保釈許可と検察官の準抗告・抗告

 

保釈が許可されても釈放されないことがある

第一審で保釈が許可されれば、裁判所に保釈金を納付した後、1~2時間で被告人は釈放されます。

 

もっとも、保釈金を納付しても釈放されないケースがあります。検察官が保釈許可の決定に対して不服を申し立てた場合です。

 

 

準抗告と抗告

検察官の不服申し立てには準抗告と抗告の2種類があります。

 

弁護士から保釈の請求があると、裁判官が保釈を許可するかどうかを判断しますが、保釈請求のタイミングによって、担当する裁判官が変わってきます。これに対応して、検察官の不服申立てにも準抗告と抗告の2種類があるのです。

 

準抗告にせよ抗告にせよ、3名の裁判官による合議体で、検察官の不服に理由があるかどうかを判断します。

 

 

保釈請求のタイミング

保釈について判断する裁判官

検察官の不服申立て

検察官の不服を判断する裁判官

初公判前

公判審理を担当しない裁判官

準抗告

地方裁判所の裁判官

初公判後

公判審理を担当する裁判官

抗告

高等裁判所の裁判官

 

 

準抗告・抗告と保釈の執行停止

検察官が準抗告や抗告を申し立てると、裁判官3名の合議体が、その申立てに理由があるかどうかを判断します。理由がないと判断すれば、当初の保釈許可決定が維持されるので、保釈金を納付した後、被告人は釈放されます。

 

*検察官が最高裁に特別抗告をすれば、最高裁の判断が出るまで釈放されませんが、めったにないケースですので、本ページでは特別抗告がないと仮定して解説します。

 

理由があると判断すれば、当初の保釈許可決定は取り消され、被告人は釈放されません。既に保釈金を納付している場合は、全額返還されます。

 

それでは、裁判官が判断する前の時点で、保釈金を納付すれば被告人は釈放されるのでしょうか?

 

答えは否です。

 

検察官は、準抗告や抗告を申し立てるのと同時に、裁判所に「保釈許可決定の裁判の執行停止」を求めます(裁判の執行停止申立書)。裁判所は、この求めに応じて、「抗告に対する裁判があるまで保釈許可の裁判の執行を停止する」という決定を下します。

 

執行が停止されると、保釈金を納付しても被告人が釈放されることはありません。検察官の準抗告や抗告が棄却されるのを待つことになります。

 

 

準抗告・抗告の流れ

典型的な(準)抗告の流れは次の通りです。

7月1日

弁護士が保釈請求

7月3日午前11時

弁護士が裁判官と面接

7月3日午後3時

保釈許可決定が出る

7月3日午後3時30分

裁判所に保釈金を納付

7月3日午後4時

検察官による(準)抗告+執行停止の申立て→保釈の執行が停止される

7月5日午後7時

(準)抗告が棄却される

7月5日午後8時

被告人が釈放される

 

準)抗告された場合、当日中に判断がでることもあれば、翌日以降に持ち越されることもあります。

 

東京高等裁判所、地方裁判所では、その日に出された(準)抗告を判断する部が当番制で決められています。そのため、日によっては、担当部に多数の抗告事件が集中し、その日のうちに処理しきれないことがあります。

 

そうはいっても、翌日の夜までに判断が出ることがほとんどです。

 

 

検察官が準抗告・抗告を申し立てるケース

保釈が許可された場合、全てのケースで、検察官が不服を申し立てるわけではありません。

 

むしろ、ほとんどの事件では、検察官は不服を申し立てず、保釈金を納付した後、被告人は速やかに釈放されます。実際に不服申立てがあるケースは1割あるかないかといったところです。

 

ただ、次の3つの事情が全てあてはまる場合は、逃亡や証拠隠滅の可能性が高いとして、不服申立てされる可能性が高くなります。

 

①組織的な犯罪(振り込め詐欺など)または共犯事件(集団での強制性交等など)であること

②検察側の証拠調べが終了していないこと

③捜査段階において否認・黙秘していたこと

 

 

準抗告・抗告が認められる可能性

保釈許可決定に対して、検察官が(準)抗告をした場合、それが認められる可能性は必ずしも高くはありません。

 

原裁判所では保釈が許可されている以上、保釈を認めるべき一応の事情はあるといえるでしょうし、(準)抗告を担当する裁判所も時間がないなかで、踏み込んだ判断をするのは容易ではないからです。

 

保釈を許可した裁判官が、(準)抗告の担当裁判所に対して、検察官の申立てに理由がない旨の意見書を提出することもあります。

 

正確な統計があるわけではありませんが、検察官の不服が認められる可能性は、5割より相当程度低いと思われます。

 

 

準抗告・抗告に対する弁護活動

検察官が(準)抗告をした場合、弁護士は、担当裁判官と面接し、検察官の申立てに理由がないことを説明します。

 

担当裁判官は、他にも抗告事件を抱えていることが多く、面接に消極的な裁判官もいますが、そのような場合であっても、電話による説明の機会は与えてもらえることが多いです。

 

 

準抗告・抗告のQ&A

検察官が(準)抗告を申し立てた場合、結果が出るまで保釈金の納付はストップした方がよいのでしょうか?

 

可能であれば結果が出る前に納付した方がよいです。

 

(理由)

(準)抗告についての判断が出るのは当日の夜になることが多いです。夜に判断が出た場合、裁判所の出納課が閉まっており、翌営業日まで保釈金を納付できません。

 

あらかじめ出納課に連絡を入れておけば特別に開けておいてもらえることもありますが、被告人の釈放時刻が深夜にずれこむ可能性が高くなります。

 

そのため、裁判所の判断が出る前の時点で保釈金を納付した方がよいです。あらかじめ保釈金を納付しておけば、(準)抗告が棄却されれば、何もしなくても1、2時間で釈放されます。

 

もし、(準)抗告が認められ、保釈許可決定が取り消されたとしても、納付した保釈金は全額返還されますので、デメリットはありません。

 

 

【保釈のページ】

保釈をとる

裁量保釈

検察官の保釈意見

保釈が許可されたら

保釈中に仕事をすることにより執行猶予の可能性が高まるか

再逮捕・追起訴と保釈

オレオレ詐欺と保釈

保釈のご質問

保釈のご質問2

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】