振り込め詐欺と国選弁護士から私選弁護士への切り替え

このページは弁護士 楠 洋一郎が執筆しています。

 

 

 

国選弁護士に対するよくある不満

☑ 国選弁護士が接見に来てくれない

☑ 国選弁護士が保釈請求してくれない 

☑ 国選弁護士が示談交渉をしてくれない

 

逮捕された方やご家族から、このような不満を聞くことがあります。特にオレオレ詐欺や振り込め詐欺のケースで、このような不満を聞くことが多いです。

 

振り込め詐欺やオレオレ詐欺は、再逮捕や追起訴が繰り返され、手続が長期化することが多いです。通常の被疑者・被告人よりも長期間勾留され、接見禁止もつきますので、弁護士がコンスタントに接見に行く必要があります。

 

ただ、国選弁護士のなかには、ひんぱんに接見に来てくれない方もいるようです。

 

また、身柄拘束が長期化するので、多くの方々が「保釈で外に出たい」と強く希望するようになります。

 

ただ、国選弁護士の中には保釈に対して消極的な方もいます。一度保釈請求が却下された後は、二度、三度と請求してくれない方もいますし、本人やご家族としても、国選弁護士に直接、弁護士費用を払っているわけではないので、何度もお願いするのは気がひける面があります。

 

再逮捕や追起訴がされる度に、被害者の数も増えていきますので、示談交渉の負担も大きくなってきます。示談の成否は刑罰の重さに直結してきますので、国選弁護士が示談に消極的であれば、執行猶予の可能性が遠のいてしまいます。

 

このような不満がある方は私選弁護士への切り替えを検討されてはいかがでしょうか。

 

「私選弁護士にすれば全てうまくいく」というわけではありませんが、少なくとも「接見に全然来てくれない」、「保釈請求をしてくれない」、「示談交渉をしてくれない」ということにはならないと思われます。

 

国選弁護士から私選弁護士へ切り替える方法

国選弁護士から私選弁護士へ切り替える方法は非常にシンプルです。

 

弁護人選任届という書面にご本人に署名・指印してもらい、弁護士がその書面を検察庁や裁判所に提出すれば、国選弁護士は解任されます。弁護人選任届はご本人以外にご両親や兄弟姉妹に署名・捺印してもらうこともできます。

 

事前にご本人やご家族が国選弁護士とお話しして、解任することやその理由をお話しする必要は全くありません。国選弁護士に不満がある方はまずは私選弁護士にご相談ください。

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】