検察官の保釈意見

 

検察官の保釈意見とは

弁護士が保釈請求をすると、裁判官がその請求を許可するか却下するかを判断します。どの裁判官でも、判断を下す前に必ずすることがあります。それは、「検察官の意見を求める」ことです。

 

法律で、裁判官は、保釈についての判断を下す前に検察官の意見を聴かなければならないとされています。まず、裁判官が担当の検察官に「求意見書」という書面を交付します。求意見書の1枚目は選択式・書き込み式になっており、検察官は保釈を許可すべきかどうかの意見を明らかにします。

 

求意見書の1枚目

 

これが検察官の保釈意見です。

 

保釈に反対する場合、検察官は、その理由を書面で明らかにする必要があります。求意見書の2枚目以降に反対意見を記載した紙をくっつけて裁判所に返送します。

 

裁判官は、弁護士の保釈請求書と検察官の意見を参考にして、保釈を許可すべきかどうかを判断します。

 

 

保釈意見には3種類ある

検察官の保釈意見には次の2つのタイプがあります。

 

① 保釈請求を相当と思料する     

② 保釈請求を不相当と思料する

③ 保釈請求をしかるべくと思料する

 

検察官が①や③の意見を出した場合は、ほぼ100%保釈が許可されます。

 

検察官が①や③の意見を出すことはめったにありませんが、自白事件で、審理が全て終わって執行猶予判決の可能性が高い場合は、逃亡や証拠隠滅のおそれが低いとして、このような意見が出されることもあります。

 

ほとんどのケースでは、検察官は②の意見を出してきます。この場合は不相当と考える理由についても書面で明らかにしなければいけません。

 

②については、書き方のバリエーションがあります。基本形は「保釈請求を不相当と思料する」というものですが、「不相当であり却下すべき」とか「不相当であり直ちに却下すべき」等とより強調した表現を記載する検察官もいます。

 

 

検察官の意見書は閲覧できる

弁護士は、裁判所に申請して、検察官の意見書を閲覧することができます。コピーもできます。

 

ただし、閲覧したりコピーできるのは、通常は、保釈についての判断が出た後になります。判断が出る前は、担当裁判官が記録一式を検討しており、意見書を借り出すことができないためです。

 

そのため、弁護士が、あらかじめ検察官の意見書を確認した上で、裁判官面接に臨むことはできません。

 

 

検察官の意見書を閲覧する目的

前述したように、検察官の意見書を閲覧できるのは、保釈についての判断が出た後になります。保釈が却下された場合、検察官の意見書には保釈を却下すべき理由が記載されているはずです。

 

弁護士が意見書を閲覧することによって、検察官が何を問題にしているかを把握し、それを踏まえて次回の保釈請求にいかすことができます。(準)抗告という形で不服申し立てを行う場合も同様のことがいえます。

 

一方、保釈が認められた場合は、必ずしも意見書を閲覧する必要はありません。もっとも、意見書には余罪捜査の進捗状況など、弁護士が把握していなかった情報が含まれている可能性もありますので、閲覧するにこしたことはないでしょう。

 

 

【保釈のページ】

保釈をとる

裁量保釈

保釈が許可されたら 

保釈許可と検察官の準抗告・抗告

保釈中に仕事をすることにより執行猶予の可能性が高まるか 

再逮捕・追起訴と保釈

オレオレ詐欺と保釈

保釈のご質問

保釈のご質問2 

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】