強姦・強制わいせつと不当請求

 

身に覚えがないのに金銭を請求された!

知人の女性と二人きりになったり、何らかの接触があった後、その女性から、強姦強制わいせつをされたとして、お金を支払うよう請求されることがあります。

 

強姦や強制わいせつと思われても仕方がないような行為をしていたケースでは、女性本人が金銭を請求してくることはまずありません。

 

むしろ警察や女性が立てた弁護士から連絡がくることが多いです。

 

*弁護士から請求がきたときはこちらのページをご覧ください強姦・強制わいせつと民事事件

 

女性が、強姦や強制わいせつの被害を受けたと思っていれば、加害者に対して強い恐怖感を抱いているはずであり、自ら加害者に対して金銭を請求するとは考えづらいからです。

 

これに対して、性的な接触がなかったり、同意の上で性行為をしたにもかかわらず、「強姦された」等として女性本人が男性に金銭を請求してくることがあります。

 

請求の仕方としては、LINEやツイッターのDMで矢継ぎ早に金銭を請求してくるケースや、内容証明郵便で金銭を請求してくるケースがあります。

 

請求される男性の特徴としては、優しくて気の弱いタイプの方が多いです。請求を受けて、あわてふためき、状況を理解しないまま、言われた通りの金銭を支払ってしまうことも少なくありません。

 

 

請求されたときの対応方法

このような請求を受けた場合、言われるままに金銭を支払う必要はありません。

 

請求する側としては、男性の動揺に乗じ、第三者に相談する時間を与えないように、会う日時と場所を決めて、すぐにお金を持ってこさせようとするケースもあります。

 

そのような場合も言いなりになるのではなく、まずは弁護士に相談してください。弁護士が対応すれば、ほとんどのケースで請求を阻止することができます。

 

なお、このようなケースではお酒が入っていることもよくあります。

 

本人が泥酔していて、「やましいことは何もやっていない」と思っているだけで、実際は強姦や強制わいせつにあたる行為をしていたというケースも考えられます。

 

そのようなケースでは、誠意をもって相手方に対応する必要があります。

 

いずれにしてもまずは弁護士に相談してください。

 

 

【関連ページ】

強姦・強制わいせつと民事事件

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】