警察が被害届を受理して捜査を始めることがあります。

 

痴漢は電車内で行われることが多い犯罪ですが、ほとんどの駅には防犯カメラが設置され、交通系ICカードも普及していることから、警察がいったん本腰を入れれば、被疑者を特定できるケースも多々あります。

 

前科・前歴のある方が痴漢をした場合は、女性の衣服についた精液のDNA鑑定によって足がつくこともあります。

 

被疑者を特定できれば、逮捕せずに在宅で捜査することもありますが、逃亡や証拠隠滅の可能性が高いと判断すれば、逮捕状を請求して後日逮捕します。後日逮捕のケースでは、痴漢の被疑者は一度逃げているので、逃亡の可能性が高いと判断されやすいです。

 

まとめると、①被害者があきらめずに警察に被害を申告し、②警察が捜査を開始すれば、後日逮捕される可能性が十分にあるといえるでしょう。

 

痴漢で後日逮捕されるときの流れ

電車内の痴漢について後日逮捕の流れは次の通りです。

*ウェルネスの弁護士が実際に取り扱った後日逮捕のケースで、被害者から教えてもらった情報を参考にしています。

 

①痴漢発生→被害者が被疑者の腕をつかむ→被疑者がふりきって駅ホームから逃走

②被害者が警察に被害を申告する

③捜査員が防犯カメラを解析したり、鉄道会社に交通系ICカードの所有者を照会することにより被疑者を特定する

④捜査員が被疑者を尾行し、ばれないように写真撮影する

⑤捜査員が被害者に被疑者を含む何人かの写真をみせて、「この人に触られました」と特定できるか確認→特定

⑥被疑者の逮捕状を請求→逮捕状が出る

⑦私服警察官が被害者と一緒に被疑者を待ち伏せ→被害者が被疑者を確認できればその場で逮捕

 

痴漢で後日逮捕を防ぐ方法

痴漢で後日逮捕を防ぐためには、警察に自首することが考えられます。自首について詳しくは以下のページをご覧ください。

痴漢で自首した場合の流れと逮捕の可能性

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】