路上痴漢は強制わいせつか迷惑防止条例違反か?

このページは弁護士 楠 洋一郎が執筆しています。

 

 

路上痴漢は強制わいせつか迷惑防止条例違反になる

路上で女性の身体に触ってすぐに逃げた-このような路上痴漢をして警察に捕まった場合、強制わいせつとみなされるケースと都道府県の迷惑防止条例違反とみなされるケースがあります。

 

強制わいせつ罪は、暴行を用いて被害者にわいせつな行為をしたときに成立します。<暴行→わいせつ行為>というように、暴行が常にわいせつ行為に先行する必要はなく、わいせつ行為自体が暴行と評価される場合も強制わいせつになります。路上痴漢は後者のタイプになります。

 

一方、迷惑防止条例違反は、公共の場所で痴漢をした場合に成立します。路上は誰でも通行できる公共の場所ですから、路上痴漢は迷惑防止条例違反になり得ます。

 

路上痴漢-強制わいせつと迷惑防止条例違反の3つの違い

路上痴漢は、強制わいせつで立件されるケースと迷惑防止条例違反で立件されるケースがありますが、2つの犯罪を比べると次の3つの違いがあります。

 

①強制わいせつの方が刑罰が重い

強制わいせつの刑罰は懲役6か月~10年です。迷惑防止条例違反は、通常、懲役1~6か月または50万円以下の罰金です。

 

強制わいせつで起訴され有罪判決が下されると、必ず懲役刑になりますが、迷惑防止条例違反には罰金刑もあることから、起訴されても略式裁判→罰金という流れで速やかに終わることが多いです。

 

②強制わいせつの方が逮捕されやすい

強制わいせつの方が迷惑防止条例違反よりも刑罰が重いため、警察に「重い刑罰を避けるために逃亡する可能性が高い」と判断されやすくなります。そのため、強制わいせつで立件されると、逃亡を防ぐために逮捕される可能性が高くなります。

 

③強制わいせつだとケガをさせたときに実刑になることも

路上痴漢が強制わいせつとみなされた場合、路上痴漢により被害者を転倒させる等してケガをさせると、強制わいせつ致傷罪として扱われます。

 

強制わいせつ致傷は最高刑が無期懲役であり、裁判員裁判で審理されます。実際に無期懲役になることはまずありませんが、初犯でも実刑になることは多々あります。

 

これに対して、路上痴漢が迷惑防止条例違反とみなされた場合は、被害者にケガをさせたとしても、迷惑防止条例違反と傷害罪が成立するにとどまります。傷害罪にも罰金刑があるため、初犯で軽傷であれば、起訴されても、ふたつまとめて略式裁判→罰金刑となる可能性が高いです。

 

路上痴漢が強制わいせつになるか迷惑防止条例違反になるかのわかれめ

上で説明したように、路上痴漢が強制わいせつとみなされるのか、迷惑防止条例違反とみなされるかで、その後の刑事手続や刑罰に大きな違いがあります。

 

それでは、どのような場合に路上痴漢が強制わいせつとみなされるのでしょうか?

 

電車内での痴漢については、下着の中に手を入れると強制わいせつ、服の上からだと迷惑防止条例違反として取り扱われますが、路上痴漢については、明確なルールが決まっているわけではありません。

 

とはいえ、実務においては一定の傾向があります。以下、接触した部位、接触した時間、被害者の年齢という3つの観点から説明していきます。

 

①接触した部位

お尻やふとももを触った場合は迷惑防止条例違反で立件されることが多いです。一方、胸を触った場合は強制わいせつで立件されるのが通常です。唇やその周辺にキスをした場合も強制わいせつで立件されることが多いです。キスをしようとしたができなかった場合は強制わいせつ未遂になります。

 

②接触した時間

路上痴漢をする加害者は被害者に触ってすぐに逃げることが多いため、ほとんどのケースで接触時間は1秒以内から数秒程度です。接触時間がこれより長くなるのは、被害者が転倒して加害者が覆いかぶさる場合か、被害者を背後から抱きよせるケースです。

 

覆いかぶさったり、抱きしめ行為があると、それらの行為が暴行となり、強制わいせつとして立件される可能性が高くなります。

 

③被害者の年齢

お尻や太ももを一瞬触った場合でも被害者が13歳未満であれば、強制わいせつとして立件されやすくなります。

 

被害者が13歳以上の場合、強制わいせつが成立するためには、触る行為自体が暴行と評価される必要がありますが、13歳未満の被害者については、強制わいせつの要件から暴行が除外されているため、わいせつな行為であれば、それが暴行と評価される必要はないためです。

 

電車内での痴漢であれば服の上から胸を触った場合、迷惑防止条例違反として立件されることが多いですが、路上痴漢であれば服の上から胸を触った場合、強制わいせつとして立件されることが多いです。どうして同じ行為であっても扱いが異なるのでしょうか?

 

強制わいせつの「わいせつ行為」に該当するか否かについては、行為の時間や場所、周囲の状況も判断材料になりますが、路上痴漢の場合は、電車内での痴漢と異なり、深夜、周囲に人がいない状況で行われることが多いため、「わいせつ行為」に該当しやすくなるためです。

 

路上痴漢が強制わいせつで立件された場合の弁護活動

路上痴漢が強制わいせつで立件された場合は、迷惑防止条例違反で立件された場合に比べて被疑者の負担が重くなります。

 

電車内での痴漢と異なり、路上痴漢が強制わいせつになるのか迷惑防止条例違反になるのかについて明確なルールはありません。

 

そのため、着衣の上からお尻を一瞬触ったようなケースでも、強制わいせつとして立件されることがあります。

 

このような場合は、弁護士が警察署長や検察官に意見書を提出し、罪名を迷惑防止条例違反へ変更するように要請します。こうした活動により、当初は強制わいせつで立件されていたものの、送検された時点では迷惑防止条例違反に変更されることもあります。

 

胸をもんだ場合など強制わいせつと見なされてもやむを得ない場合であっても、路上痴漢のケースでは被害者と示談できれば不起訴になる可能性が高いです。

示談の相談は弁護士へ

 

路上痴漢では、服の上から被害者の身体を一瞬触って逃げることが多いですが、このような手口は、室内で長時間にわたってわいせつ行為をしたようなケースと比べると、相対的に極めて悪質とまではいえないためです。

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】