強制わいせつの解決事例

強制わいせつの解決事例①

事件の概要

ご本人(30代男性・会社員)が、深夜、通りがかりの女性に後ろから抱きつき、スカートの中に手を入れて股間を撫でたとして、事件発生から半年後に逮捕されました。ご本人は当時、泥酔して帰宅途中でした。

 

弁護活動

勾留決定後に親御様からご依頼を受けました。弁護士がご本人と接見し、事件について確認したところ、間違いないとのことでしたので、示談を締結して不起訴を目指す方針で臨むことになりました。

 

まず、弁護士が担当検察官を通じて被害女性に示談の申入れを行い、電話番号を教えてもらいました。その後、弁護士が、電話で被害女性とお話しし、ご本人の反省状況や謝罪の気持ち、示談の内容をお伝えしました。すぐにお会いしていただけることになり、示談書と告訴取消書に署名・捺印していただきました。その日のうちに示談書等を検察官に提出し、翌日、ご本人は釈放されました。

 

弁護士のコメント

ご本人が逮捕・勾留されている場合、ご家族から依頼を受けることになります。ご家族は事件の詳細について把握していないことが通常ですので、まずは、弁護士がご本人に接見し、詳細を確認します。今回のケースでは、間違いないとのことでしたので、示談の方針で臨みました。

 

逆に、「全く心当たりがない」という場合は、示談ではなく、嫌疑不十分での不起訴を目指すことになります否認事件の刑事弁護

 

弁護士費用

50万円(税別・実費込み)

 

ご家族の直筆メッセージ

 

強制わいせつの解決事例②

事件の概要

ご本人(40代男性・専門職)が勤務先の同僚女性に複数回わいせつ行為をした事件。

 

弁護活動

当初、被害者は警察に告訴する意向を強くお持ちでしたが、弁護士がご本人の謝罪文をお見せしたり、被害者のご質問に誠実にお答えする等、被害者の納得を得られるまで粘り強く対応しました。また、被害者のご希望により、弁護士同席の下、ご本人が謝罪する場を設けました。このような活動の結果、被害届や告訴状を提出しないという内容の示談を締結することができました。

 

弁護士のコメント

仮に告訴されていれば、逮捕・勾留は免れない事案でした。早期に弁護士に依頼したことが功を奏したといえるでしょう。ウェルネスでは、この事件に限らず多くの性犯罪事件で、刑事事件化する前に示談を締結しています。

 

弁護士費用

40万円(税別・実費込み)

 

ご本人の直筆メッセージ

 

強制わいせつの解決事例③

事件の概要

ご本人(30代・経営者)が経営する店の中で、女性客を抱き寄せキスしたり胸をもんだ等として逮捕・勾留された事件

 

弁護活動

被害者側の弁護士と交渉し、起訴される前に示談が成立しました。それに伴い、強制わいせつの告訴を取り消してもらいました。その結果、ご本人は起訴されることなく釈放されました。

 

弁護士のコメント

ご本人は自分が逮捕されたことで、経営している店の運営に支障が生じるのではないかと非常に心配していました。そこで、弁護士が通常の弁護活動に加え、業務上の連絡事項などを、従業員の方にお伝えしたり、店の営業状況をご本人に報告しました。不起訴処分となり早期に釈放されたため、店の運営にも支障は生じませんでしたし、風評被害もありませんでした。

 

弁護士費用

50万円(税別・実費込み)

 

強制わいせつの解決事例④

事件の概要

ご本人(30代男性・派遣社員)が通勤電車内で小学生の女児のお尻を触ったとして逮捕・勾留された事件

 

弁護活動

奥様からご依頼をいただきました。弁護士が、担当検察官から被害女児のお父様の電話番号を教えてもらい示談交渉に入りました。被害女児の親御様は、事件以降、毎日、女児の登下校に付き添っておられ、非常にご立腹でしたが、弁護士がご両親と面談し、誠意を尽くして交渉した結果、起訴される前に示談が成立しました。また、ご両親には、マスコミの取材を一切受けないことを書面でお約束いただきました。示談成立後、ご本人は速やかに釈放され、不起訴処分となりました。

 

弁護士のコメント

13歳未満の男女にわいせつな行為をした場合は、暴行等の手段を用いなかったとしても強制わいせつ罪になります。

  

弁護士費用

50万円(税別・実費込み)

 

 

【強制わいせつのページ】

強制わいせつ

強制わいせつのご質問

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】