児童買春と捜査を担当する警察署6パターン

児童買春の捜査を担当する警察署は、発覚の状況によって、次の6つのパターンにまとめることができます。

 

 

発覚のきっかけ

捜査を担当する警察署

少女が補導されたことをきっかけとして児童買春が発覚したとき

少女を補導した警察署

少女と性行為をした後、2人で歩いているときに巡回中の警察官に職務質問を受け児童買春が発覚したとき

職務質問をした警察署

JKリフレの裏オプションとして児童買春をしたとき

JKリフレの事務所所在地を管轄する警察署

少女本人または家族が警察に被害相談をしたとき

相談を受けた警察署

サイバーパトロールをきっかけとして児童買春が発覚したとき

サイバーパトロールを行った警察署

自首により発覚したとき

自首した警察署=性行為をした場所を管轄する警察署

 

【補足】

①について

児童買春をしている少女は、家庭環境に問題があり、生活が乱れていることが多いです。

自宅や学校近くの繁華街などで、夜遊びをしているときに、その地域の警察官に声をかけられるケースが考えられます。

 

②について

管轄地域内にラブホテル街を有する警察署では、少年係の捜査員が、定期的にホテル街を巡回し、男女がホテルから出た直後に声をかけるケースが多いです。

 

③について

JKリフレの場合、警察署が児童福祉法違反等の容疑でJKリフレの経営者を逮捕し、引き続き、同じ警察署が児童ポルノ法違反(児童買春)の容疑で顧客の捜査に入ることが多いです。

 

④について

相談するのが少女本人であろうと、家族であろうと、通常は、自宅近くの警察署に相談すると思われます。そのため、被害児童の自宅近くの警察署が捜査を担当する可能性が高いです。

 

⑤について

サイバーパトロールによって児童買春が発覚した場合は、性行為をした場所や少女の住所とは全く関係のない警察署が捜査を担当することもあります。例えば、東京在住の男性が、大阪で児童買春をしたときに、全く関係のない愛知県の警察署が捜査を担当するようなケースもあり得ます。

 

⑥について

自首する際は、ご本人の住所地を管轄する警察署ではなく、性行為をした場所を管轄する警察署に出頭することが多いです。警察は、ホテルへの引き当たりや防犯カメラ画像の精査を行いますが、これらの捜査は、性行為をした場所を管轄する警察署が最もスムーズに行えるからです。自宅近くの警察署に連絡しても対応してくれないことが多いです。

 

 

【まとめ】

少女が補導される場所や性行為をする場所、被害相談をする警察署は、全て少女の生活圏内である可能性が高いです。

 

そのため、⑤のサイバーパトロールのケース以外は、少女の生活圏内の警察署が捜査を担当する可能性が高いです。

 

 

【児童買春のページ】

児童買春

児童買春の総合ページ

児童買春と捜査を担当する警察署6パターン

(本ページ)

どの警察署が児童買春の捜査を担当するのかをケース別に整理しています。

児童買春と逮捕の流れ

児童買春で逮捕されたときの流れを実録形式でまとめています。

JKリフレと児童買春

JKリフレで児童買春したときにどのような捜査が行われるのかを解説しています。

出張先の児童買春

出張先での児童買春について刑事手続の流れを解説しています。

児童買春に強い弁護士

児童買春で不起訴(起訴猶予)を獲得するためのポイントについて解説しています

児童買春を否認して不起訴処分を獲得する 

児童買春で不起訴(嫌疑不十分)を獲得するためのポイントについて解説しています

児童買春の解決事例

ウェルネスで解決した児童買春のごく一部です。

児童買春のご質問

弁護士による児童買春のQ&A

児童買春のご質問2

 

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】