• トップ
  • > 盗撮
  • > 立川・町田など多摩の盗撮に強い弁護士

立川・町田など多摩の盗撮に強い弁護士

立川・町田などの多摩地区(東京都のうち23区及び離島を除いた地域)で、盗撮(迷惑防止条例違反)事件を起こし、検挙されたときの流れについて弁護士 楠 洋一郎が解説しています。

 

 

立川・町田など多摩の盗撮-送検までの流れ

盗撮(迷惑防止条例違反)をして被害者や第三者に検挙されたら、まずは犯行現場を管轄する警察署が捜査を担当します。

 

逮捕されれば、48時間以内に、これらの警察署から東京地方検察庁立川支部に事件が引き継がれます。逮捕されなければ、検挙後おおむね2か月程度で、東京地検立川支部に引き継がれます(「書類送検」といいます)。

 

【東京地方検察庁立川支部】

住所

東京都立川市緑町6−3

電話番号

042-548-5055

アクセス

多摩都市モノレール高松駅下車徒歩5分

参考情報

IKEA立川店のすぐ隣

 

東京23区内で発生した盗撮事件については、逮捕されなければ、東京地方検察庁ではなく、東京区検察庁に引き継がれますが、検察庁内部での取り決めにより、多摩地区では、逮捕の有無にかかわらず、全ての盗撮事件が東京地検立川支部に引き継がれます。

 

【関連ページ】

起訴前の流れ(逮捕・勾留された場合)

起訴後の流れ(逮捕・勾留されていない場合)

 

立川・町田など多摩の盗撮-送検後の流れ

事件が東京地検立川支部に送検されると、担当の検察官が決まります。

 

送検前に弁護士を選任しており、被害者との間で既に示談が成立している場合は、一度も検察庁に呼ばれることなく不起訴になることもあります。示談が成立していなければ、少なくとも一度は、検察官の取調べを受けることになります。

 

検察官の取調べを受けた時点で、示談が成立していなければ、略式起訴される可能性が高いです。手続の流れは以下の通りです。

 

【略式起訴の流れ】

①本人が東京地検立川支部に出頭する

②検察官から略式手続の説明を受け、同意書に署名・捺印する。

③盗撮の現場を管轄する区検察庁に事件が移送される

④移送後、区検察庁の検察官が対応する簡易裁判所に略式起訴する

 

略式裁判をするのは簡易裁判所になりますので、略式起訴も各地の簡易裁判所に対応して設置されている区検察庁の検察官が行うことになります。

 

そのため、略式起訴をするためには、地方検察庁から区検察庁に移送することが必要になります。この移送を求略移送(きゅうりゃくいそう)といいます。多摩地区では、盗撮した場所に対応して、以下の区検察庁のいずれかに移送されます。

 

【多摩地区の区検察庁】

区検察庁

管轄

八王子区検察庁

八王子市、日野市、あきる野市、西多摩郡日の出町・檜原村

武蔵野区検察庁

武蔵野市、三鷹市、小金井市、小平市、東村山市、西東京市、清瀬市、東久留米市

青梅区検察庁

青梅市、福生市、羽村市、西多摩郡瑞穂町・奥多摩町

町田区検察庁

町田市、多摩市、稲木市

 

盗撮の現場が、立川区検察庁の管轄(立川市、府中市、昭島市、調布市、国分寺市、国立市、狛江市、東大和市、武蔵村山市)内にあれば、移送はせずに、東京地検立川支部の検察官が、「立川区検察庁 検察官事務取扱検事」等の肩書で、そのまま略式起訴します。

 

区検察庁に移送された後は、区検の検察官が速やかに簡易裁判所に略式起訴します。移送後に「移送が完了しました」と区検から本人に連絡が入ることはありませんし、区検に本人を呼び出し改めて話を聞くことも通常ありません。流れ作業的に略式起訴されることになります。

 

立川、町田など多摩の盗撮-不起訴を獲得するために

前述したように、多摩で盗撮した場合、区検察庁への移送が決定した後は、略式請求することが既定路線になってしまいます。

 

この時点で弁護士を選任しても、不起訴を獲得することはできないでしょう。不起訴を獲得するためには事件が移送される前に、弁護士を通じて、示談をとりまとめ、東京地検立川支部の検察官に提出しておくことが必要です。

 

立川、町田など多摩の盗撮-ウェルネス法律事務所について

多摩地区の盗撮は、求略移送の前に、刑事事件の経験豊富な弁護士、刑事事件に強い弁護士に相談した方がよいでしょう。

 

ウェルネス法律事務所は、刑事事件に特化した弁護士事務所です。立川・町田など多摩地区の盗撮事件も多数取り扱っております。弁護士費用は東京23区で発生した盗撮事件と同じです盗撮の弁護士費用

 

多摩地区の盗撮事件については、ウェルネスの弁護士にご相談ください。

 

【盗撮のページ】

盗撮

盗撮の総合ページ

盗撮で自首したときの流れと逮捕の可能性

盗撮で自首したときの流れを解説しています。

弁護士が教える盗撮と報道の可能性

弁護士が実際に報道された盗撮事件を分析し、実名報道の可能性などを解説しています。

盗撮で検挙されたらどのような捜査が行われるか

盗撮で検挙されたときに警察や検察で行われる捜査について弁護士が解説しています。

盗撮で押収されたスマホに別の盗撮画像があればどうなるか

押収されたスマホに過去の盗撮画像が入っていたときにどうなるのかを解説しています。

横浜駅の盗撮に強い弁護士

横浜駅で盗撮し検挙されたときの流れを解説しています。

立川・町田など多摩の盗撮に強い弁護士(本ページ)

多摩で盗撮し検挙されたときの流れを解説しています。

盗撮の再犯を防ぐための方法

再犯防止の3つのアプローチについて弁護士が解説。専門の医療機関も紹介しています。

少年事件と盗撮

少年の盗撮弁護のポイントを弁護士が解説しています。

盗撮ハンターのご相談は弁護士へ

盗撮ハンターの行動パターンや対応方法について弁護士が解説しています。

盗撮の解決事例

ウェルネスで解決した盗撮事件のごく一部です。

盗撮の解決事例2

盗撮のご質問

弁護士による盗撮のQ&A

盗撮のご質問2

盗撮の弁護士費用

盗撮の弁護士費用のページ。総額5万円からの安心の料金プランです。

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】