• トップ
  • > 盗撮
  • > 盗撮で検挙されたらどのような捜査が行われるか

盗撮で検挙されたらどのような捜査が行われるか

以下のケースを前提として、盗撮が検挙された場合にどのような捜査が行われるのかを弁護士が解説します。

 

【ケース】

駅構内のエスカレーター上で盗撮したところ第三者に検挙され警察署に連行された。逮捕はされず在宅事件として捜査中。

 

 

盗撮の被害者から事情を聴く

警察の捜査員が盗撮の被害者から以下の事情を聴きとります。

 

・被害者の身上(氏名、生年月日、職業など)

・当日どこに向かっていたのか

・盗撮被害にあう直前の状況

・被疑者が目撃者に取り押さえられたときの状況

・取り押さえられた後の被疑者の状況

・被疑者・目撃者と面識があるか否か

・盗撮をされて感じた気持ちや処罰感情

 

被疑者のスマートフォンに盗撮画像が保存されていれば、その画像に写っているのが自分(の下着)で間違いないかを確認します。盗撮している状況が防犯カメラで撮影されていれば、画像を見て、犯行の日時・場所、写っているのが自分で被疑者が犯人で間違いないかを確認します。

 

聴き取った内容をもとに供述調書を作成します。

 

書類送検後に検察庁でも事情聴取を行い、供述調書を作成することが多いですが、示談が成立し不起訴の見込みであれば、事情聴取を行わないことが多いです。検察庁で事情聴取を行うときは、検察官が被害者に対し、裁判になったら協力してくれるかどうかを確認します。

 

 

盗撮の目撃者から事情を聴く

警察の捜査員が目撃者から以下の事情を聴きます。

 

・目撃者の身上

・当日どこに向かっていたのか

・盗撮を目撃したときの状況

・目撃者の視力

・被疑者を取り押さえたときの状況

・取り押さえた後の被疑者の状況

・被害者の様子

・被疑者・被害者と面識があるか

・被疑者に対する処罰感情

 

盗撮している場面や取り押さえている場面が防犯カメラで撮影されていれば、画像を見て、犯行の日時・場所、被疑者を取り押さえているのが自分で、被疑者が犯人で間違いないかを確認します。

 

聴き取った内容をもとに供述調書を作成します。

 

書類送検後に検察庁でも事情聴取を行い、供述調書を作成することが多いですが、示談が成立し不起訴の見込みであれば、事情聴取を行わないことが多いです。検察庁で事情聴取を行う場合、検察官が目撃者に対し、裁判になったら協力してくれるかどうかを確認します。

 

 

盗撮の被疑者に対する取調べ

警察の捜査員が被疑者から以下の事情を聴き取ります。

 

・本人の身上

・当日の朝から盗撮するまでの流れ

・被害者・目撃者との面識の有無

・盗撮の動機

・被害者を盗撮することにした理由

・どのようにして盗撮したのか

・目撃者に取り押さえられたときの状況

・いつから盗撮を始めたのか

・余罪の有無

・現在の心境

 

被疑者の携帯電話に盗撮画像が保存されていれば、自分が盗撮した画像に間違いないかを確認します。盗撮している状況が防犯カメラで撮影されていれば、画像を見て、犯行の日時・場所・自分が犯人で間違いないかを確認します。

 

聴き取った内容をもとに供述調書を作成します。身上についてまとめた調書と事件についてまとめた調書をそれぞれ作成します。

 

書類送検後に検察庁でも取調べを行い、供述調書を作成することが多いですが、示談が成立し不起訴の見込みであれば、取調べを行わないこともあります。

 

 

証拠品の写真撮影

盗撮に使われた携帯電話を撮影し、証拠品写真撮影報告書を撮影します。

 

 

携帯電話の解析

警察が被疑者から携帯電話を任意提出させます。被疑者に解析同意書に署名・指印させた上で、携帯電話の中身を解析し、盗撮画像が保存されているか、余罪の盗撮画像がないかを確認します。画像が削除されている場合などは科捜研に調査を依頼することもあります。

 

盗撮画像が保存されていればデジタルカメラで撮影し、写真撮影報告書を作成します。

 

 

防犯カメラの解析

警察の捜査員が駅に行き、防犯カメラの画像を確認します。犯行状況が撮影されていれば、CD-ROMなどにコピーしたり、デジタルカメラで画面を直接撮影します。画像をプリントアウトして、場面ごとに説明書きをつけ、防犯カメラ解析結果報告書を作成します。

 

 

盗撮現場の実況見分

被害者や被疑者に立ち会ってもらい、現場の実況見分を行います。捜査員2,3名が立会人と一緒に警察車両で駅に行きます。捜査員が現場のエスカレーター前で写真をとったり、メジャーでエスカレーターの幅などを計測します。見分の結果を実況見分調書にまとめます。

 

 

目撃状況の再現

警察署の階段等で、目撃者に目撃したときの状況を再現してもらいます。再現している場面を写真にとり、目撃状況再現結果報告書を作成します。

 

 

犯行状況の再現

警察署の階段等で、被疑者に犯行状況を再現してもらいます。再現している場面を写真にとり、犯行状況再現結果報告書を作成します。

 

 

戸籍謄本の取り寄せ

被疑者の本籍地に照会をかけ戸籍謄本を取り寄せます。

 

 

前科・前歴の調査

警視庁(県警本部)に問い合わせ被疑者の前科・前歴を調査します。調査結果に基づき、犯罪歴照会結果報告書を作成します。

 

前科がある場合は、送検後に検察事務官が検察庁のデータベースを閲覧して、前科調書を作成します。

 

 

【盗撮のページ】

盗撮

盗撮の総合ページ

盗撮と自首

盗撮で自首したときの流れを解説しています。

盗撮で検挙されたらどのような捜査が行われるか(本ページ)

盗撮で検挙されたときに警察や検察で行われる捜査について弁護士が解説しています。

弁護士が教える盗撮と報道の可能性

弁護士が実際に報道された盗撮事件を分析し、実名報道の可能性などを解説しています。

盗撮で押収されたスマホに別の盗撮画像があればどうなるか

押収されたスマホに過去の盗撮画像が入っていたときにどうなるのかを解説しています。

横浜駅の盗撮に強い弁護士

横浜駅で盗撮し検挙されたときの流れを解説しています。

盗撮の再犯を防ぐための方法

再犯防止の3つのアプローチについて弁護士が解説。専門の医療機関も紹介しています。

少年事件と盗撮

少年の盗撮弁護のポイントを弁護士が解説しています。

盗撮ハンターのご相談は弁護士へ

盗撮ハンターの行動パターンや対応方法について弁護士が解説しています。

盗撮の解決事例

ウェルネスで解決した盗撮事件のごく一部です。

盗撮のご質問

弁護士による盗撮のQ&A

盗撮のご質問2

盗撮の弁護士費用

盗撮の弁護士費用のページ。総額5万円からの安心の料金プランです。

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】