オレオレ詐欺と弁護士の証拠意見

オレオレ詐欺(振り込め詐欺)にせよ、他の犯罪にせよ、起訴されれば、弁護士は、検察側の証拠書類について、同意するか不同意にするかを決めなくてはいけません。

 

よく問題となる証拠書類について個別に見ていきましょう。

 

 

被害者の供述調書

オレオレ詐欺の裁判では、必ず被害者の供述調書が証拠として提出されます。

 

被害者の供述調書の中で、しばしば、本人(被告人)が言っていないことが記載されていることがあります。

 

【そのような供述調書の例】

 

被害者の供述調書の内容

本人(被告人)の主張

犯人は私に対して「キノシタです」と言ってきたので、私は犯人が息子の代理のキノシタだと思いました。

そのようなことは言っていない。

犯人は黒縁の眼鏡をかけていました

眼鏡はかけていない。

犯人は私に対して、「キャッシュカードを受けとりに来ました」と言っていました。

そのようなことは言っていない。

 

このようなケースでは、被害者の供述が本人の記憶と異なっている以上、原則論としては、調書の該当部分を不同意にすることになります。

 

もっとも、オレオレ詐欺を認めている限り、被害者に対して、「キノシタです」と言ったかどうかで、刑罰の内容が変わってくることは考え難いです。

 

同様に、オレオレ詐欺を認めている限り、黒縁の眼鏡をかけていたかどうか、「キャッシュカードを受けとりに来ました」と言ったか否かによって、刑罰の内容が変わってくることも考え難いです。

 

逆に、一部不同意にすることによって、保釈請求をしたときに、検察官から「被害者の供述調書の一部を不同意にしており、証拠隠滅の可能性が高い」等と言われ、保釈が認めづらくなるというデメリットがあります。

 

そのため、被害者供述の細かい部分について、記憶と違っているからといってあえて不同意にするメリットはあまりないということになります。

 

ただし、詐欺の故意を否認している場合は、①や③の発言は、本人に故意があったことを推認させる発言になるので、不同意にする必要があります。また、犯人性を争っている場合は、②の発言は不同意にすべきです。

 

 

共犯者の供述調書について

オレオレ詐欺の受け子については、犯行現場で単独で現行犯逮捕されることが多く、共犯者が逮捕されることは少ないです。

 

一方、オレオレ詐欺(振り込め詐欺)のかけ子については、警察がアジトを急襲して、そこにいるかけ子全員を逮捕することが多いです。この場合、オレオレ詐欺(振り込め詐欺)の裁判では、共犯者の供述調書が証拠として提出されます。

 

共犯事件では、共犯者間で責任転嫁がなされることが多く、共犯者の供述調書の中で、しばしば実際とは異なることが記載されているケースがあります。

 

【そのような供述調書の例】

 

共犯者の供述調書の内容

本人(被告人)の主張

被告人がだまし方を私に教えてくれました。私は被告人に指示された通りに被害者をだましました。

だまし方はメンバー全員で考えたのであって、私がだまし方を共犯者に教えたわけではない。

私は被告人に指示されて、被害者から聞き出したアマゾンギフト券の番号を換金業者にメールしていました。

そのような指示はしていない。共犯者が自発的に換金業者にメールしただけである。

 

このようなケースでは、共犯者の供述調書に同意すると、裁判官によって、詐欺グループの上位者と認定され、刑罰が重くなります。そのため、不同意にすべきです。

 

 

【オレオレ詐欺の関連ページ】

振り込め詐欺

振り込め詐欺・オレオレ詐欺の総合ページ。

オレオレ詐欺と受け子-最近の傾向

キャッシュカードを受け取り型のオレオレ詐欺について解説しています。

遠隔地のオレオレ詐欺

遠方に出張して受け子をしたときの手続の流れについて解説しています。

オレオレ詐欺と保釈

オレオレ詐欺で保釈請求をしたときの検察官の意見について解説しています。

オレオレ詐欺と弁護士の証拠意見

(本ページ)

(被害者の供述調書、共犯者の供述調書への対応方法について解説しています。

オレオレ詐欺の受け子が執行猶予を獲得するための10のポイント

示談や被害弁償などオレオレ詐欺で執行猶予に影響する要素について解説しています。

振り込め詐欺の控訴弁護

控訴審で執行猶予を獲得する方法について解説しています。

振り込め詐欺と少年事件

振り込め詐欺で少年院を回避できるケースについて解説しています。

振り込め詐欺・オレオレ詐欺の解決事例

ウェルネスで解決した事例のごく一部です。

振り込め詐欺・オレオレ詐欺の解決事例2

振り込め詐欺のご質問

弁護士による振り込め詐欺のQ&A

振り込め詐欺のご質問2

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】