振り込め詐欺・オレオレ詐欺の解決事例2

 振り込め詐欺・オレオレ詐欺の解決事例①

事案の概要

特殊詐欺のかけ子の事案。ご本人(20代男性・アルバイト)が、共犯者と一緒に、有料動画サイトの料金請求メールを見て電話をかけてきた被害者に対して、サイトの利用料金が未納になっていると嘘を言って、アマゾンギフト券を購入させた事件。

 

被害者7名に対する詐欺容疑で、共犯者2名とともに、合計4回逮捕・起訴されました。被害金額の合計は約850万円でした。他に大麻取締法違反でも逮捕・起訴されました。

 

弁護活動

共犯者の弁護士とも共同して、詐欺の被害者7名全員と示談を成立させました。

 

5回目の起訴の後、被告人質問の前に、保釈が認められました。ご本人には、約3ヶ月の保釈期間中、友人の飲食店で働いてもらいました。

 

裁判では、その友人の他、母親や婚約者にも情状証人として出廷してもらいました。

 

このような活動の結果、検察官の求刑は懲役6年でしたが、判決では懲役3年6か月(未決勾留4か月)となりました。

 

弁護士のコメント

被害者の数や被害金額から実刑は免れない事案でしたが、検察官の求刑よりも大幅に軽い判決となりました(通常は求刑の80%程度の判決となります)。

 

未決勾留と仮釈放をふまえると、3年未満で社会復帰できる可能性が高いです。

 

ご家族の直筆メッセージ

 

 

 振り込め詐欺・オレオレ詐欺の解決事例②

事案の概要

オレオレ詐欺の受け子の事案。本人が詐欺グループの指示役に言われて、被害者の自宅を訪問したところ、だまされたふり作戦により、詐欺未遂で現行犯逮捕されました。

 

ご本人は、その後、2件のオレオレ詐欺で再逮捕され、合計3つの事件で起訴されました。被害者は合計3名、被害金額は合計300万円弱です。

 

弁護活動

被害者1名とは示談ができましたが、残り2名とは示談ができませんでした。

 

そのため、弁護士を通じて、被害者2名に対して供託を行ないました。その後、1名の被害者には供託金を受けとってもらうことができました。もう1名の被害者には供託金を受けとってもらえませんでしたので、供託金の取戻請求権を放棄しました。

 

これらの事情に加えて、本人の立場が従属的であったこと、詐欺に関与していた期間が短いこと、若年であること等を弁護士が主張した結果、保護観察付きの執行猶予を獲得することができました。

 

弁護士のコメント

オレオレ詐欺のケースでは、示談ができなければ、実刑判決の可能性は高まりますが、そのような場合でも、あきらめずに被害弁償に向けた努力をしたことが、執行猶予判決につながりました。

 

ご本人の直筆メッセージ

ご家族の直筆メッセージ 

 

 

【振り込め詐欺・オレオレ詐欺のページ】

振り込め詐欺

振り込め詐欺・オレオレ詐欺の総合ページ。

オレオレ詐欺と受け子-最近の傾向

キャッシュカードを受け取り型のオレオレ詐欺について解説しています。

遠隔地のオレオレ詐欺

遠方に出張して受け子をしたときの手続の流れについて解説しています。

オレオレ詐欺と保釈

オレオレ詐欺で保釈請求をしたときの検察官の意見について解説しています。

オレオレ詐欺と弁護士の証拠意見

オレオレ詐欺の被害者の供述調書、共犯者の供述調書への対応方法について解説しています。

オレオレ詐欺の受け子が執行猶予を獲得するための10のポイント

示談や被害弁償などオレオレ詐欺で執行猶予に影響する要素について解説しています。

振り込め詐欺の控訴弁護

控訴審で執行猶予を獲得する方法について解説しています。

振り込め詐欺と少年事件

振り込め詐欺で少年院を回避できるケースについて解説しています。

振り込め詐欺・オレオレ詐欺の解決事例

ウェルネスで解決した事例のごく一部です。

振り込め詐欺・オレオレ詐欺の解決事例2(本ページ)

振り込め詐欺のご質問

弁護士による振り込め詐欺のQ&A

振り込め詐欺のご質問2

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】