盗撮と自首

盗撮で自首するケース

盗撮で自首する場合として次のようなケースが考えられます。

 

①駅構内のエスカレーター上で、携帯電話で、前にいた女性のスカート内を盗撮した際、その女性に「盗撮してましたよね?」と言われ、そのまま走って逃げたケース

 

②用便中の女性を盗撮する目的で、喫茶店の男女兼用トイレに小型カメラを設置し、数時間後にトイレに入ってカメラを回収したようとしたらなくなっていたケース

 

③駅のホーム上で、前に立っていた女性のスカートの下に、携帯電話を入れた鞄をおいて盗撮した際、第三者に「何やっているんだ」と言われて腕をつかまれたが、振り切って逃げたケース

 

④盗撮したところを盗撮ハンターに見つかり、恐喝まがいの請求を受けているケース

 

基本的には被害者や第三者に見つかったケースで自首を検討することになります。

 

 

盗撮と自首-どこに自首するか

盗撮で自首する際には、盗撮をした場所を管轄する警察署に出頭することになります。

 

動いている電車内で盗撮した場合は、管轄する警察署は複数存在することになりますが、通常は、最後に盗撮した地点を管轄する警察署に出頭します。

 

旅行先の温泉施設などで盗撮したようなケースでは、現地の警察署に出頭します。

 

出頭する部署は生活安全課の保安係や地域課になります。住居等に侵入して盗撮した場合は刑事課に出頭することもあります。

 

 

盗撮の自首と逮捕

盗撮で自首した場合、同種前科が複数あるようなケースや身元が不安定な場合を除いて、まず逮捕されることはありません。

 

ウェルネスでも、これまで扱った盗撮の自首案件全てで逮捕を回避しています。逮捕されなければ、有名人等でない限り、実名報道されることはありません。

 

【関連ページ】

盗撮と報道の可能性

 

 

盗撮で自首した後の流れ

駅構内のエスカレーター上で盗撮したケースについて自首した後の流れを見ていきます。

 

被害者から被害届が出ている場合の典型的な流れは以下のようになります。被害届が出ていない場合でも、防犯カメラに盗撮しているところが写っていたり、本人の携帯電話から盗撮画像が出てきた場合など本人の供述を裏づける客観的な証拠があるときは、同様の流れになることが多いです。

 

<被害届が出ているとき or 客観的証拠があるとき>

【自首当日】

警察署に出頭

身元の確認を行う

自首調書を作成する

携帯電話を任意提出させる

指紋採取、写真撮影、DNA採取を行う

駅構内で実況見分を行う+警察が防犯カメラ映像を確認する

身元引受人に連絡して迎えに来てもらう

 

【2回目の出頭】

警察署に出頭

身上調書を作成する

事件についての調書を作成する

警察署内で犯行再現を行う

⇒書類送検

 

これに対して、被害届が出ておらず、防犯カメラ等の客観的証拠もない場合は、身元引受人に連絡がいくことは通常ありません。後日、携帯電話を返還し、二度としない旨の始末書を徴して、事件終了とすることが多いです。自首として受理した場合は、検察官へ事件を引き継ぐ必要がありますが、このようなケースではそもそも自首として受理せず、事件として立件していないと思われます。

 

<本人の供述以外に証拠がないとき>

【自首当日】

警察署に出頭

身元の確認を行う

自首調書を作成する

携帯電話を任意提出させる

指紋採取、写真撮影、DNA採取を行う

駅構内で実況見分を行う+警察が防犯カメラ映像を確認する

身元引受人に連絡して迎えに来てもらう

 

【2回目の出頭】

警察署に出頭

携帯電話の還付

始末書(「もう二度と盗撮をしません」)の作成・提出


⇒事件終了

 

 

【盗撮のページ】

盗撮

盗撮の総合ページ

盗撮と自首(本ページ)

盗撮で自首したときの流れを解説しています。

弁護士が教える盗撮と報道の可能性

弁護士が実際に報道された盗撮事件を分析し、実名報道の可能性などを解説しています。

盗撮で検挙されたらどのような捜査が行われるか

盗撮で検挙されたときに警察や検察で行われる捜査について弁護士が解説しています。

盗撮で押収されたスマホに別の盗撮画像があればどうなるか

押収されたスマホに過去の盗撮画像が入っていたときにどうなるのかを解説しています。

横浜駅の盗撮に強い弁護士

横浜駅で盗撮し検挙されたときの流れを解説しています。

盗撮の再犯を防ぐための方法

再犯防止の3つのアプローチについて弁護士が解説。専門の医療機関も紹介しています。

盗撮ハンターのご相談は弁護士へ

盗撮ハンターの行動パターンや対応方法について弁護士が解説しています。

盗撮の解決事例

ウェルネスで解決した盗撮事件のごく一部です。

盗撮のご質問

弁護士による盗撮のQ&A

盗撮のご質問2

盗撮の弁護士費用

盗撮の弁護士費用のページ。総額5万円からの安心の料金プランです。

 

 

【自首のページ】

自首の相談は弁護士へ

自首のご質問

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】